電撃イラスト大賞

第19回 電撃大賞 入選作品

銀賞

れこ(福島県)

プロフィール

栃木生まれで現在は福島に在住。日々好きに生きております。ゲーム大好き人間で、最近はレトロゲーにも手を出し始めました。あとのり塩ポテチとか好きです。絵は大学受験のときに現実逃避で描き始めたのですが、そのままずるずると描いてきて、気づいたら描く事が好きになっていました。

受賞者コメント

この度はこのような大きな賞を頂き身に余る光栄であります。ありがとうございます! もっと色々描き込める様になって自分が描きたいと思ったものをきちんと表現できる様になるために、日々精進して行こうと思います。「学園キノ」は「キノの旅」のパロディでキャラ崩壊が凄まじい作品(いい意味で)ですが、キャラがとても生き生きしていて、描くためのエネルギーを貰えた気がしています。描いていてとても楽しかったです。

選考委員選評

天野喜孝(イラストレーター)

今回、個人的には一番推していたのがこの方です。まず、一目見てキャラクターがポンと目に入ります。実際に文庫のカバーになるときはイラストのサイズは小さくなるので、そこでいかにインパクトを出せるか、ということが大事になってきます。そういう意味で、一番目を惹いた作品でした。細かい描き込みはないですが、逆にそこが見せ所をシンプルに伝えるという効果を生み出しています。この方の構成力ならば、縮小したサイズでも、拡大してポスターになったとしてもインパクトを伝えられるのではないでしょうか。

出渕裕(デザイナー、イラストレーター)

オリジナルのカラーイラストは色使いに非常にメリハリが効いていて、見る相手に主題の色を押し出していくセンスが感じられました。キャラクターイラストとしては非常に魅力的で、電撃文庫的には即戦力と言えるかもしれません。ただ、キャラクター以外のところが今回の応募作では判断できず、若干不安を感じてしまい銀賞とさせて頂きました。構図にしても、もう一歩踏み出して欲しかったところです。とはいえ、描くことは好きなんだという気持ちは非常に伝わってくる、良いイラストだったと思います。

衣谷遊(漫画家)

この方のイラストは、キャラクターがとても立っていて文庫のカバーイラストに非常に向いている感じがしました。ただ、キャラクターが切れている構図が多かったので、全体が見渡せるまとまった絵など、もっといろいろなバリエーションをみたい感じではありました。

緒方剛志(イラストレーター)

色のセンスが良く、オリジナルのカラーイラストは一見して目を惹かせる魅力があると思います。アップの構図が多く、イラスト全体から勢いが感じられるのは良かったですが、一方、そのせいでこの方の本当の能力が分かりづらいのが惜しいところです。課題イラストに関しては、原作に引っ張られすぎている感じが強かったです。単なるファンアートではないので、その点は気を付けてオリジナリティを出して欲しいところでした。

鈴木一智(株式会社アスキー・メディアワークス取締役・第2編集部統括編集長)

キャラを大きく前面に配置する事でインパクトと勢いのある画面を演出しています。何より本人が楽しんで描いている気持ちが伝わってくるのが良い(実はこういう印象を持てる絵というのはなかなか描けないものです)。背景が描かれていない等、実力が見えない部分はあるものの、これからの伸び代を感じさせる方です。

徳田直巳(電撃文庫編集長・電撃文庫MAGAZINE編集長)

いまどきなポップな絵柄で、とにかくわかりやすい可愛らしさがありました。特に、カラー、モノクロとも課題作の『学園キノ』のイラストがインパクトもあり良かったと思います。一見、凡庸な印象はありますが、どこか秘めたセンスを感じます。今後はもっと思い切った構図などにチャレンジしていって欲しいです。