出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第1回 春日 歩

プロフィール

第15回電撃イラスト大賞<選考委員奨励賞>を受賞。電撃文庫にて『ご主人様は山猫姫』シリーズ(著/鷹見一幸)を担当している。

ご主人様は山猫姫
質問
絵を描き始められたのはいつ頃からなのでしょうか?
回答
小さいころから外で遊んだりするよりも絵を描く事が好きでしたが、強いて言えばというだけで特別絵と向き合っていたわけではありません。
本格的に絵を描く時間を取る様になったのは、高校を卒業した辺りからになります。
今は完全デジタル作業ですが、アナログからデジタルに触れ始めたのもその頃になります。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
ネットで募集していた公募に投稿した記憶はありますが、どんな企画だったか全然覚えていないので電撃イラスト大賞がほぼ初の投稿と言っていいかもしれません。 ちなみに受賞したのは二度目の投稿になります。
質問
受賞作の課題文庫に『灼眼のシャナ』を選ばれた理由は?
回答
動きのある絵(アクション物)を描きたかったので、当初は愛読していた『とある魔術の禁書目録』シリーズで投稿するつもりでした。が、昔っからミーハーということもあり、 当時TV放映されていた『灼眼のシャナ』(第2期だったかと思います)を見ていたら無性に描きたくなってしまいました。
落選した一度目の投稿も、TVで『灼眼のシャナ』(第1期)がやっていた辺りで同じ題材を選択していました。
何事にも、ものすごく影響されやすいです。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
それまでは自分の描いた絵を知り合いに感想を貰う程度で満足していたのですが
ちゃんと絵に精通した方に評価してもらいたい欲求が高まりまして……。
正直に言いますと賞金にもかなり惹かれました。
客観的に見て、自分の絵に商品価値があるのか気になったのも本音です。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
当時、自分でも新しく描く度に絵が上達していたのを感じられたので、なるべく最新の技量で挑戦したかった為、投稿は締め切りのギリギリまでねばりました。
逆にねばりすぎて時間がなくなり、仕上げが少々雑になってしまったのを覚えています。
締め切りというものが常にある受賞後の仕事のことを考えると、長期間かけた大作で挑むよりも、短期間で仕上げた作品を投稿した方が、自分の為にはいいのかもしれません。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
落選した一度目の投稿の時にチェックを怠っていて、当時は通過者全員選評サービスも無かったので、自分がどこまでいけたのかわからず仕舞いでした。
そういった経緯もあり、二度目の際には毎週欠かさずチェックしていました。(いつ更新されるのかわからなかったので…)
段階的に受賞者が絞られていく中、自分の名前が残っている事実に興奮を覚え
もしかして受賞しちゃう? いやいやそんな馬鹿な…と宝くじの当選番号を確認している時のような、ありえないことへの期待にワクワクしていました。
受賞のお電話をいただいた時は心臓が痛くなりちょっと危なかったです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
選評にもありましたが、構図の取り方やモノクロの仕上げ方が自由だったところでしょうか。
選考委員の方々もクリエイターなので、思い切り楽しんで描いたのを感じてもらえたのだと思います。
今では技術的に進歩したものの、昔良かった部分が薄れてしまっているので、好きでそうしている事ではありますが、これでいいのだろうかと悩んでいたりもします。
質問
文庫のお仕事が来たのはいつごろですか? どのような経緯でオファーが来たのでしょうか。またその時の気持ちはいかがでしたか?
回答
授賞式当日でした。
宴会で作家の皆さんが壇上にてインタビューされているのを下からニヤニヤ眺めていた所に、背後から忍び寄ってきた今の担当様にお話を持ちかけられました。
なんの前触れもなく、周りがすごく騒がしかったのでしっかり話を聞き取ろうと、自分でも自分の顔がキリッと変わったのがわかりました。
質問
文庫のお仕事をされて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
カバーイラスト、口絵、モノクロ挿絵と順に制作していくわけですが、最初から最後までベストを尽くしたいのに、カラーで拘っていると最後のモノクロ制作時間が押してきてしまうところがもどかしいです。
妥協点というか、見切りの付け方が大変であり大事だなと思いました。
飽きっぽく新鮮さを求める人間なので、新キャラをデザインする時は最高に楽しいです。
スケジュール上、辛い時もありますが、それでも楽しいです。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
前回描いたものよりは上手く描けるように心掛けています。
そうしていけば勝手にどんどん上手くなっていくんじゃないかなとか単純な考えです。
それと、無理に拘りを持たない様にしています。
自分のキャラの目の描き方はこうだとか、髪の塗り方はこうだとかは決めないで、その時その時やりたい様にやっています。
故に一時期、絵柄が暴走したこともあったような気もしますが、結局個性みたいなものは無意識に出てしまうと思うので、今後も拘らず好きに描いていきたいです。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
ファンと言っていいのかわかりませんが、そういった方々に応援メッセージを貰えた時は最高に嬉しいです。
軽い気持ちで言っていただけてるのでしょうが、言われた側としてはものすごく嬉しいです。
確実に次の作品への原動力となっています。
あとは、本屋などで自分の携わった作品を見かけるとついつい手に取ってしまいニヤけます。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
下世話な話、応募する方々には、賞金が欲しい人、受賞歴という称号が欲しい人
直接仕事に繋げたい人と様々な方がいると思います。
とにかく受賞したいという方は、電撃イラスト大賞というものを分析して、狙って、持てる技術を総動員すればいいと思いますが、仕事に繋げたいという方は当然電撃文庫が大好きでしょうし、難しく考えず好きな作品・世界観を好きなように描けば、技術はそこそこでも結果に繋がるんじゃないかなと思います。
そういった枠が私のいただいた「選考委員奨励賞」なのかな~と勝手に解釈しております。