電撃イラスト大賞

第23回 電撃大賞 入選作品

銀賞

羽々斬(静岡県)

プロフィール

静岡県在住。「羽々斬」と書いて「うーうーざん」と読みます。絵だけ描いて生きてきました。現在は専門学校で絵を描く傍ら、家で絵を描く生活をしています。今後はアウトプットだけでなくインプットも大切にし、自分の中の引き出しを増やしつつ絵を描いていきたいと思います。

受賞者コメント

この度はこのような素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。一次に通るとも思っていなかったので、知人から一次を通ったと聞いた時はすごく驚き、以降毎日のようにページをチェックしていました。全体を通して、「出来るだけ幅広いタッチで描く」を目標に、一枚毎に自分の中でコンセプトやターゲットを決めて描くようにしました。想定イラストの『とある魔術の禁書目録』は、自分が中学生の時に夢中になり、絵を描くきっかけの一つとなった作品でしたので、今までの集大成のつもりで描かせて頂きました。今度は、自分のイラストが「誰かの絵を描き始めるきっかけ」となれるように、これからも精一杯努力していきたいと思います。

選考委員選評

天野喜孝(画家、イラストレーター)

オリジナル作品は思い切りがあり、個性や広がりが出ていて高評価です。特にキャラクターの目が魅力的ですね。課題作品はストーリーに入り込みすぎて場面だけを切り抜いていた点や、設定に捉われて個性が抑えられてしまっていた点が残念でしたが、オリジナル作品を突き詰めていけば面白くなると思いますし、画力もありますので、これからもっと上手くなるでしょう。

出渕 裕(デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

カラーはアニメ塗りテイストと絵画的な塗りのテイストでアプローチを変えており、レイアウトにもそれぞれ違いがあって良いです。こちらは個性だと思いますが、どちらも明るいイメージの作品ですが個人的には両作品ともダークな印象を受けましたので、もっと突き詰めてとことんダークさを表現しても良かったかと思います。また、色合いや光の加減など処理の仕方が同じなので損をしてしまっているのも残念。モノクロイラストにはエフェクトや構図が活かされていますが、女性が椅子に座っている作品はパースに課題があると思います。構図をしっかり勉強していけばもっと良くなるでしょう。

衣谷 遊(漫画家)

全体的にキャラクターに色気があり、表情に惹かれます。中でもモノクロのオリジナルイラストは表情や独特の色気に加え、構図も面白かったです。一番表情が良いと感じたのは、モノクロオリジナルの男性と、椅子に座っている女性ですね。またカラーのオリジナルには作品の世界観がきちんと表現出来ていると思います。全体的にオリジナルイラストに非常に魅力を感じました。

緒方剛志(イラストレーター)

立体感や奥行きがしっかり表現されていて良いです。電撃イラスト大賞には珍しいおじさんも描かれていますし。気になるのはカラーの塗り方。エフェクトに頼っている感じが出てしまっています。しっかり奥行きを出しているのにぼやけて見えたり、ありがちな色合いになってしまい、個性が見えなくなってしまっている点がもったいないです。加工に頼らず仕上げることで、さらに上手になる気がします。モノクロは課題イラスト以外はカラーをモノクロに変換したような印象で、もう少しベタなどを使いコントラスト強めにした方が見栄えが良いかと思いました。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

カラーイラストに見られる、漫画のような色のコントラストが印象的でした。モノクロイラストにもこの長所を引き継いでいくと良いかと思います。塗りはあれこれ試行錯誤されたんだと感じましたが、効果を使わずに色の統一感が出せるか試してみると、さらに向上できると思いました。またキャラクターは色々なタイプが描けていましたが、顔の描き方にバラつきがあるのが今後の課題になりそうですね。羽々斬さんオリジナルのキャラクター像を確立していけるともっと良くなると思います。

湯浅隆明(電撃文庫編集長代理、電撃文庫MAGAZINE副編集長)

全体に粗削りですが迫力を感じました。デッサンが取れていない部分や、構図で凝ろうとしてうまくいっていない部分もありますが、勢い、荒々しさ、目力、そういったところを評価したいです。プロとして活躍できる力量はありますので、このイラストの勢いに負けない、アクの強い作品でぜひ起用したい方です。