出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第6回 佐藤ケイ

プロフィール

『天国に涙はいらない』にて第7回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞しデビュー。以来、電撃文庫の萌えの旗手として『私立! 三十三間堂学院』『LAST KISS』などを刊行。2012年6月に新シリーズ『筋肉の神マッスル』がスタート。

筋肉の神マッスル
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校2年の頃に、日直が学級日誌を書かないといけなかったのですが、書くべき事が特になかったので一人称小説を書いたのが多分最初じゃないかと思います。修学旅行先で見かけた、それを持って異性に「愛してる」と言うだけでモテモテになるという「モテモテ石」なるお土産をネタにした短編で、大学生になってからもう一度書き直しています。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
特にありません。初投稿でそのまま受賞でした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
「どこかに投稿してみたら」と勧めてくれた友人が名前を挙げていたレーベルが電撃文庫だったのと、その後すぐ近所の本屋で「電撃大王」を見つけてそこに応募要項が出ていたので、取りあえずここでいいやというような感じで決めました。そもそも応募すること自体が友人との遊びのようなノリだったので、どこへ出すかという事はかなり適当でした。電撃に送ってそこで受賞したというのは、本当に偶然であり運でした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
主人公は読者と年齢が近い方がいいだろうからという事で高校生くらいにして、後は何かファンタジー的な要素があるほうがいいんだろうと思ったので天使とか悪魔でも出すかな~、くらいのいい加減な決め方です。着想や大まかな設定を決める段階では適当に決めて、後付けでその設定に必然性や整合性を無理矢理こじつけていくほうが、意識的に奇を衒うよりも面白い物が出来やすいんじゃないかという気がしていて、この時もとにかく適当にキャラ配置やら大まかな世界観の枠組みを決めました。決めてしまってからそれを整合性のある形に整えていく過程で、個々の具体的なアイディアが形作られていったという感じです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
若い読者には一人称のほうが読みやすいからと、最初は主人公の一人称で書き進めていたのですが、主人公が最後に死ぬ予定なのに一人称だと死んだ後が困る事に気付き、一人称的でありつつ三人称にして視点切り替えが可能なようにする必要があって、そこで文体作りに少し苦労しました。海外の作品などで、地の文にそのまま登場人物の主観や内面が一人称で紛れ込んでいるようなものを読んだ事があったので、そういったものをベースに作ろうとしたのですが、それだとどうしても翻訳調の文章になってしまったので、先に一人称で書いた物を三人称に書き換えるというような手法を取りました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
応募した後はそのまま忘れていて、デビュー後に「LAST KISS」「ロボット妹」として出版させていただいた本の元になった原稿を、仲間内のお遊びの一環として書いたりしていました。その後、友人達が家に泊まりがけで遊びに来ていた時に、「以前投稿した作品、そろそろ結果発表の時期じゃないか」と言われて、そういえばそうだったかと思い出し、「じゃあ明日にでも本屋へ行って、結果が出てるかどうか見に行こうか」とか「もし受賞したらどうする?」みたいな話をしているところへ編集部から「受賞が決まりました」という電話がかかってきたので、あまりのタイミングの良さに一瞬友人達の仕込んだイタズラかと思いました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
応募に至った理由が上記のようなものだったので、気負わずに書けた事だと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
担当さんに、「新人が名前を覚えてもらうためにはとにかく次々と出すほうがいい」と言われたので、修士論文ほったらかしで二巻目を書いていました。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
まずは大変なほうから。
デビュー後三冊目で締め切りを大幅に破ってしまい、出来ている分だけとにかく入稿して、残りは追加入稿で差し替えるとかいうような事になって、何日も寝ないで書いていた時に、朦朧とした意識の片隅で漠然と「余生は長くないな」と思いました。初めての締め切り破りと初めての連続徹夜は非常に大変だった憶えがあります。その後、「LAST KISS」という本を出した後で「ああいう泣ける話をもっと書け! そして泣ける話シリーズを作るのだ!」と言われて、取りあえずプロットを出してOKが出て執筆にかかったのですが、これが実際に書いてみるとどうにも面白くならなくて、結局書けなくて落としてしまったのですが、この時は締め切りを破った以上に大変でした。これは未だに完成していません。
書いていて楽しい事は、やっぱり書き上がった瞬間の独特の高揚感でしょうか。これは別にデビュー後に限った事ではないと思いますが、デビュー前であろうとデビュー後であろうと、やはりこれに勝るものはない気がします。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
書き手の持っている人生観や主義主張、価値観、信条といったものは、どれだけ作中に出さないように気を使っていても、ある物語にどういう結末を付けるか、その結末をどう捉えるのか(同じ結末でも価値観の相違でハッピーエンドとされたりバッドエンドとなったり等)といった事に嫌でも反映されてしまうので、自分自身の現在の価値観や世間から吸収した常識、これまで学んできた考え方といったものの根本部分がどういうものなのかを、常に自覚し問い直しながら書く必要があると思っています。不愉快な後味を残さない気楽な娯楽作品に仕上げられるかどうかは、そういった部分への自覚とコントロールで八割方決まると考えています。また、自分や世間が無意識の内に前提としている暗黙の了解を自覚化する努力を心がける事は、ちょっと変わった発想を引き出したり、くだらないギャグをひねり出すためにも、有効だと思います。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
朝から土砂降りの日に、激しい雨音を聞きながら布団の中で徹夜明けの惰眠を貪る時。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
奇を衒わないこと。
ひと言だけならこれに尽きます。
奇を衒うと、どうしても書き手自身にとっても奇妙なものを書くこととなりますが、書き手にとってよく分かっていないようなものを書いてみたところで書ききれるはずもないので、失敗するのは分かり切っているからです。
それよりも、自分にとってこの上なく王道であると思う物を一切妥協せずにトコトン突き詰めて書いた方が、自分と他人の常識のズレが浮き彫りになって、結果的に新鮮で個性的な物に仕上がる可能性は高いと思います。王道なものを書いたつもりなのにどこかで見たような凡作しか出来ないとしたら、それはほとんどの場合「世間の考える王道なんてのはこんなものだろう」という勝手な憶測と甘え、そして徹底的に突き詰めることをしなかった安易な妥協があるのです。
もし万が一自分と他人の間にズレがなく、自分にとって「これこそが王道だ」と思う物を一切妥協なくトコトン突き詰めた結果が他の人にとっての王道と寸分も違わぬものだったとしたら、それは最も喜ぶべき事です。何故ならそれは、自分にとって最高に面白い物を書けばそれが世間にとって最高に面白い物になるという事であり、大ヒットは約束されたも同然だからです。