出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第4回 村松加奈子

プロフィール

第17回電撃イラスト大賞<大賞>を受賞。「電撃文庫MAGAZINE」掲載のイラストコーナー「illust×story」がきっかけで誕生した角川つばさ文庫『ようこそ、古城ホテルへ』シリーズ(著/紅玉いづき)のイラストを担当。

ようこそ、古城ホテルへ
質問
絵を描き始められたのはいつ頃からなのでしょうか?
回答
小さい頃は例にも漏れず落書きは好きでよくしてましたね、白い自由帳の消耗は激しかったです。
ちゃんと「イラスト」を描こう!と意識して描いたのは高校の頃ですね。
その当時、いろいろな種類の画材を集めるのが大好きで、せっかく画材が沢山あるから「じゃあ描こう!」という流れで。
取り組む順番がおかしいスタートでした。
きっかけはアナログ画材を試したいからでしたが、現在色付けはデジタル作業しています。
線画までは未だにアナログから抜けられませんが、そのアナログに使ってる道具が、当時腐るほど大量に集めていた画材だったりします、感慨深い…かも?
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
コンペに応募することが好きで、イラストに限らずいろいろなコンペに、時間の都合が付くものに関してはチャレンジしてました。
イラストですと、過去にファミ通やコバルトの賞で端っこに引っかかったことありますね。
社会人ですので仕事してる手前、時間的に、毎年応募するのは無理でしたが、時間的に出せるときは応募していました。
電撃は2、3年に1回くらいのペースで数回応募していました。
質問
受賞作の課題文庫に『MAMA』(著/紅玉いづき・電撃文庫)を選ばれた理由は?
回答
それはもちろん、大好きな物語だったから、ですね。
発売されたばかりの文庫や、巻数を重ねた文庫を選ぶかも迷いましたが、やはり一番好きな作家さんのお話で描かせていただきました。
『MAMA』はもともとのイメージも少なめの作品だったこともあり、既存のキャライラや世界観にあまりとらわれすぎずに好きに描けたので楽しかったです。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
賞を取れるかどうかはともかくとして、コンペに応募することが好きだったので応募したということが大きいです。
電撃は本当に有名な賞でしたので、入賞を狙って応募するには大御所すぎて、むしろ、参加することに意義がある位の気持ちで応募し続けた感じです。
質問
受賞作を描く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
心がけとか、工夫とかはありません。
〆切10日も無いぎりぎりな時期に描き始めてしまいましたので、もう、期日までに出せるかどうかだけが気がかりで、必死でした;
もう自分が描きやすい絵柄で、塗りやすい塗り方で、技量を盛り込んだりするのは一切なしでした。
実は塗りかけのところなどもあったりするんですが、目をつむってそのまま応募してしまったりしてるんですよ…。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
応募したものは、基本、投函して手元から離れた時点で気にしません。
気にしていたらいろいろ手につきませんし、落ち着きませんから。
連絡が来なければ落選。連絡が来たら入選と、割り切っていました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
今もなお謎です。
これは質問されてもなかなか答えられないと思いますよ(笑)。
強いて言えば、おそらく、デジタルなのにアナログっぽく泥臭い作品だったから?ではないでしょうか?
私は幼少期アナログ時代に育っていますので、白黒などグレースケールで影を「塗る」のにはなじめず、ドットでトーンを「貼る」ように描くようにしてるのですが、評価でそこに反応してもらえたようでうれしかったですね。
あとの最大の決め手は「時の運」もあると思います。
同じレベルで出したとしても、タイミングによっては見向きもされなかったかもしれません。
質問
文庫のお仕事が来たのはいつごろですか? どのような経緯でオファーが来たのでしょうか。またその時の気持ちはいかがでしたか?
回答
アスキー・メディアワークスさんからの初仕事の話は、授賞式から数ヶ月後にいただきました。
電撃文庫MAGAZINE「illust×story」の企画がスタートして、そこから派生した文庫の挿絵のお仕事です。
受賞作で選んだ課題図書の作者さんと組ませてもらえたので、「まさかの憧れのあの人」との接点に、信じられないやら緊張するやら、得をした気分になるやら……大変なことに(笑)。
自分の絵柄で挿絵が入ることは、素直に嬉しいです。
それ以外言いようがありません。
質問
文庫のお仕事をされて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
自身の問題で大変なことは、描く時間を捻出すること。楽しいことは、描く時間に追われること。
普通の社会人ですので、絵のお仕事に入るときは二足わらじで時間的にボロボロで時間調整がきついですね。
そんな中、眠くてどうにかなりそうな中でも、絵のお仕事は好きなことなので嬉しいから嫌にはならない、という状況で、追われても嬉しい微妙な状況に陥ります(苦笑)。
作業で大変なこと?は何も考えないで描くと、タイトルの入る位置が無くなることや、やたら考えなしだと、おそらく毎回デザイナーさんはレイアウトに困っているだろうなあ、ということを、少しは考えないといけないということですか。
いつも考えてなくて、しかも作業遅くて、デザイナーさんには相当ご迷惑おかけしてると思います。
それが無事に出来上がって手元に届くとき「こうなったのか~」と楽しく感心させてもらいます。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
メリハリ?でしょうか。
普段心がけているというか、そのことを思い出して気を付けて描かないと、ほっておくと細かく細かく描きたくなってしまう性分なんです。
描き込むのが大好きなので、わけわからないごっちゃな絵になる前に「メリハリメリハリ」ってつぶやいで我にかえりますね。
何も考えず必死に描いてることも多いので、我にかえれていないことも多いのですが…。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
絵を描くことに意味があると思えるとき、かな。
自分の周り身内を含め、描く人&見せあえる人というものが居たことがありませんので、好きで描いていても人からの反応が全くわからなかった期間が相当長かったですからね。
描いたものが挿絵なりなんなり形になってでてきて、周りからの反応があるって、いい反応も悪い反応もひっくるめて、今までもらえなかったものなので新鮮です。
「描きたい→描けた→終わり」だったものの先に「商品化→読者→感想」までの進展があるなんて、もう、劇的変化ですよ。
もちろん、単純に、商品になったものを見て嬉しくてニヤニヤ、というのもあります(笑)。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
とにかくダメ元だと思っても応募してください!
宝くじと一緒で、出さない限り、チャンスはありません!
まさに自分が「ダメ元でも出しちゃえ」という状況でしたので、少しでも応募しようと思ったのであれば出すだけ出してしまえ!と。
ネットからでも応募可能になって、ハードルは相当下がったと思うので、これからチャレンジしやすいのではないでしょうか。
賞ごと、好まれる絵柄の傾向などリサーチしたい気持ちもあるとは思うのですが、あまりその辺は気にせず、自分の絵柄で好き勝手描いてください。
もちろんリサーチして傾向に沿った方向でチャレンジするのもアリでしょうが、受賞者の方々って、わりと皆さんギリギリに描き始めて「もう駄目だ~」とかいいつつなんとか応募までこじつけて、それが受賞…という人だらけなんですよ。
ようは体当たり?
計算するよりまず自分の味をしっかり出して挑むことが大事だと思います。