電撃イラスト大賞

第23回 電撃大賞 入選作品

銀賞

ハナ(神奈川県)

プロフィール

ハナと申します。幼い頃より絵を描くことが大好きでしたが、尊敬する祖父の「二番目に好きなことを仕事にする」が心に残り、全く違う分野の仕事に就いておりました。その仕事では沢山のよい経験を積むことが出来ました。現在は退職しており、「一番好きなこと」をお仕事に出来たらと思いながら、横浜の端のほうで絵を描いています。

受賞者コメント

この度はこのような素晴らしい賞を賜りまして、大変光栄に思っております。想定作品『奇蹟の表現』シリーズは中学生の頃に出会った本です。初めて「文体が好きだ」という感覚を持ったのを覚えております。この作品の文章が持つ、生々しい温度や湿度、匂いを表現出来たらと思いながら描きました。一枚の絵の中にいくつものストーリーがあるような、思わず画面の端から端まで見たくなるような、描かれた世界の空気がこちらにも伝わってくるような……そんな作品をつくっていけたらと思っております。「仕事を辞める」と言う私を見守ってくれた家族、応援してくださった職場の方々、『奇蹟の表現』の作者さま、そして、この絵を目に留めてくださったすべての方々に感謝申し上げます。

選考委員選評

天野喜孝(画家、イラストレーター)

個人的に推していた作品で、応募作の中でも個性が際立っていると感じます。特にカラーイラストに暗さが出ている点が良いですね。課題イラストとオリジナルでは作品の雰囲気が違うので、描き分けができる方だとも感じました。どちらかというと、課題作品の方が自分の中のイメージがしっかりと表現できており、シンプルで好印象です。今後に期待しています。

出渕 裕(デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

イラストの構図というよりも映像的なレイアウトやカメラアングルを意識して描かれており、好印象でした。ただカラーのオリジナルイラストは見せたいものが伝わりづらく、今後は画の中に色んな情報を入れて組み立てる経験を積んでいってほしいと思いました。映像的な構図や切り出し方を活かしつつ、一枚の中に世界観を見せ、画としての収まりが感じられるようになれば、商業でも幅広く活躍していけると思います。

衣谷 遊(漫画家)

オリジナルと課題イラストはどちらもテイストが違いますが、今回の最終選考作品の中で僕が一番好きな作品です。カラーの課題イラストは表情に構成の狙いがはっきりと見られ、独特のホラー感も気に入りました。カラーのオリジナルイラストは奥行きや色のコントラストの付け方がすごくきれいで、表情も良いと思いました。

緒方剛志(イラストレーター)

構図が面白くていいと思います。カラーの課題イラストの空間の開け方とかが好きです。ただ、絵柄に安定感が足りないと感じました。カラーの絵は新しい感じなのにモノクロの水着の女性は僕ら世代が親しんだ絵柄に見えてしまったり、暗く書かれた少年の絵もまた別の絵柄に見えたりと統一感が無いのが残念なポイントでした。オリジナルのカラーイラストはエフェクトの力に頼ってしまってぼやけた感じがするので、もっとはっきり逃げずに描かれた方が将来につながる気がします。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

モノクロオリジナルの少年と女性のイラストはストーリー性と躍動感を感じ、評価が高かったです。ただ他の作品は、こだわりは伝わってきますが少し効果に頼りすぎているように感じてしまいました。味わいがあるのは良いのですが、あとひと押しこだわりが欲しく、もう少し突き詰めると説得力が出ると思います。カラーイラストはじっくり見ると味が出てくる作品。ぱっと見で印象づけられるようなインパクトのある塗り方も見てみたいです。

湯浅隆明(電撃文庫編集長代理、電撃文庫MAGAZINE副編集長)

余白を広くとった構図など、ぱっと見た瞬間のインパクトがあるイラストでした。ですが、その大胆さ、目指す方向性は潔いですが、寂しさが目立ってしまい、一枚の絵としてもうひとつ完成していない印象もあります。あと一工夫あれば、観ていて気持ちのいいイラストに昇華できると思いました。キャラクターについては、いずれのタッチのものも魅力を感じました。率直なところ、とんがった方向とは別に、構図をあまり凝らない、キャラクターの魅力で勝負するイラストをもっと見たいようにも思いました。