出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第10回 三雲岳斗

プロフィール

『コールド・ゲヘナ』にて、第5回電撃ゲーム小説大賞〈銀賞〉を受賞し、デビュー。現在は『ストライク・ザ・ブラッド』『サイハテの聖衣(シュラウド)』シリーズが好評を博している。

ストライク・ザ・ブラッド
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
社会人になって四年目くらいのある日、わりと唐突に作家になろうと思い立って書き始めました。学生時代にも遊びで小説らしきものを書き散らしていたことはあったのですが、きちんとした形で執筆を始めたのはそのあたりからだと思います。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
受賞前、一年半くらいかけて各社の新人賞に順番に応募してました。その中で最初に拾ってくださった電撃文庫でデビューして現在に至る、という感じです。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
そもそも『電撃の缶詰』に載っていた応募要項を見たことが小説を書こうと思ったきっかけだったので、なんとなく電撃大賞に応募するのは規定事項のように考えていました。当時から電撃文庫に好きな作品が多かったというのも、もちろん理由のひとつです。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
学生時代に作っていたゲームです。最初に応募する予定だった作品は学園モノだったのですが、前年の大賞受賞作も同じく学園を舞台にした作品(『ブギーポップは笑わない』)だったことを知って違うジャンルの作品にしたほうがいいのではないかと思い、すでに世界観がわかっていた自作ゲームの設定を流用して締め切りギリギリで書き上げました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
技術や経験の不足は自覚していたので、それを補う何かしらの魅力や面白さを入れることを意識していました。
苦労したのは時間です。執筆当時の職場が過酷な部署で、残業や休日出勤に追われて執筆時間を確保するのがとにかく大変でした。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
限りなくブラックに近い職場で働いていたので、日々の生活に追われて、ほとんどチェックしていませんでした。あとなぜか受賞作の発表時期を勘違いしていて、予定日を過ぎても連絡がないから落選したんだな、と勝手に思いこんでいた記憶があります。それだけに担当さんから連絡をいただいたときには驚きました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
技術的には未熟でしたが、作品やキャラクターには強い思い入れがあったので、そのあたりの熱意を読み取ってもらえたのかなと思います。あと運が良かったことだけは間違いないです。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
憧れていた先輩作家の方々と会えたのが嬉しくて、緊張しながら必死で話しかけてました。当時の先輩方とは今も親しくさせてもらっていますが、ウザがらずに相手をしてくださったことには本当に感謝しています。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
小説の執筆というのは基本的に孤独な作業なので、それがつらくなる時期というのは定期的にあります。それが気楽で楽しいと感じる時期もあります。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
自分で面白いと確信できるアイディアにたどり着くまで、きちんと悩むこと。
キャラの性格づけやストーリーというのは技術やロジックである程度まで形になるのですが、それだけでは誰が書いても同じような話になってしまうので、論理的に思いつく限りのパターンすべてを網羅した上で、それら全部を超越するアイディアというものを突き詰めて考えるようにしています。あくまで理想ですが。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
アマチュアに対するプロ作家のほぼ唯一のアドバンテージは、困ったときにプロ(の作家や編集者)に相談できるという点だと思います。これまで先輩後輩問わずたくさんの人たちに助けてもらっているので、それについてはひたすら感謝です。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
ひとつの作品を完成させるためには、最初に思いついたアイディアや設定にこだわらないこと、書き直すことを恐れないことが結果的に近道なのかな、と思います。締め切りに追われているプロの作家でも、気に入らなければ、何十ページも破棄して最初から書き直すのはよくあることなので。
なにはともあれ、イメージしていた物語が自分自身の手で作品になっていく過程をぜひ楽しんでください。そして面白い作品が一冊でも多く世に出てくることを祈ってます!