電撃イラスト大賞

第19回 電撃大賞 入選作品

金賞

zpolice(東京都)

プロフィール

タイ王国バンコク出身、子供の頃から日本、日本アニメやマンガ、お絵描きが大好きな留学生です。エヴァンゲリオンがきっかけで、人を感動させるイラストを作れるようになりたいと思い、絵描きを始めました。日本人女性と結婚すること以外、もうひとつの夢は日本で絵描きの仕事をして生活することです。

受賞者コメント

この度はこのような素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。電撃大賞を受賞することは私が日本に留学した1つの目標でした。描きましたオリジナルイラストは、3人の女の子と一緒に海へ遊びに行く夢展開です。独特な色使いを意識しながら制作してみました。電撃文庫想定イラストは「オオカミさんと七人の仲間たち」の絵本をイメージし、描かせていただきました。とても新鮮な気持ちで楽しかったです。

選考委員選評

天野喜孝(イラストレーター)

小説のイラストを描くということは、読者の頭の中に自分のイラストを割り込ませるということでもあります。読者の頭の中に浮かんだビジュアルイメージに負けないようなイラストを描く力量が必要ということですが、この方はその水準まで達していると感じます。オリジナル作品での女の子のキャラクターも可愛らしく描けていて、大変魅力的であることも評価させて頂きました。

出渕裕(デザイナー、イラストレーター)

非常に高いスキルを持った方だと思います。カラーの色使いも魅力的です。この方はタイ出身の方だということですが、構図や表現という点で日本の漫画文化を理解して取り込んでいるところに感心しました。総評でも書きましたが、電撃大賞がグローバルな賞になってきていることを感じます。モノクロイラストについては、キャラクターの関係性が一目見て分かるような収め方が出来ています。また、女性キャラからメカニック的なものまで、硬軟使い分けることが出来ている点も評価のポイントとなりました。

衣谷遊(漫画家)

オリジナルのカラーが綺麗で、キャラクターも可愛く、非常に魅力的な絵だと思いました。課題イラストについても、原作のキャラデザインをベースにしつつも、色味などにしっかりと自分のオリジナリティを織り込んでいるところに技術の幅広さを感じました。モノクロについても、ぱっと見でどういう場面であるのかがすぐに伝わってくるわかりやすさが良いと思います。

緒方剛志(イラストレーター)

とにかく女の子を可愛く描けているところを第一の評価ポイントとしました。また、オリジナルイラストも課題イラストも、カラーの色使いが独特であるところが目を惹きました。変わった色彩センスを持っていることは武器になると思います。モノクロの課題イラストについても、元のデザインに似せつつも自分のテイストもちゃんと出すことが出来ているところが良かったと思います。

鈴木一智(株式会社アスキー・メディアワークス取締役・第2編集部統括編集長)

さり気ない絵柄ながら、構図や空間の取り方などイラストごとに異なったアプローチが為されており、かつ一枚絵として見せるセンスも備えています。キャラも可愛らしく、ステレオタイプながら個性を打ち出している姿勢も評価できます。若干インパクトに欠ける印象はあるものの、このテイストを保ったまま画力を上げていって頂きたい。

徳田直巳(電撃文庫編集長・電撃文庫MAGAZINE編集長)

カラーのオリジナルイラストが特に良かったと思います。そのまま文庫の口絵にしても良いぐらいの完成度でした。敢えて色数を抑えた配色にもセンスを感じます。また、キャラクターがみんな生き生きしていて好感が持てました。タイ出身の方ということですが、日本のイラストや漫画の技術を一生懸命学ばれたのだな、ということもよく伝わってきました。即戦力になる実力の持ち主だと思います。