出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第31回 雛川まつり
  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第25回 どぶねずみ

プロフィール

第20回電撃イラスト大賞<20回記念特別賞>を受賞。魔法のiらんど単行本『13ゲーム ―そして、僕たちは殺しあった―』(著/日高由香)の表紙イラストを担当した。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
本格的に描き始めたのは高校に入ってからです。中学では自分がプログラム、友達が絵でゲームを作っていたのですが、彼に憧れて自分も絵を始めました。
大学では工業デザイン系の学科に入ったのですが、デザインを勉強しつつイラストの仕事もしたいと思い、その頃からネットでイラストを公開したり賞に応募したりし始めました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
第18回で応募しようとしたのですが締切りまでに描き切ることが出来ず、第19回で初応募して2次選考まで進みました。第20回で20回記念特別賞を頂いたという流れです。
当時は仕事のきっかけを探していたので、イラストSNSで募集されているイラストコンテストなどは他にも色々と投稿していました。
質問
受賞作の課題文庫に『キノの旅 the Beautiful World』を選ばれた理由は?
回答
思い入れのある作品のほうが描きやすいかと思い、ラノベを読み始めた時期から読み続けていて大好きな作品の「キノの旅」を選びました。
黒星紅白先生の絵に影響を受けていたというのもありますし、風景やメカを交えた絵で応募したかったので、テーマに合っていたというのもあります。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
ライトノベルの中でもとくに電撃文庫はよく読んでいたので、絵を描き始めた時期から電撃イラスト大賞は1つの目標でした。
また、持ち込みに比べて気軽に出すことができるイラストの賞が他の出版社ではあまりなかったということもあります。
20回に応募する頃にはSNSでのイラストコンテストもかなり増えていて、他にも応募はしていましたが、以前より目標にしていたことや、ラノベの編集部が直接行っていて仕事に結びつきやすいと思えたことなどから電撃大賞に一番力を入れていました。
質問
受賞作を描く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
当時としては、出来るだけ様々な絵柄を使い、様々なモチーフやテーマを描くように心がけました。
自分はどちらかと言えば、一点突破の魅力というよりは色々なものが描けることが強みだと思っていたので、それをアピール出来るように5枚のイラストのどれに何を盛り込むかを考えてテーマを分配していきました。
また、得意だったメカは出来るだけ多く入れるようにしつつ、苦手だった背景や男性キャラクターも入れるようにと考えていました。
といっても、実際には作業時間が足らなくなってしまい、一部は早く描けるものに途中で変更するなどしてなんとか間に合わせました。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
ラフや線画など各段階でファイルを残していたのですが、更新時間を見返すと合わせて19日間でした。
内訳は、オリジナルカラーに7日、オリジナルモノクロに合わせて6日、課題作品に合わせて4日、全体の微調整に最後の2日くらいのようです。
記憶では投稿前の1ヶ月はずっと作業していたつもりだったのですが、実際の記録が19日しか残っていないのでとんでもなくサボっていたようです。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
かなり頻繁にチェックしていました。各選考段階の結果発表の日は電撃大賞のHPを何度も更新したり、日付が変わってすぐ雑誌が買えるようにコンビニを何軒も回ったりした記憶があります。
選考が進むにつれて不安が大きくなっていったので、受賞の連絡を頂いた時は嬉しいというよりホッとした気持ちになりました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
選評を見返してみると、将来性に期待という言葉多くを頂いているので、将来性を感じられる絵だったのでしょうか……?
苦手なりにも色々なものに挑戦した姿勢が評価されたのかもしれません。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
変化がなくなると成長も止まってしまうと思っているので、常に新しい絵柄や技法を取り入れるように心がけています。逆に安定感がないのが不安ではありますが……
また、人体のパーツにしろメカにしろ、描く対象が好きにならないとうまく描けないと思うので、色々なモノに対してフェティッシュなこだわりを持てるよう、日頃から出来るだけ好きなモノを増やすようにしています。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
嬉しいと思うのは、読者やユーザーの方々の良い反応を目にした時ですね。ネット時代の人間なので、絵の中に隠していた小ネタに気付いてもらえた時や、自分の描いたキャラクターの二次創作を見かけた時はとても嬉しくなります。
仕事としてイラストを描き始めてよかったことは、1人で描いていたら絶対描かないようなテーマを描く機会があることや、趣味で描いているだけでは意識しないような高いレベルの人々がいることを知って刺激になることですね。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
正直、自分がこの賞を受賞できたのも、その後様々なお仕事を頂けたのも、タイミングなどの運の要素が強かったと思います。でも、運=チャンスなので、チャンスが巡ってきた時に活かせるかどうかはそれ以前の積み重ねやその後の努力次第です。
自分の場合は、第18回では5枚描き切れず、第19回では2次選考止まりでしたが、技術面でも、悔しさといった精神面でも、どちらもとても良い経験になりました。
結果にかかわらず、応募に向けて作品を作ることは決して無駄にならないので、ぜひとも頑張って応募してみてください!
そして、賞を頂いたとしても、それだけではまだチャンスを手にした段階です。そのチャンスを活かせるよう、私もこの先まだまだ頑張りますので、一緒に頑張っていきましょう!