電撃コミック大賞

第21回 電撃大賞 入選作品

金賞

「さよならオルタ」

仲谷 鳰(埼玉県)

プロフィール

滋賀県出身。鳰(にお)というのは県鳥のカイツブリのことです。投稿時代を素通りし同人誌制作を経て、再び商業誌での活動を目指しに戻りました。テレビゲームと少年漫画で育ったくせに女の子や恋愛ものばかり描いています。

受賞者コメント

この度は素晴らしい賞にご選出いただきありがとうございます。描き終わった漫画のことは普段あまり思い返さないのですが、このような評価をいただけたことでもう一度これが自分の漫画だということを思い出しました。自分が忘れっぽい分は、読んだ人に出来るだけ多く強く覚えていてもらえるように努めます。どうぞよろしくお願いいたします。

選考委員選評

高河ゆん(漫画家)

自分の世界を持ち、描きたいものがハッキリしている人だと感じます。絵の上手さ、仕上げの美しさ、読みやすさは即戦力のプロ級。クライマックスであえてひねり、一瞬困惑させる転調に挑戦した展開や、構図の工夫も評価したい。双子に対する一般的な視点を裏切るのも面白い。不思議な読後感で、読み手それぞれに感じる余地があります。金賞にふさわしい実力。このままどんどん前進してください。

綱島志朗(漫画家)

ネーム力、作画、背景描写すべて標準以上のものがあります。一見わかりづらい双子の見分け方をうまく利用した構成で、とても引き込まれました。本当にこれといった欠点がないので、自分の得意な部分を長所として、どんどん尖らせていってください!

大河内一楼(アニメーション脚本家)

主人公の双子が、とても魅力的でした。淡々として、どこか小悪魔的な、あやうい関係。二人の関係がどう壊れるのかが気になって、夢中で読み進めました。ラストの、読者の想像力にゆだねる感じも、絶妙のバランス感覚でとてもよかったです。ラストに向けて、読者をミスリードしようと意識してるのも、いいですね。個人的には、途中で双子の二人がキスしてしまうところが、フェティッシュを感じられて、とても好きでした。きちんと色を持ってる作者さんだと思いますので、次の作品を期待しています。

吉積 信(株式会社バンダイナムコゲームス『テイルズ オブ』シリーズ統括プロデューサー)

ストーリー性が高く、設定もエピソードもかなり練り込まれている印象を受けました。かといって過度にサスペンスに偏らず、強い物語性(文芸性と言ってもいいかもしれません)を読後に感じたのは作者の意図が正しく作品に反映されているからだと思います。エンディングで、もやもやしないで済む結末が用意されていることにも好感を持ちました。人物描写にはまだ改善の余地があると感じましたが、読者がコミックに求めている、いくつかの大きな要素の一つは確実にクリアしていると思います。

鈴木一智(アスキー・メディアワークス副BC長、第2編集局統括編集長)

個性と画力を兼ね備えた絵柄と独特の間を持ったコマ割りが個性的な世界観を醸し出す作品。双子モノの場合、各々が個性を主張するというパターンになりがちなのですが、その逆を行く発想が斬新で、日常しか描いていないのに何故か全体に漂うミステリテイストも持ち味となっています。ストーリーテラーとしての資質を感じさせる方です。

梅澤 淳(第1編集局担当局長)

「双子の人格」という命題を描く、その視点自体を大いに評価。ただし登場人物が能動的に行動を起こさないので、作品への感情移入度は低く、その辺りで読者の「好み」の分かれるところが気になる。しかしながら硬質な雰囲気で徹底された作品であり、たいへん完成度は高い。