出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第4回 蒼山サグ

プロフィール

『ロウきゅーぶ!』にて第15回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞しデビュー。同作はTVアニメをはじめコミックやゲームなどメディアミックスされる人気作に。現在もシリーズ展開中。

ロウきゅーぶ!
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
大学を卒業し、自分の将来に行き詰まりを感じていた頃、ある種の逃避として書き始めました。その当時の、『創作世界の中ではせめて楽しくありたい』という初期衝動は、今でも自分の書き手としての核たる部分に根付いていると思います。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
他社の賞に二度投稿し、どちらも一次落ち。その後いったんは二次創作で自主練を積み、後述のお遍路期間を経て第15回電撃小説大賞に応募しました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
書き始めた当初は最高峰たる電撃は畏れ多い、という感覚がありましたが。本音として自分がデビューしたいのはどのレーベルなのか再考した結果、たとえ時間がかかっても電撃一本で挑戦し続けるのが正解だろうと判断しました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
『ロウきゅーぶ!』の構想は、若気の至りで四国を歩き遍路をしている最中に思いつきました。夜の大半を野宿で過ごしたのであまりにも孤独感が強く、不安が押し寄せてきたので、とにかく楽しいことを考えて自我を保とうと毎日足掻いておりました。その結果、五人の小学生女子という『癒やし』の象徴たる存在に意識が向いたのは当然の帰結であったと回顧します。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
苦労したのはやはり枚数を規定内に収めることです。ただ、やや短めな分量にどうにかして詰め込もうと試行錯誤する過程こそ、ストーリーにメリハリを付け、何が根幹で何が枝葉なのかを客観的に見つめる力を育ててくれたのかなという気がしますので、重視されて然るべき課題なのでは、という気もしました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
最終選考に残った旨を伺うまで全ての発表をチェックしておりました。選考当日はもう本当に生きた心地がしていなくて、電話を下さった担当編集さんに『話を引き延ばすと卒倒してしまいそうだからすぐ結果言いますね』と心配されたほどです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
真面目に運だと思います。ですので一度きりの結果に囚われすぎず、何度も挑戦することが大事かな、と。ただその一方で、自分の書いたものに対して客観的になれるかどうか、という能力も非常に大事だと思いますので、結果が伴わなかった場合はどこが悪かったのかしっかり敗因分析することも、未来のための糧になるのではないでしょうか。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
担当編集さんがなにかと面白い方で、良い意味でも悪い意味でもたくさん勉強させて頂きました。その辺のエピソードは拙著のあとがきにも記しておりますので、もしご興味を持って頂けるようであれば、手にとって下さると嬉しい限りです(笑)
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
当然の話ではありますが、仕事になった以上調子が悪いから今日は書かない、ということを繰り返してものちのち自分の首を絞めることにしかならず、常に仕事しなきゃ、という切迫感が付きまとってしまうのは精神的に大変な要素ではあります。しかしながら、そんな辛さは書き上げたときの開放感でチャラになりますので、大局的には楽しいことばかりです。なかでも特に、個性的なたくさんの方たちと知り合い、お話ができる機会を多く得られることが、この業種ならではの喜びだと感じております。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
小学生の最高感においては、常に求道者で在り続けたいと考えております。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
仕事場所を問わないので、旅行しながらでも作業が出来ることでしょうか。
実際に旅行中仕事するかどうかは別問題ですが。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
何か一つ、自分ならではの武器を手に入れることが肝要だと思います。
かく言う自分もまだまだ駆け出しの身ですので、新しいパワーを持った方々からどんどん刺激を受け、共に精進していければ嬉しいです。