出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第13回 志村一矢

プロフィール

『月と貴女に花束を』にて第5回電撃ゲーム小説大賞〈選考委員特別賞〉を受賞し、デビュー。2010年にスタートした『竜と勇者と可愛げのない私』シリーズも好評を博し、2012年12月刊の第8巻をもって完結した。

竜と勇者と可愛げのない私
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校は卒業していたと思います。アルバイトで貯めたお金でワープロを買って、書き始めました。ちなみに初めて買ったワープロはシャープの書院です(どうでもいい情報)。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
第三回(四回かも?)の電撃ゲーム小説大賞に応募したのが最初です。同時期に富士見ファンタジア長編小説大賞にも応募していますね。ライトノベル(という単語は当時はありませんでしたが)以外でのデビューは考えていなかったので、他のジャンルでの投稿はしていません。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
第1回の大賞受賞作『五霊闘士オーキ伝』を書いた土門弘幸先生が、応募当時弱冠18歳だった、という事実が大きかったと思います。「電撃文庫は若くても面白いものを書けばデビューさせてくれるんだ!」と希望を感じていました。また、電撃は応募締め切りから結果発表までの期間が短く、その点に新興レーベル独特の熱気を感じた、というのもあります。
質問
受賞作は何から着想を得たのでしょうか?
回答
当時、週刊少年ジャンプに連載されていた『WILD HALF』という漫画が大好きで、主人公を狼男に設定したのはその影響だと思われます。そこに『朝起きたら美少女と結婚させられていた』という願望……もといアイデアを合わせて生まれたのが、『月と貴女に花束を』ですね。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
当時はまだ執筆歴が浅く、長編小説を書ききった経験も一、二度しかありませんでしたので、とりあえず『小説として成立している』『最後まで苦なく読める』という2点に目標を設定していました。この2つの目標は、今でも常に念頭に置いています。基本は大切です。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
途中経過が発表されているという事実をすこーんと忘れていて、まったくチェックしていませんでした。応募しておいてなんですが受賞できるとはこれっぽっちも思っていなかったので、結果をわくわくしながら待っていたという感じでもありません。今にして思えば、『書いて応募すること』それ自体が目的になってしまっていましたね。典型的なダメ応募者です。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
感情移入しやすい主人公と、母性的で献身的なヒロインの存在かなぁ。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
思い出したくないことだらけです!(笑) しいて挙げるとするなら……当時、私の周りには私と同じように作家を志していた友人が何人もいたのですが、私がデビューした頃から、夢から醒めたように一人また一人と執筆をやめていってしまったことは、今思い出しても寂しくて悲しいです。みんな才能あったのになぁ。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
書くことそれ自体がなによりも大変で楽しいです、という回答ではダメですかっ。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
今は読後感ですね。読み終わって、「ああ、読んでよかった」と思ってもらえれば、続編や新作も手に取ってもらえますから。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
キャラクターたちがイラストによってビジュアル化された時ですね。ありがたいことに私はデビュー以来、イラストレーターさんには恵まれているので、毎回、送られていたラフを眺めては歓声をあげております。ライトノベル作家になってよかった!
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
情報過多の昨今、所謂『売れ線』を見極めることはそう難しくはありません。売れ線を見極め、それに沿ったものが書けるというのもプロとしては重要な能力ですが、電撃文庫からのデビューを志している皆さんには、売れ線に沿うのでも乗るのでもなく、売れ線を作り出せる作家になってほしいと願います。私はカテゴリーエラーという言葉が大嫌いです。「カテゴリーは俺が決めるッ!」「俺がカテゴリーだ!」ぐらいの心意気で、あなたにしか書けない作品をぶつけてきてください。お待ちしています(選考委員の先生方が)。