電撃イラスト大賞

第20回 電撃大賞 入選作品

銀賞

フライ(兵庫県)

プロフィール

兵庫生まれ、寝ること食べること絵を描くことが好きで、大学では日本画を勉強しています。
最近はモスバーガーがマイブームです。

受賞者コメント

この度は、このような素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。応募のきっかけは誕生日を迎えたと同時に、今年は色々なことに挑戦していこうという思いが生まれ、締切り間際だったのですが、大急ぎで仕上げました。想定イラストとして、「とらドラ!」を描くと決めたとき、アレンジを加えてみようかとも迷ったのですが、やはり原作のままが一番しっくりきたので、大好きなキャラクターをそのまま描きました。今後も、もっともっと成長できるよう頑張っていきたいです。

選考委員選評

天野喜孝(イラストレーター)

描かれているキャラクターの心情まで伝わってくる表現力に驚き、年齢を聞いてさらに驚きました。構図や色の使い方が似通ってしまっている課題イラストを拝見するに、まだ自分だけの世界を構築できていない幼さが見受けられます。しかし、それは経験で補っていけるものです。パソコンで描くだけでなく、クレヨンや絵の具で描いてみるなど自分の可能性の幅を広げていって欲しいと思います。経験を重ねどんなイラストレーターとして活躍するか今後に期待したいです。

出渕 裕
(デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

キャラクターの持つ女の子的な可愛らしさが、見る方に共感を持ってもらえる方だと感じました。ファンタジックなものと現実世界の少女を描き分けて、どちらも魅力的に出してきているところも高評価です。ただオリジナは魅力的なのですが、課題イラストが想定タイトルに足を引っ張られている感じがしました。顔のデッサンにやや難ありという点と、レイアウトも今一つ逃げている感じがします。年齢からすればまだまだ伸びる方だと思うので、もう少しチャレンジしてほしいと思います。

衣谷 遊(漫画家)

この方のイラストはキャラクターの表情が本当に可愛くて、見ているだけで和みます。色づかいも透明感があってきれいでいいと思いました。異なる色をすこしずつ入れて、変化を出しているところも評価しました。モノクロイラストの方は、特に空気感が伝わってくるのがとっても良いと思います。一つアドバイスとして、もう少しディテールをつめればよりよくなるのではないでしょうか。

緒方剛志(イラストレーター)

モノクロイラストの傘を持った女の子のイラストは、感情までもが迫るように伝わってくるようでかなり好きなイラストです。オリジナルイラストについてもデザインが可愛くて、カラーイラストの猫の赤の使い方が結構きれいで高評価でした。ただ、オリジナルイラストのデザインがいいだけに課題イラストが元の絵に似すぎていて、ファンアートのようになってしまっているのがもったいないなと思いました。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

個人的にかなり好きです。オリジナルのカラーイラストとモノクロイラストの3枚が本当に好きです。手の部分を見ると、ささっと描いていると感じました。感覚で描いているようなところに、とても才能を感じます。この感覚で描く才能は、上手に描けるのとはまた別の才能ですので、そこはずっと持っていて欲しいです。荒削り感がこの方の武器です。きっと読者はこのイラストのキャラクターに恋してしまうと思います。

徳田直巳(電撃文庫編集長)

何を置いても、雪の中傘を持って佇む少女を描いたオリジナルモノクロイラストが印象的でした。このイラスト一枚で長編小説が書けそうなぐらい、メッセージ性の強い素晴らしいイラストだと思います。課題作は元のイラストイメージに少々引っ張られ過ぎかも。もっと自分なりの解釈の仕方、描き方を追求しても良かったかもしれません。全体としては線も色使いも今どきなテイストで、即戦力になり得る実力を持っていると思います。