出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第14回 杉井 光

プロフィール

『火目の巫女』にて第12回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞し、デビュー。その後も『神様のメモ帳』『さよならピアノソナタ』などヒットシリーズを発表。2012年5月にスタートした『楽聖少女』シリーズも好評。

楽聖少女
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
22歳くらいです。フリーターをしながら書いていました。もっともそれ以前にも、自作ゲームのストーリーやシナリオなど、「お話」を創ることはけっこうよくやっていました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
はじめて書き上げた長編はスニーカー文庫が募集していた角川学園小説大賞に投稿しました。以降、電撃小説大賞に絞って毎年投稿していました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
ブギーポップシリーズを読んで、こういう本を世に送り出せる会社があるのか、と感銘を受け、電撃にだけ送ることを決めました。
質問
受賞作は何から着想を得たのでしょうか?
回答
受賞作は、作家志望仲間だった知り合いが昔書いた小説のリメイクです。いくつかの基本設定とクライマックスのアイディアだけをもらい、最初から作り直したものです。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
平安もののファンタジーだったので、とにかくその時代のその土地の空気がつくりだせるようにとけっこう気を遣って文体を組み立てました。ここまでカタカナの出てこない小説はこれ以降書いたことがありません。また、現代のにおいのする単語もなるべく避けました。たとえば「少年」という単語は使わず、必ず「童子」と書く、などといった具合です。場合によっては使える言葉が語彙になくて何十分もネットを検索しまくることもありました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
はじめて小説らしい小説が書けたという自覚があったので、これで受賞できないとなると自分の考えが根本的に間違っていたことになるなあ、と思っていました。選考段階は、一次は確認したような気がします。その後わりと早く編集部から電話が来たのであとはチェックしていなかったと思います。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
特にどこが決め手、というのはないと思います。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
とにかくお金がありませんでした。アパートの狭い部屋は楽器と本とCDで足の踏み場もなかったので、近所のファストフードで執筆していました。現在、近所にお気に入りのチェーン店がないので、残念に思いつつも安堵しています。二十代の昔と同じことを今やっていたら体重がたいへんなことになっていたと思います。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
小説を書くということ自体が大変かつ楽しいことの塊なので、具体的にエピソードを挙げろといわれると少し困るのですが……肉体的に一番やばかったのは、帰省先のファストフードで夕方の五時から朝の五時までかかって60枚くらい書き上げて帰宅後にインフルエンザを発症したときです(つい最近です)。そんなこともありますが、小説家という仕事は、書くこと、読んでもらうこと、反応をもらうこと、そのうえお金も稼げること、なにもかも楽しいです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
読んでくれる人の心を動かすのに役立たない文字は一文字たりとも書かないことです。つまり僕の理想の小説は「一文字も書かれていないのに感動する小説」です。わりと真剣にそう考えています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
毎分毎秒実感しているくらいなのですが、やはりいちばん実感するのは預金通帳に印税が振り込まれているのを確認したときです。他のどんな喜びもプロでなくとも味わうことができますが、お金を受け取れる喜びだけはプロの特権です。特に、電撃文庫は若年向けレーベルです。小中学生まで買ってくれています。ひょっとしたら自分の一冊を買ってくれたその600円は、その人の月のお小遣い総額かもしれない。そうまでして僕の本を「選んでくれた」ことを知るというのは、他のどんなものにも替えがたい最高の喜びです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
自分が読みたいと思うものをひたすら追求してください。他のことは考えない方がいいです。よく「個性が大事」とか「なにかひとつ飛び抜けたものが必要」とか「自分の武器を磨け」とかいわれていますが、全部嘘です。気にする必要はありません。作家の個性、作家の飛び抜けた部分、作家の武器、そういったものは実は「その人が好きだから力を入れている箇所」に過ぎないのです。つまり因果が逆なのです。自分がどんな本を面白そうだと思って手に取るか、どんな本を読んだら満足するか、それだけを考えて書いてください(だって、読者もそれしか考えていないわけですから)。そうすれば個性も飛び抜けた部分も自分だけの武器もどうせ出てきます。あなたの物語はあなたにしか書けないし、あなたはあなたの物語しか書けないんです。自分の欲求を突き詰めること、それだけです。きっとうまくいきます。