電撃イラスト大賞

第24回 電撃大賞 入選作品

銀賞

つくぐ(兵庫県)

プロフィール

兵庫県在住。専門学校卒業後、フリーランスのイラストレーターとしてお仕事をさせていただいております。冊数はあまり読めていませんがライトノベルを読むのが好きです。見てくださった方の印象に残るような繊細で空気感のある絵を描けるように、技術力を高めると同時にもっと様々な表現を模索していくことを目標としております。

受賞者コメント

この度はこのような素晴らしい賞をいただき大変光栄に思います。電撃大賞への応募は通算五回目で、一次落ちからのスタートでした。毎年本当に一歩一歩の前進でしたが、大変貴重な経験を積むことができました。もうやめたい、と駄目だったところでやめたくない、のせめぎ合いでしたが諦めず続けてきて本当に良かったです。想定作品はどういった作品を選ぶのが自分のイラストに合っているのだろうかと悩んだ末、素直に最近読んだ電撃文庫の中で一番好きな作品を選ぶことにしました。「いもーとらいふ」の兄妹の美しく、それでいて薄気味の悪い二人の関係性を表現できたらと思い描きました。作品の魅力を伝え、手に取るきっかけとなるイラストを描けるよう、まだまだ未熟ですが精進していきたいと思います。

選考委員選評

天野喜孝(画家、イラストレーター)

モノクロのオリジナルイラストで、パワードスーツの人が少女に傘を差し出している絵が特に好きです。パッと見た時に、この白と黒のバランスがおもしろいと感じました。人間は意外と、物事を見た瞬間に気持ちいいとか、かわいいなどを判断するので、絵も第一印象でいかに目を引くかが重要だと思います。その後に細かい部分をじっくり見て、絵の内容などを理解していくので。そういう意味で、この方の絵は第一印象が全体的にいいと思います。オリジナルのカラーも、ちょっとシックな色使いでおもしろいですね。

出渕 裕(デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

キャラクターに魅力があり、個人的には金賞でもいいかなと思うくらい、推していた方です。モノクロは全部違うパターンで描かれていますが、特にオリジナルのパワードスーツのイラストは、少女に傘を差し出すことでドラマをみせているのがいいと思います。手前に物を入れてナメこんだレイアウトで、きちんと少女を立つようにしているのも高評価です。またカラーの課題イラストでは、背景のひまわりは主線を入れずに塗っていますが、これはアニメ的な技法。奥に質感が違う絵を組み合わせて、手前のキャラクターを立たせている。このあたりにテクニックの高さを感じました。

衣谷 遊(漫画家)

この方も画力があり、構図の取り方がうまいです。キャラクターの表情バリエーションも、世界観もそれぞれ違って、いろんなものが描けるんじゃないかと感じました。モノクロは3点とも白黒のバランスが違っていますが、それぞれ良さがあると思います。特にオリジナルのキャラクターが集合しているイラストが良いです。キャラクターの並べ方がうまく、それぞれの個性や背景が伝わってきて、楽しい雰囲気があります。カラーイラストも完成されてる。課題イラストの方は、表紙絵としても使えそうなクオリティーの高さです。

緒方剛志(イラストレーター)

カラーもモノクロも独特で気持ち良さがあります。かわいらしいけどどこか生々しい絶妙なバランスの絵だと思いました。特にモノクロの課題の絵が好みです。僕は多分こんな光の描き方は出来ないと思うので。オリジナルのカラーは、星空やピンクの花が綺麗でいろんな色を使いながらもまとまっていて上手だなと思いました。ただちょっとディティールの話になってしまいますが、動物のサイズ感や体のパーツのサイズ感などにもっと気を使うと更に良くなるのではと思いました。ひまわりが描かれたカラーの絵はカワイくて、好みです。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

キャラクターの動きが自然で、映画やドラマのワンシーンのように感じました。カラーの課題イラストは表紙のイメージで描かれていると思いますが、ポーズが自然で良い。その上で手の置き方を、あえて手首を見せるようにしているところにこだわりを感じます。手は顔よりも表情をつけられるパーツですが、それを楽しんで描いているのが他のイラストを見ても伝わりました。引きのイラストは抜け感があって、キャラクターにスポットを当てるようにみせつつも全体がまとまるように構図が考えられていて、素晴らしいと思いました。

湯浅隆明(電撃文庫MAGAZINE編集長)

キャラクターや塗りの雰囲気など、全体に漂う透明感が特徴的で好印象です。カラーイラストはひまわりの置き方や夜の暗さを表現する処理がうまく、ぱっと見で目を引きます。またキャラクターはどれも目から色気が感じられるところが魅力的。カラー、モノクロとも構図、塗りでそれぞれ違うテイストを出そうとしているのも面白く、どれも高い完成度でまとまっています。現代もの、ファンタジー、SF、どれにも対応できる力があるので、今後幅広いジャンルで活躍できると思います。