電撃イラスト大賞

第23回 電撃大賞 入選作品

金賞

いぬまち(大阪府)

プロフィール

大阪府在住。美術大学卒業後、ゲーム開発会社でのグラフィックデザイナー勤務などを経て、現在は家事の傍らフリーランスでお仕事をさせていただいております。最近は熱帯魚と多肉植物が好きです。水槽の水が循環する音を聞きながらきれいな魚をながめているとほんのり癒されます。

受賞者コメント

この度は大変栄誉ある賞をいただき、誠にありがとうございます。今回イラストを送らせていただいたのは、「幅広くいろいろなお仕事をしてみたい」そして「自分の可能性をひろげてみたい」と思い立ったからです。想定作品には以前より好きだった「ミミズクと夜の王」を描かせていただきました。ミミズク達の物語を読み終わった後のじんとしたあたたかい気持ちを思い起こしながら、自分なりに精一杯制作させていただきました。今回の事は本当にうれしく思う一方で、こんな素晴らしい賞を自分がいただいて良いのだろうか…と大変恐縮にも思っております。ですが、これを励みに今後とも精進して参りたく思います。改めて、今回は本当にありがとうございました!

選考委員選評

天野喜孝 (画家、イラストレーター)

キャラクター単体で描かれている時も、様々なキャラクターが出てくる時もポーズがしっかりと完成していて優れています。特に課題カラーの女の子のポーズを評価しました。またカラーのオリジナルイラストは最初に見た時のインパクトが弱い点は惜しいのですが、奥行きや空間を感じる大胆な構成が印象的です。構成力の高さを感じました。

出渕 裕 (デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

全体的にキャラクターに個性が感じられました。椅子や机のレイアウトなど全体が見える構成や、背景を変に描き込まずに画としてすっきり見せる処理をしている点が良かったです。キャラクターにはスタンダードさもありますが、目力の表現などに個性が感じられた点を評価しました。カラーイラストはどちらも夜を題材にしているので、片方は明るい作品の方が良かったと思います。明るさが出ていればもっと高い評価が得られた気がするので少し残念です。今後挑戦してほしいですね。

衣谷 遊 (漫画家)

今回の最終選考作品の中で一番上手いと思いました。課題イラストもオリジナルもどちらも良く、人物の配置も優れています。背景は奥行きが出ていて、キャラクターも表情が可愛く魅力的。色使いもきれいです。背景もキャラクターも良く、欠点が見つかりません。すぐにでも活躍できると思います。

緒方剛志 (イラストレーター)

人物が集合したモノクロイラストのオリジナルがかっこいいです。椅子や机がしっかり描いてあって立体感があり、望遠レンズで撮影したような構図も良く、女の子も可愛いです。カラーイラストはこなれた感じで若いのにすごいなと思いました。背景など細かいところまで敢えてあまり描きこまずに抜くところはちゃんと抜き、描くところはしっかり描いているところも上手いです。全体的に絵柄も安定してまとまっていて良いと思います。

いとうのいぢ (イラストレーター、ゲーム原画家)

他の方はモノクロとカラーのクオリティに差がありますが、いぬまちさんはどちらも安定して上手く、高評価です。キャラクターが可愛く、キャラクター小説のイラストを描くために一番重要なポイントが押さえられています。この方の色彩感覚がすごく好きで、特に赤の使い方や選んでいる赤の色みが良く、得意なものを押し出せていると思います。「おしゃれ」と「可愛い」が合致した、若者に支持される今風な感じがしますが、その中で自分のキャラクターを持っているところが良いですね。

湯浅隆明 (電撃文庫編集長代理、電撃文庫MAGAZINE副編集長)

カラー、モノクロを通じて全体に完成度の高さが感じられました。塗りにメリハリがあり、特にカラーの色の配置、アクセントの入れ方などにはデザイン的なセンスも感じられ、ぱっと見た時の気持ちよさがあります。キャラクターは特に一人のイラストの表情、構図が印象的でした。その反面、キャラが複数入ったイラストは、それぞれが似通ったイメージで、もう少し差別化が必要に思いました。実力は十分なので、即戦力として活躍が期待されるイラストレーターさんです。