出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第28回 麦春あやみ
(応募時「j-peg」より改名)

プロフィール

第22回電撃イラスト大賞《銀賞》を受賞。電撃文庫『狂気の沙汰もアイ次第』(著/神田夏生)のイラストを担当。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
子供の頃から絵を描くことが好きでプリントの裏に落書きしたり、好きな漫画や憧れているイラストレーターさんの絵を模写したり、小中学校では友達と交換漫画とかしてた気がします。
高校で美術部に入り油絵やデッサンを勉強したあと、デザイン科のある大学に進みました。
その頃は興味のある仕事がいくつかあったので、何かしらイラストやデザインに関する仕事ができれば良いなあと考えていました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
イラスト投稿サイトのコンペに参加した事があります。電撃イラスト大賞は初めての投稿でした。
質問
受賞作の課題文庫に『魔法科高校の劣等生』を選ばれた理由は?
回答
アニメから作品を知り、そのあと一気に原作を買いました。
もともとファンタジーやSFが好きだったのもあり、とても面白くどのキャラクターたちも素敵で格好良かったのでその世界観を上手く表現できるのか不安でしたが、恐れ多くも選ばせていただきました。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
ライトノベルイラストのお仕事をさせていただきたい! と思っていたのと、1次審査を通過すると選評がいただけるとのことで、編集さんや第一線で活躍されている先生達の目に自分のイラストがどのように映るのかを知ることによって、自分のイラストを見直す良い機会だと思い応募させていただきました。
質問
受賞作を描く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
カラーは画面が汚く見えないようになるべく自分らしさ感じる色合いになるように試行錯誤しました。
また、カラーモノクロともにその場の空気感や、キャラクターひとりひとりに個性が感じられるように微妙な表情などにも気を使いました。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
1日の制作時間がバラバラですが、全部で半月程だったかと思います。
まず構図とラフを5枚すべて終わらせてから線画、カラー仕上げと進めました。
構図決め、ラフで試行錯誤したので一番作業時間が長く感じたにもかかわらず全体の作業自体はあまり進んでいなくてもどかしかったですが、構図が決まってしまえば早く完成させたものが見たい! と自然に手が動きました。
質問
応募したあと、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
毎回チェックしていました。1次通過者発表の時に、自分の名前を見つけたあとが何故か一番ドキドキしていたのを覚えています。そのあとはドキドキしつつもあまり気にし過ぎも良くないと思い、なるようになれという気持ちで過ごしていました。受賞のご連絡をいただいた時はとても嬉しかったですが、それよりもホッとした気持ちの方が大きかったです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
カラーの色使いを評価頂いていたので、そこかなと思いました。
特にオリジナルイラストの色使いは私自身も気に入っていたのでとても嬉しかったです。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
キャラクターの微妙な表情の違いを描けるように考えたり、空間の空気感をできるだけ感じれるように気をつけています。
カラーの場合は、色が汚く見えないように配色に気をつけたりと、試行錯誤しながら描いています。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
イラストの感想をいただいた時や、デザインしたキャラクターをお気に入りだと言っていただいたりした時はとても嬉しいです。
あとは描かせていただいたイラストが実際の商品になると、とても感動します。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
自分にはどうせ無理だ、他に上手い人が沢山いるし……という考えで応募をためらっている方がいるならとてももったいないなと思います。
まわりに上手な人が沢山いるからこそ自分はここにいますよ、という意思表示は第一歩としてとても大切なことだと思います。目の前にあるチャンスは片っ端から掴んでいく、結果が思うようにいかなくてもその過程で必ず自分のプラスとして返ってくるものがあると信じています。
結果が思わしくなかったあとのことはその時に考えましょう。
まずは難しく考え過ぎないで出せる力を出し切って楽しみながらイラストを描いていきましょう!
唯一自分にしか表現できない良さがきっとあると思います。頑張って下さい!