電撃イラスト大賞

第22回 電撃大賞 入選作品

銀賞

惠坂(愛知県)

プロフィール

愛知県在住。昔かららくがきをよくしてましたが、高校進学後パソコンが手に入り、お絵かき掲示板の存在を知ってからパソコンで一枚絵を描くようになりました。最近は好きなゲーム実況を観つつ自分でも遊びますが、音痴のためクリアしたゲームはありません。いつか描いた絵でグッズ等も作ってみたいと思っています。

受賞者コメント

この度は、銀賞受賞を嬉しく思います。と言いましても実感は湧いてません。最終選考に残ったことや、受賞したことを知った時、今こうして受賞コメントを考えてること。それら全部が妄想の作り出した幻想なのではないかと。選考結果の電話連絡で、担当様に「これからお世話になります」と言いたかったのが「お世話になりました」と言ってしまったことも、日が経つにつれ本当にあった出来事なのか分からなくなってきました。どこかで読んだ物語を勝手に自分の体験記に変換してるのではと。課題作品『さくら荘のペットな彼女』は、空太やましろ、みんなに物語があって輝いていて、毎日が楽しそうだったことから選ばせていただきました。

選考委員選評

天野喜孝 (画家、イラストレーター)

キャラクターの表情がていねいに描かれていて、努力されているところが評価のポイントでした。とくにカラーの課題作品とモノクロのオリジナル作品のキャラは魅力的です。キャラを描くという点では、顔、とくに表情をきちんと描き出すことができるかが重要です。さらに彼らの表情が、見る側に好ましい印象を与える点もよかったです。ただ、個性や独自性という面では押しが足りず、少し損をしているのが残念でした。

出渕 裕 (デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

カラー、モノクロ作品ともに、キャラクターの表情は可愛いらしいのですが、もう少し描き分けができるようになってほしいです。また、メロンパンやパソコンといったディテールがおざなりになっている点は課題です。あえて緩さを演出して親近感を出すのもよいですが、もっと愛を持ってプロップを描こうと努力するだけで、技術的な修練につながり、結果としてもっと高いレベルの作品を描けるようになるはずです。

衣谷 遊 (漫画家)

カラー、モノクロともにキャラクターの表情がとてもよく、キャラクターが全面に出ていると感じます。ただ、細かい点では課題も多いと感じられます。たとえば、カラーのオリジナル作品を見ても分かるように、線の引き方をとっても、綺麗に引くのか、ラフに引くのか、中途半端になってしまっている印象です。表紙になりえる強さを持ったイラストを描くことを念頭に、一つ一つ意識しながら描いてみるとぐっとよくなると思います。

緒方剛志(イラストレーター)

とにかく女の子の顔と表情が可愛く描けていて勢いを感じました。カラーの課題作品と、モノクロのオリジナル作品はキャラの顔に目がいきますし、見せたいものがブレずにはっきりと伝わる絵になっています。ただ、やはり技術的な拙さに課題があると思います。モノクロのオリジナル作品にもある買い物カゴなどといったディテールを大切に意識して練習していけばもっとよくなると思います。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

まず描きたいものがはっきりとしていて、今描くことを楽しんでらっしゃるのが伝わってくるところが非常によかったです。キャラクターの表情にも愛を感じられて、イラストレーターとしての大事な資質をお持ちの方だと思いました。まだ粗さが目立つところはありますが、技術的な上達を目指してカバーしていくのか、それとも自分の持ち味として昇華していくのか、いろいろ工夫されると思いますが、今後を楽しみにしています。

和田 敦(文庫プロデュース課編集長、電撃文庫編集長代理)

やはり女の子の可愛さが目立つ作品だと思いました。ただ特に課題作の『さくら荘のペットな彼女』の方ですが、他の女の子の表情なども似てしまっている部分は、今後の課題として頑張って行きたい所ではありました。でもモノクロ作品も含めてキャラが可愛く感じられるのは一つの武器だと思います。スーパーで慌てている少女や、課題作のモノクロ作品も、表情がとても可愛らしかったです。そこはぜひとも伸ばしていってほしい所ではないでしょうか。