出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第2回 和ヶ原聡司

プロフィール

『はたらく魔王さま!』にて第17回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞しデビュー。現在は電撃文庫にて『はたらく魔王さま!』の続刊を展開中。また、同作品のコミックが月刊コミック電撃大王にて好評連載中。

はたらく魔王さま!
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
きちんとした形で書き始めたのは大学生の頃。受賞する六年前くらいからです。当時大好きだったゲームの二次創作小説HPを運営することから始まりました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
受賞した第17回電撃大賞が小説賞初投稿でした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
かつて芝居の世界に身を置いていたのですが、役者としての能力に限界が見え始め、それでも何とか表現の世界で生きていきたいと思い、脚本や小説などの文章方面からアプローチをしようと思ったのが直接のきっかけでした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
一番最初に概念として浮かび上がったのは『職種は正義なのに主人公から見ると敵のレギュラーキャラ』でした。それに対抗する形で『職種は悪なのに読者から純粋に愛される主人公』が成立しています。その二人が織りなす明るいお話を作りたい、というのが出発点。そういう意味で、着想の最も根源的な部分で、私は『ルパン三世』に多大な影響を受けています。
実は勇者エミリアの最も原始的なモデルは、ルパン三世の銭形警部なのです(笑)。
ご好評をいただいている仕事の描写は、実際に自分が働いたり、芝居時代の友人や職場の仲間に取材したことが元になっているのですが、当初の仕事シーンは浮かび上がったキャラクターの人物像に深みと親しみを持たせるための後付けでした。
リアルな日常生活を構成する要素の一つとして『働く時間』があった、という方が正解で、着想の本当に初っ端は今ほどこだわりがあったわけではありません。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
ただ着想の段階で考えていなくても、描きたいと思ったキャラクターが舞台となるリアルな日本から浮かび上がらないようにするため、すぐに労働環境を含めたリアルな日常生活全 般を作品に盛り込む必要に迫られました。
その中で自分が触れたことの無い仕事(ファーストフード店で働いたこと無いんです実は)や、女性のリアルな日常生活環境を描くに当たり、想像だけに頼っては他の部分とリアル度で齟齬が生じると考え、多くの友人、関係各位に取材のご協力をいただきました。海の物とも山の物ともしれぬ応募原稿の段階で協力してくださった皆様には深く感謝しております。 
工夫と言うほどではありませんが、作中ではなにかと主人公たちの質素な生活が強調されています。その際、故意に面白おかしく貧乏を強調してデフォルメするのではなく、あくまで「これくらいの収入ならこれくらいの生活ができて、ここに更なる節約の余地がある」という客観的な基準で行動を決めるよう心掛けていました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
一次選考も抜けるはずがないと逆の意味でタカをくくっていたため、一次を抜けたことを選考結果が出た数日後の友人からの電話で初めて知りました。
それからはもう、どうせ次で落ちるという落胆に備えてのネガティブな妄想と、もし受賞したらの妄想を繰り返す毎日。電撃のホームページが更新される毎月10日はネガティブとポジティブが心の中でぐちゃぐちゃになって生きた心地がしませんでした。
一方で自分の名前と作品名が掲載されている電撃媒体を、同じ段階の選考結果しか載っていないと分かっていても全て購入し、自分のところに赤線を引いたりしてまたポジティブとネガティブの妄想を繰り返したりしていました。それらの雑誌は今でも大切な宝物です。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
そこまでやらんでも、というレベルで『リアルな生活』を丁寧に観察して物語に反映させた結果かと思います。
今でも担当編集さんとの打ち合わせの中で『異世界の魔王や勇者が、日本のリアルで倹しい生活を送っているギャップを出してこそ』と言っていただくことがあります。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
芝居からも離れ気味な上に収入も定かでないまるで先の見えない時期。
ある日の事、不摂生から食中毒を起こしてしまいました。朦朧とする意識の中、救急車呼んでも今の全財産じゃ医療費も払えない、明日出勤だから医者行けない、医者にも行けないこんな人生じゃなどと、精神的にどん底まで落ちていた日がありました。
その翌日に、痛む腹を抱えての出勤中に着信したのが、AMWからの最終選考に残ったとの電話でした。まさしくたった一日で完全に天地がひっくり返りました。
その日の職場の日めくりカレンダーの一言標語みたいな欄が『積み重ねてきた努力は必ず報われる』だったことはとても印象的でした。小説賞への応募こそしませんでしたが、何だかんだで六年間物語を書き続けていたのが報われたということだと解釈しています。
でもそれはそれとして、あまりの状況の転変ぶりに気持ちは全く追いつけず、実際に編集部にお邪魔して担当編集さんにお会いするまで、本気で幻覚を見てるとか、大がかりなドッキリ食らっているのではないかと、一人で勝手に神経をすり減らしてしまいました。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
一作目と変わらぬクオリティを維持した『続編』を作らなければならないプレッシャーと難しさは想像以上のものでした。他にもデビュー前までは意識もしなかった『締め切り』の厳しさを知ったり、読者の方から厳しい意見を頂戴したりと大変なことは沢山ありますが、そういったことを大変だと思えること自体がとても贅沢で楽しいことのように思います。
もちろん一作一章一行一文字を書くことの楽しさは、デビュー前も後も変わりません。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
読者の方が働いて稼いだお金で、私の小説を購入していただき、それを印税収入として戴いているプロを名乗る以上、自分から自著を『拙著』『拙作』と表現することの無いよう心掛けて書く。これに尽きます。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
小説を書いているときです。
大勢の人に書くことを望まれて文章を書けることほど嬉しいことはありません。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
小説への取り組み方は一人一人違います。心構えだって違います。環境だって違います。
ですが、小説家となった暁には、ベストセラー作家も新人も関係なく、誰もが必ず通るステップがあります。
それは、自分の作品が自分以外の誰かに読まれる、ということです。当たり前のことのようですが、これはとても重要なことです。
自分の小説が面白いのかどうか不安になってしまったら、是非身近な家族、友人の誰かに完成した作品を読んでもらって、正直な感想をもらって下さい。
自分以外のセンスを持った人間が自分の作品を読むというのは、作品にとっても作家にとっても大きな成長の糧になります。自分が自信たっぷりに書いたところが否定されるかもしれない。でも、自分がそれほどいいと思わなかったところが他の人には良く見えるかもしれない。人に読んでもらうとそんなことはしょっちゅうあります。
身近な人に自分の小説を見せることは、とても勇気のいることとは思います。
ですが、デビューしてしまえば、家族友人親戚同僚その上全く見知らぬ日本中の電撃文庫ファンが、こぞってあなたの本を買うことになるのです。
早いうちから他人の評価に晒されることに慣れておくと、好意的な感想をもらっても、否定的な感想をもらっても、それを自分の中で咀嚼して以降の創作に対してより真摯に取り組む姿勢が出来上がります。
その中で、読者が求める面白いものと自分の描きたいことをうまく織り交ぜた自分だけのバランスを見つけて、また小説に取り組めば、絶対に前よりも進歩した作品が仕上がるはずです。
各選考を担当するのは、プロの編集者です。最終審査は多様な業界のプロが行います。ですが、最後に皆さんの作品を読むのは、プロでもなんでもない、沢山の本の中からあなたの本を選んで購入してくださる大勢の読者です。そしてその中には、あなたが応募前に勇気を振り絞って原稿を見せた誰かが必ずいます。その読者のことを忘れずに物語を作れば、プロには必ず通じます。