出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第3回 水瀬葉月

プロフィール

『結界師のフーガ』にて第10回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉を受賞しデビュー。その後も電撃文庫を舞台に活躍。現在はTVアニメ化もされた『C3 -シーキューブ-』シリーズを展開中。

C3 -シーキューブ-
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校二年生のときです。夏休みの間に暇を使って書いたような気が。勿論手書きで、大学ノートに縦線を引いて方眼紙っぽくしたものに書くというセコさいじらしさです。なんでそこまで覚えているかというと実物が実はまだ我が家の極秘エリアに保管されているからで、もし水瀬家を訪れた際には「ここかなー?」とか探していただけると全力で土下座する水瀬葉月という珍しいものが見られますので勘弁してください。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
全部で七、八本ですかね。大学に入ってPCを手に入れてからは、年一ぐらいのペースで書きあげて、〆切の近いところに送る、という繰り返しでした。万年一次落ちだったのですが、電撃の第9回(つまり受賞の一年前)で初めて一次に残ったかと思えば二次も通ってしまって、こりゃいけるかもと勘違いして次の年に四本まとめてドバッと電撃に送りました。そのうちの一本が受賞作です。ちなみに九回のときに一次選考結果で自作のすぐ下にあった作品を勝手に仮想ライバルに設定して「よーしこいつには勝つぞ」とか身の程知らずに思ってたんですが勿論ルナムンのほうが面白かったという話ですよ藤原さん。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
単純に、そのころ好きな作品がいっぱい電撃から出ていたというだけだと思います。上にも書きましたが、第9回でちょっと引っかかった後は「電撃とは相性がいい! 次はいける気がする!」ともう他のところには目もくれませんでした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
その前年のナイナイの年末特番で「暗い夜の湖に赤い鳥居だけが立ち並んでいる」みたいな画面が映って、そこでぼんやりと「ああ、和風ものも神秘的でいいなー」とか思ってたのがきっかけといえばきっかけです。他の三本を書いた後、二週間ほど〆切まで間があったので「せっかくだしもう一本何か書いて送ろっかなー」とか考えていたときにそれを思い出して和風伝奇モノでいくことにしたという。題材に結界を選んだのは、なんでだったかな……(黙考中)……あっ、なんか昔にスゲェカッコイイ結界の張り方をしたアニメを見てて、それが心に残ってたからだった気がする! ググります。……わ、わかった、幽幻怪社だ!
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
「ちゃんと書く」ことです。日本語やら文章やら構成やらを崩して、それを味にできるような作風でもなかったので。工夫したのは……七日間の話での七章構成、それぞれ言葉遊びのダブルミーニングを入れる、とか。そういう、かっちりとした「実は……」の演出、みたいなことですかね。苦労したのはその最初のプロット作りです。あんまり時間的余裕がなかったので。最初の数日で話を作って、実際の執筆は10日くらいでやったのかな……今だと無理な気がする!
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
していました。一次は四本中の三本が残っていたので、去年より確率三倍! いける! とか単純計算にドキドキしながら待ってました。で、確か、二次以降の経過を見るより早く「最終選考に残った」という連絡を貰ったので「いきなりかよ!」と嬉しくも驚いた記憶が。なのでひとしきり呼吸困難になりながら電話で受け答えした挙句「で、僕、三本残ってたはずなんですけど、そのうちのどれが……?」と聞いて、そこで初めて「逃がし屋」(刊行時タイトル『結界師のフーガ』)だと知ったのです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
正直、わかりません! でも後に審査員の方々のコメントとかを読まさせてもらうと、なんとなく、自分で心がけていた「ちゃんと書いた」部分や、「実は……」の部分は評価してもらったのかなという気がします。まあそれでもまだ猛烈にいろいろなものが不足していて、だからこその奨励賞という結果だったと思いますが。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
大学院の卒業、就職と同時だったので、なんだかえらくドタバタしていました。受賞作のゲラは、授賞式の出席のために取ってもらったホテルで式の前後を使って徹夜してやってたのを思い出します。あと、式の翌日あたりに雨宮さんと一緒に受けた「電撃hp」のインタビューが録音されてなくてさらに翌日にやり直しになったりもしたな……。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
二作目ぐらいまではゲーム会社の新入社員でもあったので、時間的なものが大変でした。計算してみたら一週間の合計睡眠時間が七時間だったり。これで正社員になったらどうなってしまうんだ……ということでわずか三ヵ月で兼業作家生活は終わりを告げます。怖いもの知らずにも程があると今では思いますけれど。楽しかったことは……あえて基本的なことを言いますが、毎回の執筆ですかね! 自分が好きなキャラを書いて好きに動かしてるんですから、楽しくないわけがないと。難しいシーンとかを上手く書けたときはさらに。まあ〆切間際とか上手く書けないときとか、辛いこともたくさんありますが……。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
気を抜くとつい「書きすぎる」癖があるような気がするので、あまりゴテゴテした文章にならないようにしています。文章も分量(ページ数)も太りやすいというか……場合によっては意図的に文章のカロリーを増やすこともありますけども。語らず語る、みたいな部分をもっと上手くできるようになりたいなあ、といつも思っています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
雪が降っていても通勤しなくていい、今日みたいなとき(本気)! あとは勿論、読んでくださった読者の方からファンレターをいただいたりするときです。今まで貰ったものは全部大事に保管してあります。夢として「自分の本が買われていくのをこの目で見る」というのもあるのですが、それはまだ未体験……。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
応募原稿の体裁等については、黙って渡瀬草一郎さんとこのサイトに行って執筆支援室を読めと言わざるをえない! 自分もここを読んで応募しました。せっかくの力作も、読みにくかったりルール違反で失格になったりすると勿体ないですよ。中身についてですが、「この作品のウリは(あるいは自分のウリは)ココ!」というところがはっきり伝わる原稿であればあるほどいいと思います。プロになった後でも求められるのはそういう原稿だと思いますから。応募の段階では市場の流行とかあんまり気にせず、とにかく自分自身の持つ「好き」を全力で込めた原稿を送ってみればいいんじゃないでしょうか。たぶん編集部は「これから流行を作れる」ようなものをこそ待っているはずです。