出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第26回 竜徹

プロフィール

第18回電撃イラスト大賞<金賞>を受賞。電撃文庫『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』(著/宇野朴人)のイラストを担当中。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
中学生の頃から趣味程度にはちょこちょこ描いていましたが、本格的に描き始めたのは23歳の頃です。
周りに絵を描く人がいなかったので、休みの日にただひたすら一人で黙々と朝から晩まで描いていました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
キャラクターデザインのコンテストや、イラスト投稿サイトのコンテストに応募していくつか賞をいただきました。
電撃イラスト大賞は、4回目の投稿でなんとか賞をいただくことができました…!
回を重ねるごとに、1次、2次と選考に残れるようになってきたので、そこをモチベーションにして頑張りました。
質問
受賞作の課題文庫に『電波女と青春男』を選ばれた理由は?
回答
作品の内容に衝撃を受け、是非この魅力的なキャラを私なりに描いてみたいと思い選ばせていただきました。
私が描きたいと思っていたイラストの方向性とマッチしていたのも大きかったです。
良いイラストを描くには楽しんで描くのが一番だと思いますので、そう言う意味でも『電波女と青春男』にはかなり助けてもらいました。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
当時、幅広いジャンルのお仕事をしたいという目標を掲げており、なんとかトレーディングカード系のお仕事を頂けるようになったので、次はライトノベルでもお仕事を貰えるようになりたいと思い応募させていただきました。
質問
受賞作を描く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
審査員の方の目を引くようなイラストになるように心がけました。
没個性にならないように、迫力のある構図や、ぱっと見て目立つ色使い等、とにかく「おっ」と思わせられるようなイラストになるよう努めました。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
カラーとモノクロ合わせて20日くらいかかったと思います。
カラーはすんなり終わったのですが、モノクロのイラストは描き慣れていなかったので、塗り方を色々と試行錯誤して、その分カラーよりも時間がかかり苦労しました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
毎回チェックしておりました。
ただ4回目の時は自信があったので、多分受賞できるだろうという予感があり、過去落選した時に比べて落ち着いて結果を待つ事ができました。
実際に電話をもらった時は一気に気が動転しましたが(笑)。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
やはり構図と色使いが決め手だったと思います。
過去の落選から学び、私にしか描けないイラストを全面に出す事ができたので、全ては無駄ではなかったんだと報われる思いでした。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
変化を恐れず、新しい事にチャレンジすることです。
時には失敗することもありますが、その失敗を糧にどうすればもっと良くなるかを考えて、常に上を目指して行きたいです。
あとは楽しんで描いていれば、結果は自ずとついてくると思います!
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
商品化された時や、イラストがグッズ化されてそのサンプルを頂いた時など色々とありますが、一番は私のイラストのファンですと言われた時です。
私のイラストを知ってくれて、尚かつそれを好きと言ってもらえると、今まで描いてきて本当に良かったなとしみじみと感じます。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
審査員の目線で考えるのも一つの手だと思います。
自分のイラストに賞をあげるなら、どこが他の人よりも優れているだろうか、どこが魅力的だろうかと考えて、そこをさらに強調して伸ばしていけば、きっと心強い武器(個性)になるはずです。
壁にぶつかりどうしても描けない時もありますが、壁を越えると必ず成長できます。
私もまだまだ新しい事に挑戦して行きたいと思っていますので、一歩一歩歩みを止めずに一緒に頑張っていきましょう!