出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第16回 一色 箱

プロフィール

第20回電撃イラスト大賞<大賞>を受賞。同じく第20回電撃小説大賞で<大賞>受賞となった『博多豚骨ラーメンズ』(著/木崎ちあき、メディアワークス文庫)のイラストを担当している。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
幼い頃からずっと絵を描くことが好きでしたが、本格的に人物や構図を意識して描くようになったのは高校生になってからでした。
らくがきではなく、1枚のイラストとして完成させる癖がついたのもペンタブを買ったこの頃からです。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃イラスト大賞は今回が初めての応募でした。
質問
受賞作の課題文庫に『デュラララ!!』を選ばれた理由は?
回答
単純に『デュラララ!!』のファンだったからです。
デジタルで描き始めた頃、『デュラララ!!』のイラストを描いて練習したりしていました。
世界観や作品の雰囲気を自分の画風で表現するアイデアが浮かんだ、というのも大きいと思います。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
今後色々な活動をしていくのに、受賞歴があると少しでもアピールポイントになるのではないかと思い、ネットでイラストコンテストを調べた時に初めて電撃イラスト大賞を知りました。
大変豪華な審査員の方々にイラストを見ていただけ、選評もいただけるというのが魅力的に感じ、応募しようと思いました。

実は電撃イラスト大賞の存在を知ったのは締め切りの2ヶ月前でした。
ギリギリのタイミングでしたが、その時に知れて本当によかったと思います。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
適度な情報量とできるだけ退屈な間を取らない様に、ということは意識しました。
審査員の方々に少しでも見応えを与えられればという考えもあったのだろうと思います。
あとは常に心掛けている、見た人が興味を持ってもらえるような自分らしい世界観を作れればと思いながら制作しました。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
カラーイラストは1枚につき3日~5日間程で描き上げましたが、応募するギリギリまで色彩の確認をして微調整を繰り返していました。
モノクロイラストは構図に苦労しましたが、着彩など制作時間のみで言うと一枚2、3時間程かと思います。
ですがこちらも描き上げた後は何度も見直しをし、全体の色のバランスの確認等を繰り返しました。
ずっと見ていると目が麻痺してしまうので、普段からイラストは日を置いて色の確認をするようにしています。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
一次選考発表からチェックしていました。
大変長いスパンをかけて選考されるので、今振り返ると待っている間は毎日緊張していたと思います。
特定の友人にのみ応募していることを話していたのですが、その人達には支えられました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
選評を拝見すると「自分の世界観を表現したこと」は、多く触れて頂いていたので大きいのではないかと思います。
あと何より運がよかったと思っています。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
ありとあらゆるものから絵のアイデアを考えるようにしています。
音楽や詩などから構図やイメージが浮かぶことも少なくありません。
実行できているかわかりませんが、感受性を豊かに、それを絵に活かせるようにと心掛けています。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
自分はまだまだと感じるばかりであまり実感はないのですが、実際に自分の作品を手にとって見た時は毎回感動します。
作り手側として大好きなイラストを描けていることに喜びを感じる瞬間でした。
また今まで憧れていた方達に少しずつでも近づいている、と思うと大変感慨深いです。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
既に皆様が仰っていますが、「この文庫はこういう傾向で、こういう絵が好まれる」等はあまり考えず、自分の好きなものを思い切り表現することは大切だと感じました。

私自身、自分の画風は過去の受賞者の皆さんとジャンルもテイストも違う部分が多いので不安な思いがありましたが、そこに怖がらずチャレンジしてよかったと思います。

私もまだまだ発展途上の身です。 描いた時間は裏切らないと信じて、共に頑張っていけたらと思っております。