出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第31回 雛川まつり
  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第14回 梨々子

プロフィール

第17回電撃イラスト大賞<銀賞>を受賞。メディアワークス文庫の新刊に挟み込まれている『MW文庫 HeadLine』の表紙イラストを担当している。

MW文庫HeadLine
質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
小さい頃から絵を描くのが好きで、今もその延長で描いています。中高生のころはデジタルで絵を描く環境が整ってなかったので、カラーもモノクロもずっとアナログで描いていました。今もメイン画材はアナログです。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃大賞には何度か応募させて頂きました。当時の自分なりに必死で作品を仕上げていたのですが、恥ずかしながら一次を通ることがなかったので、今回も結果を期待せずに応募していました。
他には、他社さんの漫画賞で受賞させていただいた経験があります。
質問
受賞作の課題文庫に『キーリ』を選ばれた理由は?
回答
作品が好きだから、の一言に尽きます。
どの巻もそれぞれ好きなのですが、課題イラストではいちばん好きな一巻をイメージして描かせて頂きました。過去の応募でも課題文庫はずっとキーリを選んでいたので、この作品で受賞できて本当に嬉しいなと…ただのファンですね。
ライトノベルに興味を持つようになったのも『キーリ』からです。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
電撃大賞を知ったのは、『キーリ』の帯かあとがきを見たのがきっかけです。絵を描くことはずっと好きでしたが、これまで本気で挑戦したことが無かったので、良い機会だと思い電撃大賞に応募させて頂きました。
それ以降、本気でイラストを描く貴重な機会として、なるべく毎年応募するようにしていました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
たしか、受賞作を描いていた時期はスランプになっていて、どんな絵をかけばいいか分からなくなっていました。何を描いても無難なものにしかならなくて。だったらいっそ、自分が描いてて楽しい題材にしようと決めた覚えがあります。
キャラの表情を描くのがとくに好きなので、笑顔、泣き顔、照れ顔と、どうしたら描きたいものを全部つめ込めるかを考えていました。コマで割ってるのはそのためですね。
あとは、線を見せたいイラスト、空気感を見せたいイラスト、ミニキャラ絵など、なるべく多くのアプローチができるように意識していました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
電撃文庫にはさんである「電撃の缶詰」でチェックしていました。合否に関わらず結果待ちの緊張感に本当に弱いので、思い出すたびに胃痛になってました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
アナログ原稿の方は少ないので、珍しさは大きいと思います。
それと、自分の得意分野をアピールできたからでしょうか。私はデジタルで絵が描けないのでアナログを続けていて、ある意味それが悩みでもあったのですが、その部分を個性だと評価していただけたのがとても嬉しかったです。
あとは、運です。
質問
お仕事の依頼が来たのはいつごろですか? どのような経緯でオファーが来たのでしょうか。またその時の気持ちはいかがでしたか?
回答
オファーをいただいたのは受賞から一年くらい経ってからだと思います。電撃文庫MAGAZINEの「illust×story」という企画で、ありがたくも壁井先生とコラボさせていただきました。
その後、MW文庫イメージキャラクターのメディワくんのイラストのお話をいただいて、一年ほど担当させていただきました。
質問
お仕事をされて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
お仕事を頂いたとき「データ原稿でお願いできますか?」とのご指定を受けまして。
それまでは、絵のお仕事となるとアナログ原画を提出するのみだったので、デジタル原稿の知識が全く無くて…。データ原稿やCMYKについて、ほぼ素人の状態から勉強したので大変でした。でもイラストのお仕事はデータ入稿が主流なので、これを機会に勉強できてよかったです。
提出した絵をデザイナーさんに仕上げていただいて、できあがりを手にした時は、毎回本当に嬉しいです。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
キャラクターの表情です。あとはキャラ同士の距離感や全体的な雰囲気など、すこしでも印象に残るものが描けたらいいなと思っています。
あとは、アナログらしさを大事にできたらいいなと思います。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
やっぱり、実際に印刷されている現物を拝見したときです。それを見ると、お仕事をさせていただいてるんだな…と実感します。何度経験しても嬉しいです。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
アナログ原稿で応募する方は少ないと思うので、その方々に向けて。
何枚もの絵を広げて審査することもあるらしいので、トーンなどは絶対に剥がれないよう念入りに圧着してください。絵の具を使う場合は水張りをして、完成品にはフィキサチーフや保護スプレーをかけるのも良いと思います。
応募の際は水濡れと折り曲げに気をつけて、ビニールで包んだり、厚紙を入れて補強するのを忘れずに(自分はイラストボードで挟んで郵送しました)。大きな郵便局では時間外受付などもあるので、ぎりぎりまで諦めず粘ってみてください。
皆さんが仰っている通り、まず応募することが大事だと思います。
少しでも参考になれば幸いに思います。がんばってください!