出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第9回 阿智太郎

プロフィール

『僕の血を吸わないで』にて第4回電撃ゲーム小説大賞で〈銀賞〉を受賞しデビュー。現在は新シリーズ『極めて忍極』をスタートさせ、好評を博している。

極めて忍極
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校一年の冬からです。『現国の成績を上げたいなら小説でも書いてみたらどうだ?』と現国の先生に言われたのがきっかけです。結果的に小説ばかり書いて勉強しなくなったので、すべての教科の成績が下がりました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
投稿歴はありません。投稿までの数年間はただ自分が楽しむためだけに大学ノートにこつこつ書いていました。電撃に送ったのが初めての投稿です。ちなみに大学ノートに書いていたのは超シリアスなファンタジーものでした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
電撃王というゲーム雑誌を買ったのがきっかけです。そこに応募要項が書いてあるのを見つけてチャレンジしてみようかなと思いました。(丁度大学ノートに書いていた小説が完結したばかりで次はどうしようと考えていた時でもあったので)
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
とくに何からというものはありません。ただそれまで書いていたのがシリアスだったので、少しくだけた感じのが書きたいなと思い思いつきだけで書きました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
内容とは関係ないのですが、手書きからワープロに切り替えたばかりだったのでキータッチに苦労しました。ブラインドタッチを目標にしたのですが、妙なクセがついてしまっていまだに治っていません。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
海外にいたこともあり、チェックはまったくしていませんでした。それこそ知らせが来るまですっかり忘れていました。母親が、『何か妙な電話が来てたけど、どこかに何か応募したりしたの?』という言葉で思い出しました。嬉しくてその場でジャンプしたことを覚えています。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
いろいろと未熟でしたが、とにかく当時自分が好きだったものが詰まっていたのが良かったのかなと思います。あと人が死なないのも。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
授賞式にてネクタイが結べず悪戦苦闘した挙句、金賞の橋本紡さんに結んでもらった恥ずかしい思い出があります。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
何も知らずにデビューしてしまったようなものなので、いろいろと大変でした。
でも僕以上に大変だったのは担当様の方だと思います。文章の間違いや他の言い回しのアイデアなどなど細かく赤ペンでチェックを入れてくれたりしていました。
デビューして楽しかったのは、授賞式や忘年会でこれまで読んでいた本の作家さん達と会えたこと。まさか実際に会えるようになるなんて想像もしていなかったので興奮しました。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
話を複雑にしないようにという点は心がけています。それと、書いている途中で『ちょっと違うな』と思ったら区切りをつけて1から書き直すようにしています。おかげで締め切りを過ぎてしまい迷惑をかけてしまうことも多いのですが。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
一番は、絵になったキャラクターを見る時です。そこまで詳細なイメージを持って書いてはいないので、『絵』を見た瞬間に『ああ、こういうキャラクターだったんだな』と合致します。『絵』から新たな設定が生まれることもしょっちゅうです。それがとても楽しく嬉しい瞬間です。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
好きを詰め込んだ作品はそれだけですごいパワーがあると思います。まずは自分が楽しむことを第一としてとにかくありったけの好きを作品の中に詰め込んでください。