電撃イラスト大賞

第23回 電撃大賞 入選作品

選考委員奨励賞

もかろーる(大阪府)

プロフィール

もかろーると申します。幼い頃から絵を描くことが好きでずっと描き続けてきました。普段は透明水彩を主な画材に、グループ展やイラスト系のイベントに出展したり、グッズを作ったりしています。女の子と動物と食べ物を描くのが好きです。デジタルの絵がまだまだ思い通りに描けないので精進していきたいです。

受賞者コメント

この度は素晴らしい賞を頂き、深く感謝申し上げます。「選評を頂けたら嬉しいなぁ……」という気持ちで送ったイラストがこのような大きな賞の中に入るなどと考えてもいなかったので、受賞の連絡を頂いた時には電話を持つ手と声が震えてしまいました。『行列のできる不思議な洋食店』は暖かな表紙とタイトルに惹かれ書店で手を取りました。食べるのが好きなので、作品を読ませて頂いている時も描いている時もとっても楽しかったです。いつもキャラクターの心情を思い浮かべながら表情豊かに表現できるよう心がけているので見てくれた方に少しでもキャラクターの感情を感じ取って頂けると嬉しいです。この経験を励みにこれからもいろんなことに挑戦していきたいです……! この度は本当にありがとうございました。

選考委員選評

天野喜孝 (画家、イラストレーター)

絵本のような、可愛くてメルヘンチックな独自の世界観が良いと思いました。魔女の女の子などキャラクターに魅力があり、全体的な可愛らしさやコスチューム、髪型、顔のバランスが高評価です。もかろーるさんは、まずはキャラクターから固めて世界観を広げていくと将来的に活かされていくと思うので、もっとたくさん描いてキャラクターを増やしてほしいですね。好きなものを追求し、極めてください。将来が楽しみです。

出渕 裕 (デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

自分が描きたいのはこれだ! という個性を押し出している上に、世界観に合わせた温かみがあり、人柄も出ています。子供に寄り添っていける絵柄で、小説の挿絵以外の仕事もありだと思います。カラーのオリジナルに描かれた魔法使いの男の子が他とは違う感じの良いキャラクターなので、彼を題材に一枚描いても良い気がしました。デザインセンスや構図にもスキルの高さを感じます。アナログテイストを今後も大事にしてほしいですね。

衣谷 遊 (漫画家)

アナログテイストがまず目を惹き、キャラクターや小物も可愛く、賑やかな雰囲気が良いです。キャラクターの表情が特に可愛く、全体的に惹きつけるものを感じます。課題作もオリジナルもテイストに境界がなく、原作に引きずられずに自分のタッチや世界観で描かれています。このままの作風で頑張ってほしいと思います。

緒方剛志 (イラストレーター)

可愛い。そして可愛い。カラーのオリジナルイラストの水彩画で描いた後にデータで加工したような紙の質感も表現の将来を感じますし、全体的な絵の統一感も好きです。ご飯も絵柄に合うようディフォルメしつつ美味しそうに描けてて良いなと思いました。幅を広げるよりもこのままの世界観で描いていってほしいです。文庫でもゲームでも漫画でも良いので、もかろーるさんの作品が欲しいですね。このパッケージのゲームなら買います。

いとうのいぢ (イラストレーター、ゲーム原画家)

他の作品とは違う作風で目を惹きました。小説よりも絵本に近い感じで、子供だけでなくアニメに親しんだ人も好きそうな、懐かしさと色気を感じる作風です。特にカラーのオリジナルは水彩画のような雰囲気が作品の路線と合っていると思います。カラーイラストの色はもう少し柔らかくした方が良いので、ほわっとしたファンシーな色使いを研究して、可愛いものが好きな人たちに向けた作品を作ると良い気がします。ターゲットにこだわらず、今までにない作品を世に出していってほしいです。

湯浅隆明 (電撃文庫編集長代理、電撃文庫MAGAZINE副編集長)

まずしっかりと自分の世界を作り上げているのが印象的でした。絵本、児童書風のキャラクターはとてもかわいいですし、料理のイラストも魅力を引き出すデフォルメがきいていておいしそうに見えます。欲を言えば、キャラクターにどこか既視感を覚えるところがありますので、ディテールを工夫するなどして、もっと独自のかわいさを出せるようにがんばってほしいです。