電撃コミック大賞

第22回 電撃大賞 入選作品

銀賞

「恋するアンケート」

亀小屋サト(東京都)

プロフィール

岩手県出身。昔から絵を描くことが大好きでした。学生時代はスポーツに明け暮れ、社会に出てからは職を転々としていましたが、漫画家への憧れを捨てきれず彷徨っていたところを担当様に拾っていただきました。

受賞者コメント

この度は、栄えある賞に選出いただきまして誠にありがとうございます。はじめは作品を描き遂げることを目標にしていたので、想定していた結果を遥かに上回る評価を頂き、たいへん恐縮しております。応援して下さった皆様に心より感謝申し上げます。まだまだ克服しなければならない課題は山積みですので、この結果に甘んじることなく日々精進してまいります。今後とも成長を見守っていただければ幸いです。

選考委員選評

高河ゆん (漫画家)

キャラクターが皆いきいきとして楽しいです。会話や各エピソードもテンポよく、場面転換にもキレがあります。絵は全体にかわいく丁寧ですが、まだ背景とパースが弱いので練習してください。イメージはよいけれど画力がついていっていません。自由に描ける構図が増えると、演出の幅も広がると思います。実際に自分で写真を撮って参考にするのもよい方法です。描きたいシーンをはっきりと持ち、それが読む側に伝わってくるところは、素晴らしいです。

綱島志朗 (漫画家)

「ロボットに自分の恋愛感情を回答する」。要するにただそれだけの事なのですが、キャラクターの表情や心理描写、それを気持ちよく見せる演出やコマ割り、適度に散りばめたギャグで飽きさせず、最後まで楽しく見ることができました。だからこそ残念に思ったのが、背景、パース描写の力量不足です。大ゴマを使っての感動的なシーンも、そのせいで不思議絵を見せられている感じになっているので、今後はスキのない絵作りを心がけてください。

大河内一楼 (アニメーション脚本家)

ストーリーのまとまりと、運び方。絵と、キャラクターの魅力。斜め方向から来るオチも好きなタイプでした。高いレベルでまとまっていると評価しつつ、それだけに、どこか一点突出したものがほしいな、という贅沢な感想をもった作品でした。次は、その贅沢な希望を叶えてくれる作品を期待します。

吉積 信 (株式会社バンダイナムコエンターテインメント ゲームクリエイター)

今回の選考で、私が強く推した作品の一つです。絵になかなかの安定感があるし、モチーフ自体はわりと見かけるオーソドックスなもの、にも拘らず切り取り方が上手い。ストーリーも微笑ましいし、登場人物たちは基本明るくて厭味がない。総合力の高い作品だと感じました。敢えて注文を付けるとすれば、オチとタイトルは頑張ってもうひと捻り、ふた捻りして欲しかったとは思います。

鈴木一智 (アスキー・メディアワークス事業局 統括部長)

学園、SF、アンドロイド少女、妹──作品を構成する各々の要素はステロタイプなのですが、それらを上手く配置する事により読み応えと纏まりのある物語世界を構築しています。エピソードの掘り下げが若干浅いものの、キャッチーな絵柄とツボを押さえたコマ割りで読み手を無理なく作品世界に引き込みます。続きのネタ次第ですが、シリーズ化も可能でしょう。キメの一枚絵が若干弱いのが惜しい。

梅澤 淳 (アスキー・メディアワークス事業局 第1編集部担当部長)

前半と中盤の作品テイストが変わり過ぎて戸惑うが、ラストで明るくまとめるあたりは手堅い印象。また全体的に作画はきれいで、ヒロインもかわいく描けているが、肝心の決めゴマでの作画(主に背景)の技術不足が気になった。