出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第5回 成田良悟

プロフィール

『バッカーノ!』にて第9回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞しデビュー。同作のシリーズほか『デュラララ!!』『ヴぁんぷ!』『越佐大橋』の各シリーズなど著作多数。『デュラララ!!』『バッカーノ!』はアニメ化もされ人気を博している。

デュラララ
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
TRPGやPBM※などでキャラクターを造ったり、それを動かす文章を書いたりという事はしていたのですが、長編として小説らしい小説を初めて書いたのは、大学3年から4年にかけての春休みです。はい、就職活動真っ盛りの時期です。ゼミの友人達は続々と大手企業に就職が決まっているのに、私だけ決まっていない、これは就職浪人コースかと焦りはじめた時、ちょうど電撃文庫の賞の応募締め切りが近いと知りまして……。

※TRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム):ゲーム機などを使わず に、参加者による会話によって楽しむロールプレイングゲーム。
PBM(プレイバイメール):多人数が郵便を用いて楽しむゲーム。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
「電撃hp」に応募しようと短編を書こうとしたら、全然規定枚数に収まらなくて無理矢理削ったのを送り見事に落選しました。そして、上の質問で答えた時期に、家族と大学には『就職活動してます』と誤魔化しつつ長編を書こうと決意し、2週間で無理矢理書き上げた初長編を投稿した結果、金賞を頂く事ができた形となります。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
純粋に電撃文庫で出ていた作品をいくつも拝読していたという事と、〆切が4月10日というのを見て『これだ!』と思った事が重なり、一気に書き上げて投稿した形となります。それに間に合わなかったら、次に〆切が近かった富士見ミステリー文庫さんに投稿させて頂くつもりでした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
ギャング映画などが大好きだったので、それとファンタジーを組み合わせた作品をやりたいなというノリだったと思います。最初のアイディアは完成品と全く違うものでした。エニス(『バッカーノ!』のヒロイン)、最初は敵の使い魔のサキュバスって設定でしたからね。そんなサキュバスに一目惚れした主人公が、悪の魔法使いをギャングによる数の暴力で無理矢理倒して彼女を奪うという身も蓋もない話だったと思います。なのに書き始めて2週間経ったら『バッカーノ!』が出来上がっていたという不思議ミステリーです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
自分自身が1930年代のニューヨークにいける筈もないので、とにかく昼は図書館に通って資料を漁り、夜は家で執筆、という事の繰り返しでした。『異世界を1から造るのは、言語や文化、経済まで設定しないといけないだろう』という思いが当時からあって、そんな事は自分には無理だと判断し、『そうだ、実在の街なら、資料を調べるだけでいいじゃあないか! 取材するだけでいいだなんて、これは楽だ!』と短絡的な結論に到ったわけです。取材や資料漁りの大変さを知らない愚か者の考えです。しかも、結局授賞式の時に審査員の先生に『読んでて思ったけど、君、資料とかで調べただけで、実際にNY行ったことないでしょう』と指摘されてしまったという恥ずかしい思い出があります。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
『受かるわけないよな。今回は、ほら、雰囲気を掴む為の実験? そう実験って奴だよ』と、落ちた時のショックを和らげる言い訳をしつつも、心の奥底では『ある日突然編集部から電話が来て、「おめでとう。デビューが決まりました」とか言われたらどうするよ俺! ブヒャヒャヒャヒャ』と気持ち悪い妄想をしたりしてました。
そして、一次選考通過の結果、『バッカーノ!』のタイトルと共に自分の名前が「電撃hp」に載っているのを確認した瞬間、本屋で「おひょっ」と気持ち悪い声を上げたような記憶があります。下高井戸駅の2階にある本屋で買ったという事までハッキリ覚えています。
「やったー、これで、親に『見てよ、一次選考通過はできたんだから、あと1年小説を書く時間をくれ!』と交渉の材料にする事ができる! 就職活動しなくて済む!」と、親に苦労かける気満々という最低な事を考えながら小躍りしていると――ある日、知らない電話番号から携帯に着信がありました。
「もしもし。電撃文庫の●●と申します」
おかしい。なんのドッキリだ? 電撃に応募したって事は5人ぐらいにしか言ってない筈だが、誰の差し金だ?
しかし、どうやら相手は本物のようです。この時点で一瞬頭が真っ白になった後、私は自分の妄想してきた「デビュー」という単語が頭を過ぎり、嬉しさに叫びそうになりました。
が、次の瞬間――
「あなたの原稿、印刷方向を縦横間違えてて読み辛くて審査員の先生方に渡せないから、文書データをメールで送って貰えませんか。こちらで印刷しますんで」
と言われてしまい、大恥を掻くことになるのですが。
ちなみに『審査員の先生に見せる=最終選考に残った』という事実に気付いた時にも奇声を発したような覚えがありますが、もう頭が真っ白で覚えてません。そして更に数週間後――(以下略)
……というように、この質問だけ無駄に長々と答えられるほど、当時の事はハッキリと覚えています。とにかく、人生で一番、運命や自分自身に対して『期待』をしていた時期だと思います。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
いやそれが自分でも良く解らないのです。ぶっちゃけ、この質問は、私よりも審査員の先生方の意見を見た方が良いと思います。わお、なんと電撃大賞のHP内に審査員の方々の選評も載っているではありませんか!!
http://archive.asciimw.jp/award/taisyo/09/09novel3.php
……という見え見えの誤魔化しでなんとか手を打って頂ければという事で一つ。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
実際にデビューが決まった大学4年の半ば、単位の関係で卒業がかなり危なかった私は、当時の担当である鈴木編集長(現在はAMW取締役)に『卒業するまで一切小説は書くな』と釘を刺されまして……。ある意味、小説を書きたいが為に諦めかけていた単位を頑張って取得した形になりました。
しかし、卒業後に書き始めては、本が出るのは早くともデビューの半年後です。名も無い新人が6ヶ月も間を空けては忘れられてしまう!と焦った私は、「バッカーノ!1931」が分冊になると言われた時、『……1ヶ月以内に『1932』を書けば、3ヶ月連続刊行って可能ですか……?』と無茶な事を担当さんに聞いた記憶があります。そう、3ヶ月連続で出せば、そこそこ話題になるかもしれないし、少なくとも『遅筆』というレッテルは貼られなくなるのではないかと考えたのです。なんと浅はかなマーケティングなんだと、今思うと頭がクラクラしますが――よく考えたら今でもそれ以外のマーケティングなど思いつかないので、どうやら私の頭はマーケティングとかそういう方向には向いていないようです。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
大変な事は、〆切に追われている間は、毎日が夏休みの8月31日状態だと言う事です。当然ながら私は宿題を終えていないタイプの子供でした。一方、〆切に追われていない間は毎日が夏休みの7月前半状態ですので、その開放感が楽しい事だと言えると思います。
書き終わった瞬間は、『自由だぁー! わあい、新作のアイディアが湯水のように溢れてくるぞー!』と歓喜に転げ回り、〆切が近くなると『新作とか書いてる暇ねえー!』と苦しむ事になるのですが――ぶっちゃけこれは私の計画性がないだけで、作家がみんなそうだというわけではありませんので誤解の無きよう……!!
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
昔、ある作家の方が「資料をしっかり調べれば、自分の文章に自信を持つことができる。堂々と書ける」と読者投稿冊子の中でおっしゃっておられて、事前に資料を読み込むのは大切だと思うようになりました。確かに、資料を調べておくと嘘を書くときに『この部分はフィクション! そんなん解ってるぜ、イェー!』とハイテンションなまま執筆を続けられますし、反対に歴史資料などの中で作品に関するおもしろいエピソードを見つけたら、作中に取り込む事もできるので、調べるという行為は大切だなと思っています。最近執筆量が増えて資料漁りの時間がだいぶ減っているのでなんとかしなければ……。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
日常的な事では、(〆切に余裕があるときは)割と好きな時間に寝起きできるという事です。自分の性分からいって、毎朝同じ時間に起きて仕事にいくという生活は耐えられなかったんじゃないかという気もしますし。
個人的には、この業界に入って、自分がデビュー前に読者として憧れていた作家さんなどと交流したり、時には一緒に仕事をする事などができたという事です。もっとも、これは作家になった後の運等もあると思いますが……。
メディアミックスなどで自分の造った話が新たな命を吹き込まれるのを見ると、本当に作家になって良かったという実感が生まれます。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
私には文章作成技術もなく、殆ど直感だよりで創作を続けている状態ですので、皆さんにアドバイスをできるとは思えません。
『作家になってベストセラー書いて金持ちになるぜ!』という目的だろうと、『貧乏でもいいから、どんなに苦労しても死ぬまで小説を書き続けていたい』という目的だろうと、どんな形であれ構わないと私は思いますので、とにかく個人個人の『なりたい』という気持ちが大事じゃないかなと思います。
上のインタビューで私の言った事は全部聞き流して下さっても結構ですので(寧ろ投稿を就職活動と言い張っただのなんだの、絶対参考にしない方がいいと思います)、そうした『なりたい』という気持ちを実現させる為に、自分なりのやり方を見つける事が大事だと思います! ともあれ、皆さんが自分も読者もバランス良く納得できるような作品が書けるよう、お祈り申し上げます!