出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第6回 黒銀

プロフィール

第16回電撃イラスト大賞<銀賞>を受賞。電撃文庫『デュアル・イレイザー』(著/折口良乃)のイラストを担当。『デュアル・イレイザー2』は絶賛発売中!

デュアル・イレイザー
質問
絵を描き始められたのはいつ頃からなのでしょうか?
回答
ちゃんと絵を描き始めたのは大学2回生くらいからです。
それまでも落書きとかはしていましたが、趣味と呼べるレベルで作品を作り出したのはそれくらいからです。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
ホントに色々送ってます。
富士見書房さんのドラゴンマガジンに昔あったイラスト投稿企画とか、ザ・スニーカーの投稿企画とか…どちらも今はもうありませんが…
電撃大賞にも確か受賞する前に1回送っています。
あと持ち込みとかもしました。
少年向けのライトノベルレーベルには軒並み1度は持ち込みをしたことがありますし、今でもスケジュールに空きができた時など、営業に行ったりします。
質問
受賞作の課題文庫に『終わりのクロニクル』を選ばれた理由は?
回答
『終わりのクロニクル』のファンであったことも理由の一つですが、私の作風であり、やりたいことでもあるSF的世界観に非常にマッチしていたからです。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
ライトノベルが好きで昔から賞の存在は知っていて、椎名優さんとか大好きだったので。
いつか受賞してやる、という目標みたいなものでした。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
自分のアピールポイントを効果的に見せる絵を描く、ということを考えていました。
あととにかく丁寧に描くということも心がけていましたね。
丁寧過ぎて、4,5カ月くらいかかった絵もあります。
でも苦労をした、という感覚は無かったですね、楽しかったです。
またそれくらい時間をかけて絵を描く機会があればいいんですけど、今となってはなかなか難しいですね。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
チェックしまくっていました。
毎月一次二次と選考結果が発表されるのは楽しみ半分不安半分でしたね。
ちなみに、今でも新たに受賞してくる方の名前や絵はチェックしています。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
丁寧さでしょうか?
質問
文庫のお仕事が来たのはいつごろですか? どのような経緯でオファーが来たのでしょうか。またその時の気持ちはいかがでしたか?
回答
電撃文庫のお仕事はかなり最近ですね、受賞の2年後くらいですか。
やっと来たかーという感じでした(笑
ライトノベルが昔から好きだったので、そこで仕事ができるというのはやはり嬉しかったです。
質問
文庫のお仕事をされて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
スケジュールに間に合わせるというのが絶対条件なので、場合によっては譲歩しなければいけないことがあります。
これは結構ストレスになりますね。
クオリティを落とすわけにはいかないので、例えば簡単に描ける構図を選んだり、色々と工夫をしないといけません。
楽しいのはやっぱり表紙にデザイナーさんがタイトルをつけてくださったのを見る時ですね。
表紙に関しては特に、デザイナーさんの技も合わさっての作品だと思うので、いつも見るのが楽しみです。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
色んなものや人に影響を受けるようにしています。
絵だけでなく、映画を頻繁に見に行ったり、とにかく色々なものから意識的に影響を取り込むことで、より完成度の高い洗練された技術を身につけたいと思っています。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
生々しい話をすると、ギャラがたくさん振り込まれた時でしょうか?(笑
まあそれは半分冗談ですが、より大きなプロジェクトに関われるようになったときなどには、自分の実力が認められていっているということを感じて、イラストレーターになれてよかったと思いますね。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
ここに送る方は当然イラストレーターとしてデビューして、お仕事をしていくのが目標だと思いますので、そういった方に言わせていただきますね。 個人的な考えなのですが、賞に送るというのは、仕事が来るのを待つということに似ている気がします。
イラストを完成させて送ったら、後は受賞の知らせを待つだけですから。
けれど、特に最初がそうなのですが、仕事は待っているだけではあまり来ません。
むしろ自分から営業をかけて、使ってくれと頼むことが大事だったりします。
同じように、ただイラストを送って受賞の知らせを待つだけでなく、例えば今はあまりないかもですが、アマチュアの持ち込みを受け付けてらっしゃるレーベルを探して絵を見せるとか、自分から能動的に動くようにしたらいいと思います。
例え仕事につながらなかったとしても、そういう経験は画力の向上に非常にいい影響があったりします。
そういった気概は、絵の上手さと同じくらい重要なことだと私は思っています。