出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第22回 久杉トク

プロフィール

第18回電撃イラスト大賞<銀賞>を受賞。電撃文庫『乙女な王子と魔獣騎士』(著/柊 遊馬)のイラスト担当している。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
幼稚園の頃からです。その時はお絵かきクラブみたいなのに入っていました。
その後、姉や同級生などまわりに絵を描く人が多かったので、その人達の影響を受けつつ絵を続けて描いていたら今に至るという感じです。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
他の所では何個か賞をいただきました。
電撃大賞は初めての投稿になります。
質問
受賞作の課題文庫に『デュラララ!!』を選ばれた理由は?
回答
友人に貸してもらってとても面白かったので(その後自分で買いました)。
世界観が刺激的ですぐにハマりこんでしまいました。
キャラクターが魅力的なのもあって描きたくなったというのもあります。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
第18回電撃大賞の時のイラストが『バッカーノ!』で、『デュラララ!!』と同じ著者の成田良悟さんだということを知り、
そして『デュラララ!!』を読んでいたので出そうという流れになりました。
タイミングが良かったです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
心がけたことは、独りよがりにならないようにしようということです。
好きなように描くだけではうまくいかないと思ったので。
工夫したことは構図です。
構図によって迫力が変わってくるので気にしながら描いていました。
苦労したことは塗りです。
まとまりのある塗りにしようとするのに苦労しました。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
カラーは1枚1週間かけました。
モノクロは1枚2日かけました。
カラー、モノクロとも微調整含めの日数です。
あと、作業するときは1枚1枚完成させながらじゃなく、
線画なら線画を一気にまとめてやっていたので日数は1枚で計算したらこのくらいかなという日数です。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
発表はチェックしていました。
結果を待っている間は不安もありましたが、楽しみでした。
結果が出るまで受賞できるかなどうなのかな?
と日常の楽しみが一つ増えた感じでした。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
全力で描いたのでその想いが伝わったと思います。
あとは、受賞するにはどうしようかこうしようかと描き方を試行錯誤してたんで
それが良かったのかなと思います。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
キャラクター作りを大事にしています。
キャラクターはイラストの要な部分だと思っているので。
あとは面白いなと感じられる絵が描けますようにと普段から願っています。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
絵を見てくれる人が増えたときです。
本などで絵が表に出ることで、絵を見てくれる人が増えたと感じられた時「よかったな」と思いました。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
応募する時は自分のもてるものを全力で出して描いてください!
受賞できてもできなくてもやりきったことが自信になると思うので。絵も残りますし。
辛く感じる時もあるとは思いますが、それも修行だと思ってちょっと頑張りましょう。
ではお互い切磋琢磨していきましょう!