出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第31回 雛川まつり
  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第17回 足立 巡

プロフィール

第20回電撃イラスト大賞<金賞>を受賞。『放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い』(著/杉原智則、電撃文庫)のイラストを担当した。グラフィックデザイナーとしても活躍中。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
幼い頃から好きで、色々と描いてはいました。
デザイン等の仕事がしたいと決心して勉強しはじめたのが20歳くらいで、イラストに関しては本格的に始めたのは27、8歳頃だったと思います。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
第17回電撃イラスト大賞に応募したのがはじめての投稿です。
それ以降毎年応募していました。
質問
受賞作の課題文庫に『恋する鬼門のプロトコル』を選ばれた理由は?
回答
インパクトのある内容で、当時読んでいた文庫の中ではもっとも絵のイメージが沢山浮かんだ作品でした。
じゃあ描いてみようという風になり、自然と本作品を選択する形であったと記憶しています。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
会社員をやめてフリーのグラフィッカー、デザイナーとして開業したばかりの頃に仕事も少なく暇だった事もあって、以前から気になっていた電撃イラスト大賞を目標としてイラストを勉強しようと、ふと思い立ちました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
落選していた時期も含めた話になりますが、何かを始めたときにありがちな、簡単なものだと錯覚し実践してみては落胆するという愚行を繰り返して
何度も壁にぶち当たっていた様な気がします。
その際には基本的な部分に立ち戻ってみたり、美術関連の様々な分野の文献を漁ってみたりしました。
新たな発見が多いので、関係の無さそうな分野の本を読む事は今でもよくあります。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
1日2日でほとんど出来てしまったものもあれば、没原稿を重ねながら1週間くらいかかったものもありました。
最終的に提出したものは、割とスムーズに進められたものが多いと思います。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
各種雑誌に載っている第1次第2次選考の発表を、早朝のコンビニに確認しにいった時が一番ドキドキしていたと思います。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
完成したものの何かが気に入らなくてモヤモヤした絵を思い切ってたくさん没にしたことが、結果的に良作をそろえて応募する事に繋がったのかなと思います。
タイトなスケジュールの仕事としてならば良い策ではないかもしれませんが、ほぼ時間制限が無い中での作品づくりで、習作としての意味もありました。
現在振り返ってみると何故気に入らないのか、つまり駄作であったと分かりますが、当時の判断としてはそれで良かったと思います。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
可能な限りリラックスした環境で絵を描いたりアイデアを練ったりするよう心がけています。
そういったことを意識するようになってからは、仕事をする上で、慣れた取引先、慣れた会議室であっても家の机と比べると感性が働かないなと思う事が多々あります。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
まだまだ未熟者ではありますが、という前置きをしつつ、矩形の中の世界に限っては自分だけの独壇場、銘入りで表現しているので
良いものが出来た、商品化した、などの感慨深さといいますか、そういった喜びが、今までやってきた仕事に比べていくらか大きいと感じました。
その分評価に対する責任も大きいので、これからも腕を磨いていきたいと思っています。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
何かにチャレンジする上で、○度目のだとか、○歳までにだとかジンクスが気になってしまう事がありますが、自分自身を信じて挑戦する環境と姿勢を維持することができれば、必ず結果がついてくると、愚見で恐縮ですがそう思います。
特に絵をやっていこうと決意された方なら、作品づくりが無駄になる事はないと思いますので、是非是非頑張って取り組んで頂ければと思います、健闘を祈ります!