出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第13回 田上俊介

プロフィール

第9回電撃イラスト大賞<大賞>を受賞。同じ回で小説大賞を受賞した『キーリ 死者たちは荒野に眠る』(著/壁井ユカコ、電撃文庫)でイラストを担当。以降、電撃文庫・メディアワークス文庫・電撃文庫MAGAZINEなど様々な媒体で活躍中!

キーリ
質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
物心ついた頃から描くのは好きだったと思います。小学生の頃は、よく好きな漫画の絵を無地の下敷きに模写して、お気に入りの下敷きを作ってたりもしていました。
本格的に絵の勉強しはじめたのは、中学生になって近所の絵の教室にも通いはじめてからです。
その頃は学校そっちのけで、絵の教室に入り浸って夢中で描いていました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
小学生から数えて、雑誌のイラストの読者投稿等には数度応募したことはありますが、電撃大賞のようなコンテストへの投稿はありませんでした。
昔は漫画家になりたいと思っていたので、漫画の投稿をしようと準備していたのですが……。
漫画の投稿作品が完成する前に、ふとしたきっかけで送ったイラストで賞を頂いてしまいました。
人生どう転じるかわからないものですね。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
貴社の雑誌を読んでいた時に、たまたま募集されているのを目にしたのがきっかけだったと思います。
その時の呼び込みのイラストを椎名優さんが担当されていらっしゃって、その絵にとても心惹かれました。
椎名さんに憧れて、当時椎名さんのサイトで公開されていたCG講座で勉強させていただき、はじめてペインターできちんと描いた絵が、応募作品のカラーイラストでした。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください
回答
自分の応募した時は、イラストの内容は全て自由だったので、カラーとモノクロイラストを通して1つの物語を描く、というテーマで制作しました。
物語をより感じ取ってもらえるよう、モノクロイラストはコマ割りをしてみたりと漫画的構図を取り入れて描きました。
苦労した事といえば、時間との戦いで、締切日の23時頃まで描いていましたっけ……。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
絵が完成したのが本当に締切ギリギリで、とにかく締切日消印を入れてもらう為に、日付が変わる直前に郵便局の時間外窓口に持ち込みました。
慌てていた為か、自分の名前や住所等を記入し忘れていた事を送った直後に気付き、後日その旨を書いて郵送する始末……(汗)
正直この時点で諦めていて、選考段階の発表等も全く気にしておらず、応募した事は遥か頭の片隅に追いやられてたいた所に受賞のご連絡を頂き、飛び上がるほどビックリ致しました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
昔から細かくちまちま描くのが好きなのですが、その部分に好感を持った評を頂け事がとてもうれしかったのを憶えております。
モノクロイラストは手描きだったのですが、漫画っぽい線と構図もその時の自分らしさを出せ、いい方向に転んだのではないかと、今にして思います。
とはいいつつも、自分が受賞できた大半の理由は運だと思っております。
質問
文庫のお仕事が来たのはいつごろですか? どのような経緯でオファーが来たのでしょうか。またその時の気持ちはいかがでしたか?
回答
授賞式の当日、授賞式前に編集様からお話を頂き、挿絵を担当させて頂ける作品が小説部門大賞の壁井さんの作品ということもその時伺いました。
夢の一つだった小説の挿絵のお話を頂けた喜び、その場でその作品の作者様ともお会い出来た上、その後の授賞式が控えている事も考えると、緊張やら喜びやら色々な感情が入り混じった、しっちゃかめっちゃかな状態だったと思います(苦笑)
質問
文庫のお仕事をされて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
はじめての文庫のお仕事の時は大変なプレッシャーもありましたし、描くのは遅い方なので、スケジュールもとても心配でした。
最近になってようやく、自分にあったよいペースでスケジュールを組み立てられるようになってきたと思います。
大変な事も時偶ありますが、絵を描かせて頂ける事自体それにも増して嬉しい事なので、お仕事をさせて頂いている時は大抵楽しく描かせて頂いております。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
煮詰まって来たと思ったら、部屋をきちんと整理してみたり、ここは決めたいという作業の時は、自分が一番集中の出来る時間帯にその作業を行なったり。
技術的な事とは離れてしまいますが、体調や精神状態の管理です。
病は気からと言いますが、その逆も然り。
体調を万全な状態に保ち、作画の際、テンションが上がり過ぎていても落ち過ぎていても自分は冷静な判断が出来ないように感じるので、出来る限りニュートラルな気持ちで絵に向かえるよう心がけています。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
自分にとっては、絵だけ描いて生活してゆけているなんて、本当に毎日すっごく幸せな事です。
イラスト一本で奇跡的に生活してこれて早10数年。
今も自分は奇跡の只中にいると思っています。
この奇跡が少しでも長く続くように、これからも描かせていただける1枚1枚の絵を、一生懸命丁寧に描いてゆきたいと思っております。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
諦めずにチャレンジし続ければ、いつかチャンスも巡ってきます。
やるだけやって、上手に手放し、あとは天にお任せ。
そうした繰り返しが、チャンスを引き寄せる大きな力になるのではないかと自分は信じています。
それから、どの世界も同じだと思いますが、1つ頂いたお仕事が、次回もお仕事いただけるかの評価の場だと思っています。
そういった意味では、これからデビューを目指される皆様も、私も同じような立場。
お互い頑張って参りましょう!!