出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第7回 支倉凍砂

プロフィール

『狼と香辛料』にて第12回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞しデビュー。本作はアニメ化やゲーム化もされ、大ヒット! 2012年7月に新シリーズ『マグダラで眠れ』がスタート。

マグダラで眠れ
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
14歳の頃です。文字通り中二病ですね。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
14歳に雑誌『ザ・スニーカー』の短編に応募したのが最初です。富士見ファンタジアやスーパーダッシュにも応募しています。デビューまでにトータルで7年くらいかかりました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
自分がライトノベルを読み始めた頃はまだ電撃文庫のタイトル数がとても少なかったのですが、徐々に読む本の中の電撃文庫の割合が高くなっていったから、でしょうか。
斬新な小説がとても多かったのも、重要な要素の一つだと思います。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
『金と香辛料』という歴史書と、『金枝篇』という民俗学(?)の本からです。
あとは、獣耳が大好きだからです!
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
会話を最優先させること。
世界観は、キャラクターが見て、聞いて、触って、嗅ぐ物の描写をするのに合わせて説明していこう、と気を使いました。
また、必要のない設定は極力書かないようにしました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
チェックは滅茶苦茶していました。(笑)
一度も一次選考を通過したことがなかったので、応募作を読み返しながら、自分は面白いと思うけど多分だめだろうなあ、と思っていました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
世界観をうまく書けたのと、キャラの会話が楽しかったからだと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
最初の打ち合わせで編集部に行ったら、担当様が金髪でアロハを着て煙草をもくもくくゆらせていたことが一番記憶に残っています。
編集者SUGEEEEって思いました。
今はフロアーは禁煙で、アロハも見なくなりました。
原稿が送られてくると、燻製状態だったのも印象的です。(笑)
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
このように言うと語弊があるかもしれませんが、乾いた雑巾を絞らなければならないような状況になる前にシリーズを畳んだので、究極的な意味でのネタに苦しんだ、という経験はしませんでした。
その代わり、書いている最中には一度も(ただの一度も!)自分の小説を面白いと思えず、毎回、自分による自分自身の評価に苦しめられました。
後になって読み返すと、往々にして、あそこまで悲観しなくてよかったのになあ、と思います。
あと、デビューしてしばらくは、打ち合わせで自分の書いたキャラの台詞を読み上げられるのが恥ずかしかったです。(笑)
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
ほかの人が書かないような分野のことを題材に、ほかの人が思いもよらないくらい面白く書く、というのを心がけています。
大事にしていることは、とにかく好奇心を忘れないこと。
文章をうまく書こうとか、難しい言い回しを覚えよう、とかはあまり気にしていません。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
真夏のくそ暑い昼下がり、クーラーをがんがんに利かせた部屋で昼寝しているときに、作家になってよかった、と心の底から思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
安易に流行に乗っかるのはやめましょう。
ラノベだけ読んでラノベを書くのはやめましょう。