出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第15回 鈴木 鈴

プロフィール

『我が町の吸血鬼』にて第8回電撃ゲーム小説大賞〈選考委員奨励賞〉を受賞し、同作品を『吸血鬼のおしごと The Style of Vampires』と改題してデビュー。2013年3月に刊行した『放課後の魔法戦争(アフタースクール・ブラックアーツ)』も好評。

放課後の魔法戦争(アフタースクール・ブラックアーツ)
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
高校二年生か三年生だったと思います。大学附属高校だったので受験がなく、実にヒマだったので書きはじめたのがきっかけでした。受験組がぴりぴりしている横でのほほんと小説を書いている自分に若干の罪悪感を覚えました。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
ネットの小説サイトのようなところに2、3回投稿したことがあります。当時投稿したものは残念ながら紛失していて、たまに読み返したくなるのですが……。小説大賞に投稿したのは、電撃さんがはじめてです。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
当時出版されたばかりの時雨沢恵一さんの『キノの旅』を読み、「こんなに新しい小説があるのか!」と感銘を受け、それから電撃文庫にハマりだしたのがきっかけです。秋山瑞人さんの『E.G.コンバット』などを読んで「こんなおもしろいものを自分も書きたい!」と強く思ったことを覚えています。
質問
受賞作は何から着想を得たのでしょうか?
回答
当時読んだ別レーベルの吸血鬼モノが大変スタイリッシュでカッコよかったのですが、それとは逆に「全然カッコよくなくて情けなくて毎日バイトして生計を立てている吸血鬼がいたらどんなのだろう?」というところが着想でした。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
ともかく文庫本一冊に収まるほどの長編を書いたこと自体がはじめてだったので(書こうとして挫折したことは何度もありましたが!)、お話のエンドマークをつけるまでが大変でした。推敲なんて全然しなかったから、出版のときにはイチから書きはじめるハメに。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
一次審査の結果だけを見て通過していることに目を疑い、「はじめてにしては上出来だ。これからも頑張ろう!」と満足して、それきり忘れてしまってました。賞に引っかかることなど想像もしていませんでした。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
『情けない吸血鬼』というのがキャラのギャップがあってカッコよかったのかなー、と今にして思います。最終的には主人公もカッコよくなるんですが。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
知らない人と会話するということがとにかく苦手だったので、授賞式も同期デビュー組との顔合わせでもひたすら本を読んでいたことを覚えています。今はそんなことはなくなりましたが、同期の人たちからは当時のことを持ち出してよくからかわれます。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
お話をイチから考えることはすごく楽しいです。「きっとこれは受け入れてくれるだろう!っていうか売れるだろう!」というお話を考えることは楽しいのですが、それが売れなかったらやっぱり辛いですね!
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
読者が楽しめるものを作ること。文庫本の値段分、500円から600円というお金を支払ってよかったと思えるものを作ること。あとプロットはちゃんと作ろう。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
夕方の四時くらいに起きても誰にも文句を言われないときです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
人との付き合いを大切にして、コミュニケーションをどんどん取っていきましょう。どのような社会でも人間同士の付き合いが結局はいちばん大切です。作家は人と会うことがほかの職業より少ないかもしれませんが、機会が少ないからといっておろそかにしないほうがよいです。