出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第29回 藤実なんな
(応募時「nanna」より改名)

プロフィール

第21回電撃イラスト大賞《銀賞》を受賞。つばさ文庫『おともだちにはヒミツがあります!』(著/みずのまい)のイラストを担当。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
かなり小さい頃から絵を描くことは好きだったんですが、絵を描く仕事がしたい! と思ったのは小学生の時でした。
友達と漫画を描いてみたりとか、ネットが使えるようになってからは、当時流行っていた交流系のお絵かき掲示板に、マウスで頑張って描いて投稿したりしてました(笑)。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
第21回電撃イラスト大賞が初めてです。
第20回の電撃イラスト大賞に応募しようとしていたんですが、のんびりしていたら投稿できずじまいでした……。
質問
受賞作の課題文庫に『バッカーノ!』を選ばれた理由は?
回答
わたしが初めて読んだライトノベルで、お話も非常に面白くて引き込まれて、イラストもカッコよくて綺麗で、わくわくする大好きな作品だからです。
『バッカーノ!』を読んで、いつかわたしもこんな仕事やってみたい! と思いました。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
きっかけや理由はいくつかあるんですが、わたしが第20回に投稿できなかったあと、知り合いのイラストレーターさんが第20回で受賞されて、わたしもちゃんと第21回でがんばってみよう、と思ったのがひとつです。
ほか、ひとつ前の質問の理由で、もともとライトノベルの仕事がしてみたかったのもあり、そのきっかけになればと思っていました。
あとは単純に、自分のイラストでどのぐらいの評価がもらえるのか腕試し、みたいなところもあったと思います。
質問
受賞作を描く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
うっすらしか覚えていないんですが、当時は自分なりに、同じような構図ばかりにならないようにしようとか、絵の幅をみてもらえるように描いていたような気がします。
モノクロのイラストをちゃんと描くのが初めてだったので、そこはかなり苦戦していました。
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
これもうっすらしか覚えてないのできっちりした時間は覚えてないんですが、学校やバイトの合間を縫って一週間に数日、数時間、ちまちまと進めていたように思います。
全部用意するのに1ヶ月かからなかったぐらいでしょうか……。
質問
応募したあと、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
ちょこっとチェックしていました。
当時は学校とバイトで毎日めまぐるしかったので応募から発表まで結構あっという間で、受賞の電話をもらったあとも嬉しい半面あんまり実感がわかなくて、数日経ってから、「あっ、もしかしてすごいかも!」と思いました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
今にして思うと、なんででしょう……。努力や熱意が伝わった……と思いたいですね。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
仕事で描く絵は、見ている人が楽しくなったり、感動したり共感したり、心のどこかでちょっとひっかかるようなイラストを描くこと。見ている側のこと考えながら描きます。
趣味の絵は、ただひたすら自分が楽しんで描いちゃいます。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
自分が楽しいことと、作ったものに対して嬉しい反応がもらえることです。
絵を描くことは自分にとって仕事や勉強ではあるんですが、同時に自分の好きなことの延長でもあるので、こんな楽しいことを毎日させてもらって、おいしいごはんが食べられて、あったかい布団で寝られて、さらにわたしの絵を見てくれてる人にも喜んでもらえてたりするなんて、なんて幸せな仕事なんだろうなあと思います。
あとは、締め切りに追われることで自分の生活も引き締まるところですね。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
自分が評価する側ならどんなイラストを選ぶかな? と一歩引いて、そんなことをちょっとだけ考えながら描いてみるとよいかと思います!
あんまり考えすぎるとしんどくなってきて、楽しくないのが絵に出ちゃうので、自分の良いと思うものを、楽しく描くことができれば一番かもしれません。
がんばってください!