電撃イラスト大賞

第20回 電撃大賞 入選作品

選考委員奨励賞

西ノ田(京都府)

プロフィール

京都の芸大を卒業後、絵を描くアルバイトをしながら、時間を見つけては制作をしています。小さい頃から物作りが大好きで、気づけばいつも時間を忘れて何かを作っていました。 絵を描く事以外にも、スポーツや音楽、ゲームや遊びが大好きで、そういった細々とした趣味を増やして行くのが趣味です。もっと色々と多くの世界を知って、発想豊かになり、それを絵にも活かしていきたいです。ボブカット、うさ耳の女の子が好きです。

受賞者コメント

この度はこのような賞を受賞させて頂き、本当にありがとうございました。応募当初は自分の描いた絵に納得出来ず、落選したと確信しており、まさか賞を頂くとは想像もしておりませんでした。想定作品を「キノの旅」にしたのは、それが自分にとって、初めて夢中にはまった文庫本だったからです。この作品を通して自分は、小説の世界、イラストの世界に魅せられました。ですのでどうしてもこの課題で挑戦したいという強い思いがありました。

選考委員選評

天野喜孝(イラストレーター)

背景のガジェットの描きこみの細やかさ、そして、それらとキャラクターの配置が素晴らしいと思います。アップのイラストもキャラクターに大きな動作をさせているにもかかわらず、全体的にすっきりしているところも好印象です。少しカラーイラストの色がよどんでしまってはいますが、この方なりに色ごとにテーマを持ち独自の使い方が確立されているのではないでしょうか。個人的にはもっと上の賞にしたいぐらい気に入ってます。

出渕 裕
(デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

ポップでキュートでパンクなデザインセンスがいいと思いました。これだけデザイン化してるのに、キャラが埋没せず、全体のバランスが一つのまとまりを持っています。きっとこの方独自のデザインスタイルを持っていて、その武器をきちんと表現出来ているのではないでしょうか。デパートの包装紙などは一見模様のように見えますが、よく見ると色々な要素が入っています。そういったパッケージ的なデザインセンスが、見る側に視覚的効果を与えています。そういう個性としてのカラーを高く評価しました。

衣谷 遊(漫画家)

個人的にはものすごく好きな絵です。カラーイラストを同系色でまとめているにもかかわらず、とてもカラフルに見えるすごく不思議な魅力がある方だと思います。構図もごちゃごちゃとしてるように見えますが、まとまっていて綺麗に集約されているところが素晴らしい。モノクロイラストも黒がしっかり入っていて、見ていて気持ちのいい絵になっていると思います。

緒方剛志(イラストレーター)

個人的には全体的に好きなイラストなのですが、同じような構図が多かったのでもうすこしパターンのあるイラストを見てみたかったと少し残念です。モノクロの課題イラストのような動きのあるイラストがもう一枚くらい欲しかったです。全体としてのバランスを意識し、アピールできればもう一つ上の賞を狙えたのではないでしょうか。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

カラーイラストの色の配色とその散らばせ方も素晴らしいと思いました。それぞれのパーツが一見バラバラに配置されているように見えるのに、全体として確かにまとまりがあるのがすごいです。特にこの色の散らばせ方は、私には絶対真似できないです。配色もこの方が見ている世界の色を使っているのかなという感じで、頭の中を覗かせてほしいと思いました。きっと独特な世界観を持つ作品と合うのではないでしょうか。

徳田直巳(電撃文庫編集長)

非常にポップな画風で、どのイラストもとてもキュート。特にオリジナルのカラーイラストは、キャラクターはもちろん同系色の色使いがオシャレだと思いました。モノクロイラストは多少煩雑な印象は受けますが、それも個性のうちかもしれません。デザインセンスが非常に高い方だと思いますので、今後もその特性を生かしていってほしいです。