出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第8回 夏海公司

プロフィール

『葉桜が来た夏』にて第14回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉を受賞しデビュー。現在は『なれる!SE』シリーズが好評を博している。

なれる!SE
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
予備校生時代にPBM(プレイバイメール)の二次創作を書いたのが最初です。ゲーム中、あまりに自キャラが活躍できなかったため「ならもう自分で書く!」と発奮したのがきっかけでした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
大学在学中に初投稿した作品が某賞で一次通過。就職などで空白期間を挟んだ後、投稿を再開したのが2006年。一年間で三つの賞に応募してその内一作が電撃文庫さんで受賞させていただいた形です。残りの二作品は一次通過と一次落ちでした。ちなみに全部違うレーベルです。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
正直言えば投稿作の書き上がり日と応募締め切りが近かったというだけの理由です(笑)。電撃小説大賞が最難関ということは知っていたので、まさか受賞できると思っていませんでした。「あの電撃で一次選考でも通れば今後の自信になるから!」とか考えていたら……。
なんでもチャレンジしてみるものですね。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
食事中にふっと『バトル・ロワイアル』の冒頭シーンが思い浮かんで、「皆さんにはこれから殺し合いをしてもらいます」「えー!?」と同じノリで「皆さんには今日から宇宙人と同棲してもらいます」「えー!?」みたいなドタバタラブコメを書けたら面白いかもと思った感じです。実際に書き上がったら全然別の雰囲気になっていましたが。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
キャラクターを多くしすぎないこと、プロットはあまり複雑にしないことを心がけました。僕も含めて投稿初心者はとかく一つの作品にネタを詰め込みがちなので、なるべくシンプルで読みやすい話になるよう注意しました。具体的に言うと主要登場人物は六名以内、一シーンあたりのキャラクターは三名以内に抑える、新規キャラクターは可能な限り同一シーンで複数登場させない、などです。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
もちろん電撃の缶詰は毎月チェックしていました(笑)。ダメ元で応募した経緯もあり「次は落ちるんじゃないか」という不安よりも「まだ残ってるぜキャッホー!」という感慨の方が強かったです。それだけに最終発表前、事前の電話連絡を受けたときは不意打ちでした。受け答えが意味不明だったので担当さんも不審がっていたと思います。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
ここは今でも運だと思っています。たまたまあのタイミングで、各選考プロセスに、僕の作品を評価してくださる方がいたという意味で。ただそういう偶然を逃さないくらい応募を繰り返していた根気は褒められてもいいのかなと感じています。一回の落選で諦めていたらそういうチャンスもつかめなかったわけですから。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
忘れもしない2008年4月某日、刊行祝いの飲み会で友人達は僕のデビュー作を高らかに朗読し始めました。場所は新宿の某地鶏居酒屋。あとがきまで含め情感たっぷりに読み上げられた文章は他のお客さんの注目を集めまくり、しばらくひそひそ声が止むことはありませんでした。
軽くトラウマになってます。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
〆切間際の改稿が一番大変ですね。アイディアが出なくて頭空っぽ状態の時は本当きついです。大体そういう時ってもう刊行スケジュールが決まっていますし。うんうん唸りながらネタ出ししています。
逆に言うとそれ以外は大体楽しいですね。プロット作成もイラストチェックも校正も全部楽しみながらやっています。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
各キャラクタの目的・価値観を決めたら、それをぶれさせないことでしょうか。出世第一なら出世第一、家庭優先なら家庭優先という感じで。シーンによってキャラのスタンスがズレてしまうと一気に嘘っぽくなってしまうので、そこは気をつけています。
大事なのはプロットの都合でキャラのパーソナリティをねじ曲げないことですね。プロット進行とキャラの価値観が相反したら後者を重視してプロットを再構成しています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
自分の作った世界・キャラが外に広がっていくことですね。メディアミックスで絵や声がついたり更にそれをファンの方が語ってくれたりすると本当創作者冥利に尽きます。投稿時代だと精々読んでもらえても周囲の友人数名程度でしたから、広がりという意味では隔世の感があります。日々今の状況に感謝しています。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
とにかく一本書き上げましょう。そして最低限何本は落選しても書き続けると事前に決めておくことです。多くのライバルは最初の一本を書き上げることができず残りの大半も一回の失敗で諦めていきます。つまりあなたが五回十回とチャレンジし続けられればそれだけでプロになれる確率は大幅アップするはずです。
あと落選した作品は知り合いに読んでもらいどこに問題あったかコメントをもらうといいかなと思います(執筆中の原稿と違い、評価が定まった作品については比較的客観的に意見を聞けると思うので……)。
同じフィールドで戦える日を楽しみにしています。