電撃イラスト大賞

第19回 電撃大賞 入選作品

金賞

櫻木けい(石川県)

プロフィール

石川県民同在住。小さい頃から運動が苦手で絵を描くのが好きでした。可愛いものや綺麗なものが好きなので色々なものを集めています。収集癖をなんとかしたいところ。イラストレーターに限らず幅広く絵を描いていきたいので更に精進したいと思います。

受賞者コメント

この度は素晴らしい賞をいただきありがとうございます。パッと目に留まる絵を描けるように心がけ、存分に描かせていただきました。獅子舞塗ってて楽しかったです。みーくんまーちゃんの絵は、物語性を一枚で感じとっていただければ思いつつ、勝手にこんな感じの表紙を想像して描きました。不幸なような幸せな人たちが好きです。

選考委員選評

天野喜孝(イラストレーター)

イラストがカチッとまとまっている、非常に構成力がある方だと感じました。文庫のカバーやポスターになるときに、一枚絵として単体で独立した作品として成り立つかどうかはこのジャンルでは重要だと思いますので、その観点で評するとこの方の描くイラストは完成度が高かったと思います。

出渕裕(デザイナー、イラストレーター)

イラストの描き方が手慣れていて安定感があります。構図や、カラーとモノクロの違いなど、絵のとらえ方のノウハウを非常に分かっている方だと思います。色使いに関して、水彩的な懐かしさというか、暖かみのある感じが非常に良いです。モノクロイラストについては、3点が全部違うアプローチで描かれているところが引き出しの多さを感じさせました。自分はこういう方向のイラストも描けるんだよ、と果敢にアピールしている姿勢が良かったです。

衣谷遊(漫画家)

プロでお仕事をされたことがある方だということを後から聞きまして、なるほどなと思いました。それぞれのイラストについて、見せたいポイントがはっきり分かりました。オリジナルのカラーイラストについては文庫のカバーになることを意識しているようなイラストだと感じます。色味も面白いです。モノクロについても、黒・グレー・白というバランスがよく取れていて、技術力の高さを感じました。

緒方剛志(イラストレーター)

課題イラストについて、原作のイラストに縛られず、自分自身で一からキャラクターを作っている感じに好感が持てました。文章から自由に想像力を働かせて、自分のカラーで小説の世界を表現する力があるということですので。オリジナルイラストも構成力を感じました。体のバランスに独特なものがありますが、このまま伸ばしていって頂くのが良いと思います。モノクロもプロ並みの力を感じました。

鈴木一智(株式会社アスキー・メディアワークス取締役・第2編集部統括編集長)

独特なガジェットをユニークに組み合わせる事によって、この方ならではの世界観が画面全体に描き出されています。原作に引っ張られずオリジナリティを打ち出している課題イラストにも好感が持てました。キャラの表情を磨く事でこの方は更に良くなるでしょう。

徳田直巳(電撃文庫編集長・電撃文庫MAGAZINE編集長)

非常に高い技術を持っているな、というのが第一印象。線も構図の取り方も仕上げもとても手慣れていたので、23歳という年齢を知ったときは驚きました。しかし、少々古臭さも感じてしまったのは正直なところです。ただ、それがこの方の個性だと思いますので、高い技術力を生かしつつも、今後はいろんなタッチのイラストに挑戦していってもいいかもしれません。