出身作家インタビュー

ここでは、電撃コミック大賞に応募し、デビューした漫画家さんに突撃インタビューを行います! 現在、電撃のコミック誌で活躍中の漫画家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、漫画家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第8回 からあげたろう
  • 第7回 川浪いづみ
  • 第6回 からあげたろう
  • 第5回 亀小屋サト
  • 第4回 坂本小夜
  • 第3回 安岳
  • 第2回 仲谷鳰
  • 第1回 きあま紀一

第7回
川浪いずみ(かわなみいずみ)

プロフィール

応募作品『私のかわいいクソ女』にて第22回電撃大賞・電撃コミック大賞《選考委員奨励賞》を受賞。電撃大王2017年8月号から新連載『籠の少女は恋をする』を開始。

『籠の少女は恋をする』
質問
漫画を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
18歳ぐらいだったと思います。
質問
受賞するまでの投稿歴や掲載歴を教えてください。
回答
主に青年誌向けに持ち込みをしたり、読み切りを載せていただいたりしてました。
質問
電撃コミック大賞に応募しようと思ったきっかけを教えてください。
回答
担当さんの勧めでした、月例の賞より電撃コミック大賞の方が向いてるかもしれない、とのことで。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
自分の嗜好をストレートに出すことを心がけました。
質問
現在、電撃大王で連載中の『籠の少女は恋をする』を描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
少女たちの感情をいかに掘り下げていくか、というところを頑張っていきたいです。
質問
編集担当のアドバイスで、参考になったものはありますか?
回答
全体の構成から細部の演出まで、作品を良くするために沢山お世話になっております。
質問
最後に、これから電撃コミック大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
自分が面白いと思うものを描くことが本当に大事だと思います。