電撃イラスト大賞

第24回 電撃大賞 入選作品

選考委員奨励賞

銀木犀(大阪府)

プロフィール

大阪府在住。幼い頃から絵を描く事が大好きで、芸術大学では絵画を学びました。趣味は映画鑑賞やドール、紅茶などです。ファッションにも興味があり、花柄のスカートやリボンのモチーフにとても惹かれます。観る人に感動して貰える絵を描く事が夢です。イラストレーターとしての一歩を踏み出すために応募いたしました。

受賞者コメント

この度は選考委員奨励賞を賜りまして、誠に光栄でございます。小学六年生の頃に出会った「我が家のお稲荷さま。」の挿絵を担当された放電映像先生に憧れて絵を続けて参りました。表紙をはじめて観た時の感動は今でも忘れられません。柴村仁先生が紡ぎ出すストーリーにも心奪われ何度も読み返しました。『我が家のお稲荷さま。』は私の原点です。この思い入れのある作品を想定したイラストで賞を賜り、本当に誇りに思います。そして水中の教室は私の夢の中に登場した不思議な場面です。この幻想的なイメージをイラストとして形に出来た事も嬉しく思っております。受賞のご連絡を頂いた際には感極まり胸がいっぱいになりました。素晴らしい経験をさせて頂きまして、ありがとうございました。深く感謝しております。イラストレーターとして活躍出来るよう、今後も精進して参ります。

選考委員選評

天野喜孝(画家、イラストレーター)

他の受賞作に比べると、パッと見の印象は残りづらかったのですが、キャラクターに魅力があり、将来性を感じます。もっと描き込みを増やすなどして、キャラクターが立つと更によくなると思います。例えばカラーの課題イラストなら、手前にある扇子に模様をつけてメリハリを出す、または着物に柄を入れるなど工夫をするともっと印象が強くなると思います。オリジナルのカラーイラストも、無難にまとまっているので、もう少し冒険してもいいかと思います。濃淡の強さやバランスを意識してみてください。

出渕 裕(デザイナー、イラストレーター、アニメーション監督)

キャラクターが個性的かつ魅力的で、個人的にも好みです。ただモノクロイラストで、背景を描くことから逃げているように見えるのは少し惜しいと思いました。オリジナルの中華風のモノクロイラストは、雲のデザインが中途半端。キャラクターにかぶせるのが怖かったのかもしれませんが、そこは思い切ってもよかった。オリジナルのカラーイラストも、もう少し泡を描写すれば、よりわかりやすい絵になったと思います。キャラクターへの愛が強いのはわかりますが、こういう効果はもう少し大胆に入れると完成度が上がると思います。

衣谷 遊(漫画家)

この方は、ふわっと柔らかい女の子を描けることが、一番の強みだと思います。オリジナルのカラーイラストは、そういう女の子の雰囲気と浮遊感がマッチして、より絵柄の魅力が引き出されていると思いました。課題イラストのカラーも、色使いがキレイでまとまっています。オリジナルで描かれたモノクロのメイド3人の女の子たちは艶っぽくて、また少し違った魅力がありますね。キャラクターにバリエーションがつけられるのも実力のうちです。目の描き方もよく見ると、細かく描き込んでいて、工夫しているのがわかります。

緒方剛志(イラストレーター)

オリジナルのカラーイラストは、発想はおもしろいのですが、魚を回遊させるなど、もう少し水中感があった方がよかったかもしれないなと思いました。課題作のカラーイラストの方は綺麗だと思いましたが、モノクロイラストはカラーをそのままモノクロに変換したように見えてしまっているので、これからの課題かなと思います。顔や体のバランスが絵によって安定していない感じがしますが、研鑽をつむことで技術も上がっていきます。お若いですし、伸びしろも大きいと思いますので今後に期待しています。

いとうのいぢ(イラストレーター、ゲーム原画家)

写実性を求めたら賞から外れるかもしれませんが、イラストとしてのよさがつまっていると思いました。特にカラーイラストは、単色ではない複雑な色使いが今風でうまいですね。線もしっかり描かずにあえてぼやかすところが、最近の流行にも合うと思いますし、個性的だと思います。課題イラストのカラーは、淡い色で塗っていますが、あえて白バックにすることでキャラクターが引き立っています。モノクロイラストは、メイドさんのイラストが1番まとまって見えました。この方はキャラクター推しでいくのがいいのではないかと思います。

湯浅隆明(電撃文庫MAGAZINE編集長)

絵画的な陰影のある儚げな雰囲気のキャラクターに惹きつけられるイラストです。深みのある青でみせるオリジナルのカラーはモチーフや光源の処理も面白く、反対に鮮やかな赤でみせる課題のカラーは表情が対照的な二人ともそれぞれの魅力がありました。モノクロはキャラクターの造作はいいものの、もう少し塗りにメリハリが欲しかったところ。また、キャラクターやモチーフに合わせた背景が描けるようになれば、表現の幅も広がり、完成度もより高められるようになると思います。