出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第11回 高橋弥七郎

プロフィール

『A/Bエクストリーム CASE-314[エンペラー]』にて、第8回電撃ゲーム小説大賞<選考委員奨励賞>を受賞し、デビュー。3度のテレビアニメ化を果たした『灼眼のシャナ』シリーズが好評を博している。

灼眼のシャナ
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
結構遅くて、大学生になってからです。読むだけだった身で文芸部に入り、そこの先輩に「なにか書いてみれば?」と言われて初めて、小説というものを書いてみました。当時はライトノベルという言葉も一般的ではなかった、もしかするとその呼称すら存在しなかったかもしれない時代で、作家業で身を立てることに現実味など全くありませんでした。本当、なぜ文芸部に入ったのか、今でも当時の行動は謎です。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
上記のようだったので、当時はなにも知りませんでした。某Dマガジンを創刊から90年代前期までは読んでいたので、そこに送ればいいのだろうと漠然と考え、まず某F小説大賞に。その後、友人に電撃ゲーム小説大賞(当時)があると教わり、応募時期が丁度半年くらいずれていたので、交互に送ることにしました。親に貰った期限の三年目で、選考委員奨励賞になんとか引っかかりました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
上記の友人に教えて貰った小説が、かの「ブギーポップ」シリーズだったのですが、当時は右も左も分からなかったので、いきなり「歪曲王」を買ってしまい、読んで首を捻りました。やがて続刊と気付いて最初から読み直し、こんな小説があるのか、と得も言われぬ衝撃を受けました。理由と言えば、その時の衝撃が理由です。
あと、電撃小説大賞の受賞作と知らず「ブラックロッド」のハードカバー版を出た当時に読んでおり、とんでもない発想をする人がいるものだ、と記憶に深く刻まれていました。応募を始めた後に、ここの本だと知って驚きました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
応募する作品は、その時の思いつきで内容を決めていました。特に傾向や対策なども考えず、受賞以前に送っていた作品もジャンルはバラバラです。だもんで、受賞作となった「A/Bエクストリーム」も、ビュンビュン飛んでバンバン撃つ痛快なアクションものを書いてみよう、というその時の気分を原稿に落とし込んだだけです。作中のアイデアも、同じくジャンルに沿ったその場の思いつきです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
小説のイロハも募集側の傾向も知らないド素人が、その場の思いつきを題材に書き続けているだけ、という状況だったので、心がけや工夫、苦労などという余裕ある客体視は持っていませんでした。十年経った今、改めて思い起こしても、その手のことに心当たりがありません。ただ延々、次の応募締め切りの何月までに仕上げなきゃいかん、と思いながら書いていたようです。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
当時は電撃PSを買っていたので、そこで選考の経過は目にしていました。とはいえ、結果待ちの間も半年後の応募作を書いていたので、以前に送った作品の経過は遅れて来た手紙のようなもの、実感はありませんでした。もちろん名前が載っていれば喜びましたが、当たることを前提に入れ込む博打は当たらんものですし、運が良ければ受かるだろう、程度しか考えていなかったと思います。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
選考委員の方々による選評では、極めて読みにくいが独自性がある云々、だったと記憶しています。もっとも、私が受賞した年の他四作は、何れ劣らぬ手練れ揃いによるジャンルもバラバラな快作群だったので、その評価にどれほどの価値があったのか、甚だ疑問ではありますが。よく聞く慣用句「荒削りだが光るものがある」とか、その辺りの錯覚だったのではないでしょうか。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
自分の本が本屋に並んでいる、というのがどうにも気恥ずかしくて、電撃文庫のコーナーを避けたりしていました。あと、デビュー当時というか、デビューが決まった第八回受賞者五人が初めて一堂に会したときの思い出ですが、互いを探り合う微妙な空気の充満したメディアワークス(当時はお茶の水にありました)会議室での一幕は、今もハッキリ覚えていて、思い出す度にクスリと笑ってしまいます。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
大変だったのは、好き放題書いて受賞したため、読者を意識するという感覚が完全に欠落していたことです。当時は、それのなにが問題なのかも認識していませんでした。要するにプロとしての自覚がなかったのでしょう。楽しかったことは、担当編集者さんという自分の書いた小説について、率直かつ気軽に話し合える人を得られたことです。この喜びと嬉しさは、今も変わらず感じています。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
普段から心がけていることは、上の反省点に立って、自分は読者のために小説を書いている、と明確に意識することでしょうか。大事にしていることは、それを意識して、なおかつ自分の好きなように書く、というスタンスを崩さないことです。自分が楽しくなければ書き続けられませんから。担当編集者さんの提案を呑んだ上で、自分の好みを盛り込む作業は、パズルに似た面白さがあります。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
部屋でゴロ寝しているとき、飯を食っているとき、道を歩いているとき、仕事や遊びの最中、大体いつもそうです。こうして好き勝手して暮らしてゆけるのは、作家業をさせて貰っているおかげなので。あと、頂いたファンレターを読ませて貰っているとき、平日にフラフラ旅行しているとき、本の値段を見ずに買い物している時は、より大きく、作家になってよかったと思っております。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
応募作で「自分にできること」をアピールする、つまり「私はこれが面白いと思っているんです」と読み手に伝えることができれば、私程度でも引っかかります。それに実際の話、作家業で身を立てるためのカスタマイズには、書いた人間の適性と趣向の把握が必須ですし。これは作家業の採用試験だ、と納得した上で、自分の楽しさを追求してみてはどうでしょう。なにかと上から目線で失礼。頑張って下さい。