電撃イラスト大賞

第20回 電撃大賞 入選作品

銀賞

赤岸 K(京都府)

プロフィール

京都生まれ京都育ち。いつも猫に癒やされたり邪魔されたりしながら描いています。昔から線と黒が好きで、今では切っても切れません。最近では民族的なモチーフも好きでトルコランプを吊るすのが夢。もっと動きと力のある良い線が引けるよう精進中です。

受賞者コメント

この度はこのような素晴らしい賞を頂き本当に有難うございます。好きなように自由に描き、せめて選評だけでも、という気持ちで応募したのが大変なことになりました。「ミミズクと夜の王」はとても好きな作品で、痩せっぽちのミミズクの持つ少し変わった魅力や世界観を、いつかしっかり描いてみたいと温め続けてきたものです。どれも最後まで楽しく描くことができました。有難うございました。

選考委員選評

天野喜孝(イラストレーター)

独自の世界観というか、癖のあるイラストを描く方だなと思いました。独特のスピード感とキャラクターのポージングがとても面白い。斬る動作を見ても型にとらわれることなく、この方の世界観で構図を捉えています。イラスト内の模様一つをとっても、これをパソコンで描いたのかと思うととても器用な人だなという印象を受けました。

出渕 裕(デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

自分が描くのはこういう世界なんだ!というものにアタックをかけてくる孤高のような作品に私は非常に好感を持ちました。構図のまとめ方や背景も独創的で、自分なりのポリシーがあると感じます。そして、課題イラストもあえてイラストがない作品で勝負しています。イラストレーターは文章からキャラクターを造形していくものですから、そういう点ですぐにプロとして通用するスキルを持っている人だと思います。好き嫌いの分かれる絵ですが、このパワフルさを買います。

衣谷 遊(漫画家)

この方はタッチがものすごい個性的ですごくいいと思います。色の使い方も独特で、背景もきれいに描かれていると思います。イラスト全体にスピード感もあり、動きもあるなど表現が多彩であることに感心しました。モノクロイラストも黒の入り方が気持ちよく、表情も豊かで好印象です。ただ、すべてのイラストが挿絵のようで、一枚で語る表紙のようなイラストが見てみたかったと思うので少し残念です。

緒方剛志(イラストレーター)

あえて挿絵が描かれていない本を課題イラストに選んだ点がまず好印象でした。この方にはこんな風に見えているんだなと思うとちょっと面白いです。カラーとモノクロのイラストも独特なタッチで興味を惹かれました。イラストから伝わってくる勢いと、それでいてしっかり説得力のある背景を描かれているところが高評価です。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

まず目に飛び込んでくる、イラストの持つダイナミックな構図がとにかくかっこいいと思いました。この方のイラストを描く能力の高さは間違いないと思います。ただ、とても個性的な反面、画風が固定されてしまっていると感じています。年齢的にもまだ若い方なのでもっと色々な描き方に挑戦していただいて、作風の幅を広げてもらいたいと思いました。

徳田直巳(電撃文庫編集長)

今回の受賞作の中で一番オリジナリティがあった作品だと思います。一見荒削りながらも実は繊細で、何より線に勢いがあって非常に好感が持てました。個人的には大好きな作風です。特にオリジナルのカラーイラスト、バイクに乗っているイラストは、疾走感がリアルに伝わってきてとにかくカッコいい。またキャラクターも生き生きしていて素敵です。非常に高いセンスの持ち主だと思い、感心しました。