出身イラストレーターインタビュー

ここでは、電撃イラスト大賞を受賞し、文庫のイラストを担当するようになったイラストレーターさんに突撃インタビューを行います! あの文庫を担当したイラストレーターさんがどのようにして受賞し、デビューしたのか? 貴重な経験を聞いて、プロイラストレーターへの第一歩につなげよう!

  • 第31回 雛川まつり
  • 第30回 いぬまち
  • 第29回 藤実なんな
  • 第28回 麦春あやみ
  • 第27回 フライ
  • 第26回 竜徹
  • 第25回 どぶねずみ
  • 第24回 西ノ田
  • 第23回 keepout
  • 第22回 久杉トク
  • 第21回 U35
  • 第20回 岡谷
  • 第19回 Minoru
  • 第18回 赤岸K
  • 第17回 足立 巡
  • 第16回 一色 箱
  • 第15回 新堂みやび
  • 第14回 梨々子
  • 第13回 田上俊介
  • 第12回 zpolice
  • 第11回 霜月えいと
  • 第10回 三村勇貴
  • 第9回 古夏からす
  • 第8回 富岡二郎
  • 第7回 七葉なば
  • 第6回 黒銀
  • 第5回 桶谷 完
  • 第4回 村松加奈子
  • 第3回 真早
  • 第2回 椎名 優
  • 第1回 川原 礫

第31回 雛川まつり
(応募時「ひかわ」より改名)

プロフィール

第22回電撃イラスト大賞《金賞》を受賞。メディアワークス文庫『スイーツ刑事 ウェディングケーキ殺人事件』(著/大平しおり)のイラストを担当。

質問
絵を描き始めたのはいつ頃からですか?
回答
幼い頃からお絵かきがとても好きでした。お人形遊びをしていた頃、同じことを紙の上でもやってよく遊びました。喋りながら登場人物を描き足して物語を進めていくので、シーンが変わるごとに何度も何度も描いていました。母が絵本を沢山買ってくれていたので、絵や物語が身近だったことが大きかったのかなと思います。
絵について専門的に勉強したことはありませんが、私にとって絵を描くことが何よりの息抜きだったので、これまで描き続けてきました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃イラスト大賞に応募する1年ほど前、イメージキャラクターを募集するコンペに投稿して賞を頂いたことがあります。その後は、電撃イラスト大賞に応募したのと同じ年に2回ほど投稿しました。その内、児童向け小説に関するイラストコンテストで評価していただきました。
質問
受賞作の課題文庫に『キノの旅』を選ばれた理由は?
回答
大好きな作品だからです。学生時代『朝読』の時間にいつも読んでいました。この作品に触れると当時のことも思い出します。
質問
電撃イラスト大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
存在自体は以前から知っていましたが、ネットで目にしたのがきっかけです。いつか絵本を作ってみたいというぼんやりした夢があり、そのための手段として絵本のコンペを眺めていた時です。絵本と共にイラストのお仕事への憧れもずっとあったものの、なかなか行動に移せていなかったので、この機に挑戦してみようと急いで取り掛かりました。
質問
受賞作を描く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
見た人の視線を少しでも長く留めることができるような物語性と、キャラクターが喋っているイメージが沸くような活き活きした作品を目指しました。そうすると自分自身とても楽しく描くことができました。何より楽しく描くことが一番だと思います……!
質問
受賞作を描く際にカラー、モノクロそれぞれどれぐらい時間をかけましたか?
回答
締め切りまで日がなく必死だったのでよく覚えていませんが、使える時間をフルに使い1週間ほどで作成しました。描きたいものがすぐにイメージできたので、勢いでラフを5枚作製し、3日ほどかけてペン入れをしました。オリジナル作品のカラーには少々悩みましたが、それも含めて楽しめました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
あまり結果を気にしないでおこうと思っていたのですが、2次の発表時点で自分の名前を見つけた時は暫くポカンとして、じわじわと安堵感が広がったのを思えています。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
活き活きとしたキャラクターと躍動感について多く評価いただいたので、とにかく楽しんで描いたことだと思います。
質問
イラストを描く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
映像の一部を切り取ったような、一瞬を写真に撮った時のような自然さを描くことが目標です。1枚のイラストの中に物語を想像したり、キャラクターの性格などを予想してもらえた時はとても嬉しいです。
質問
イラストレーターになってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
携わった作品が形となり、多くの方に見ていただけることに感動します。
現在メディアワークス文庫にて情報チラシの表紙を担当させていただいているのですが、「チラシのために毎月文庫購入しています」と言って下さった方がいました。「新しい作品に触れる機会になった」と喜んでもらえたことも嬉しく、人と作品を繋ぐお手伝いができたのだと思える瞬間でした。
文庫のカバーイラスト等においては、任せていただいた責任と喜びをしみじみと感じます。キャラクターのデザインや、物語の世界観を一枚のイラストにどう表現するかと考える時間は楽しく、とても幸せです。
質問
最後に、これから電撃イラスト大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
あまり考えすぎず、気楽に取り組むのが良いのではないでしょうか。そして、得意分野を活かせるイラストを探るのはいかがでしょう。私自身まだまだ探り中ではありますが、好きな物の魅力をいかに相手に伝えるかなども考えてみると、自然と手が動くかもしれません……!