出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第27回 フライ

プロフィール

第20回電撃イラスト大賞<銀賞>を受賞。電撃文庫『いもーとらいふ』(著/入間人間)のイラストを担当。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
絵を描くことは小学生の頃から好きで、よく自由帳に落書きしていたのを覚えています。
本格的に絵を勉強しはじめたのは、高校生の頃です。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃イラスト大賞は今回が初めての応募でした。
質問
受賞作の課題文庫に『とらドラ!』を選ばれた理由は?
回答
応募を決めたとき、一番好きだった作品が『とらドラ!』だったので、課題文庫に選ばせていただきました。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
イラストの仕事をしたいと思っていたのですが、手段が分からず悩んでいたときにイラスト大賞の存在を知り、きっかけになればと思い応募を決めました。
質問
受賞作を描く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
世界観を表現できる絵を描くことを心がけていたと思います。
それ以外は、できる限り好きなものを、好きなように制作しました。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
はっきりとした時間は忘れてしまったのですが、カラーは1枚10時間ほどで、モノクロは7時間ほどだったかと思います。
構図や色に悩んだ絵については、もっと時間がかかっていたかもしれません。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
応募した後は、すっかりそのことを忘れてしまっていて…。
受賞のお電話をいただいたとき結果を知りました。
ちょうど寝起きだったので、電話を切った後に本当に今の合ってる? と不安になったことを覚えています(笑)。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
イラストを描くというのは、自分の好きなものを人に「伝える・共感」してもらう作業だと思っていて、審査員の先生方に「共感」してもらえたことが決め手だったのではないかと思っています。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
普段から絵を描く上で大事にしているのは「ストーリーを感じさせる」絵にすることです。
また、しっかり血が通っている「人間」を描きたいと思っていて、キャラクターの表情を一番大切にしています。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
絵を描くことで、色々な方に感謝の言葉をかけていただくことがあります。
最初は一人の世界で描いていた趣味だったものが、多くの方に見てもらえるだけでなく、感謝までしてもらえるのは、本当に幸せなことだと思います。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
とにかく、数をこなして、続けることが大切だと思っています。
一度チャレンジして駄目だったからと、やめてしまうのはとてももったいないことだと思うので。
私もまだまだ模索の日々ですが、一緒にがんばっていきましょう…!