出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第17回 山口幸三郎

プロフィール

『語り部じんえい』にて第15回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉を受賞し、同作品を『神のまにまに!』と改題してデビュー。現在は、メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人』シリーズ、電撃文庫『ハレルヤ・ヴァンプ』シリーズが好評を博している。5月25日にはシリーズ最新刊『探偵・日暮旅人の壊れ物』が発売。

探偵・日暮旅人の壊れ物
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
大学に進学してからです。元々作文を書くのが好きで、学校の課題で出されたものでは作文用紙の規定枚数を超えてしまうことが多々あって、制限された文字数に不満を感じていました。小説はさほど読みませんが、『小説を書くこと』は割と性に合っているんじゃないかと思い、講義とバイトの合間の暇つぶしも兼ねて始めたのがきっかけです。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
初めて書き上げた小説を自己満足のまま終わらせるのも勿体ないと思い、第10回電撃ゲーム小説大賞に応募しました。そのときは一次落ち。あまりにも悔しかったのでそれから毎年同賞に送り続け、第15回電撃小説大賞でどうにかこうにか受賞に至りました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
ラノベで初めて手に取り、ハマった作品が『ブギーポップ』でした。それから秋山瑞人先生の作品にも触れ、「ラノベって面白い!」と感銘を受けました。正直に申しますと、『ラノベ』とは電撃文庫のみの別称だと勘違いしておりまして、他レーベルの存在を知ったのは初投稿の後だったのです。一回目の応募であっさり落選した悔しさもあり、親の仇ように電撃文庫に挑み続けました。他レーベルへの応募は頭にありませんでした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
国会の答弁をテレビで視聴していたときにひらめきました(本当なんです)。内閣総理大臣がいきなり何の脈絡もなく「疲れた」と言い残し突然辞任したらビックリだよなー、とふと思いつき、「神社仏閣のあらゆる神様が奉られるのをボイコットしたらどうなるか」なんてアイデアが降ってきたのです。一国の長が職場放棄したときの下々の苦労は如何ほどだろう、とか適当に考えていたらあれよという間にストーリーが完成しました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
できるだけ起承転結はわかりやすく!(心掛け)
あえて登場人物の年齢を二十歳以上に設定!(工夫)
思いついたはいいけれど応募〆切まであと一ヶ月しかない!?(超苦労)
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
年に一度のことですから、それはもう受験の合格発表並みに緊張しながら各段階チェックしていました。二次落ち、三次落ち、と毎年その辺りをうろうろしていたので、四次という壁まで到達できるかどうか、そして突破なるかと神に祈りながら結果を待ったものです。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
正直、今もってわかりません。ですが、たぶんおそらく『奇抜さ』だったのではないかと思います。当時はまだメディアワークス文庫が無かったにもかかわらず、主に十代が読者層のラノベの主人公に二十三歳の公務員を充てた度胸を買って頂いたのかもしれません。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
当たり前のことですが、授賞式やら打ち合わせやらラジオの収録やら……何もかもが初めての経験で、とにかくいろんなことに翻弄されていたように思います。とりあえず東京の人の多さには今もって慣れません。当時は外を歩けば人混みに酔ったものです。ええ。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか?それぞれ教えてください。
回答
プロになって大きく変わったことは担当編集が付いたことです。執筆自体は単独作業ですが、作品作りはチーム制になりました。長編を仕上げたら、まず担当編集さんに読んで頂き、面白くなければボツにされ、ちらっとでも面白ければ今度は納得して頂くまで改稿を繰り返さなければなりません。文句なしに面白ければ一発OKなのですが、そんなの百回に一度あるかないか。お互いが「面白い!」と思えるものを生み出そうというのですから、妥協は一切許されません。意見が衝突し合って揉めることもしばしばです。そりゃもう大変です。
ですが、その大変さが一周回って楽しかったりするんですよね。孤独にコツコツ書き上げた小説を、さらに面白くするにはどうすればいいか、と真剣に考えてくれる人が居るというのは本当に心強いし、孤独感もなくなります。あれこれアイデアを出し合うのも楽しいですしね。何気ない会話の中からネタを思いつき、それをああだこうだと広げてくれるので、結構楽です。一人で抱え込まなくてもいいという点においては大変救われています。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
すべての登場人物を主役に置き換えて物語を俯瞰することを徹底しています。
本編で語られることがなくとも主人公以外の別のキャラクターの視点から物語を追いかけ、結末までの経緯の中でそのキャラが矛盾した言動を取っていないかどうか、主人公の動きやストーリーの流れに合わせて都合良く配置転換されていないかどうか、心情の変化が言動にうまく反映されているかどうか、といったことを確認するのです。細かく見ていないといくらでも矛盾を生み出しそうなので、これには結構神経を使っています。巧い小説というのはこういう整合性がきっちりしている作品を言うのだと思います。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
職業を聞かれて「フリーター」ではなく「作家」と堂々と言えたときでしょうか。大半の方には冗談と受け取られて信じてもらえませんが。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
憧れている作家や感銘を受けた作品が皆様にはあるかと思いますが、あまりそれらを意識しないことをオススメします。ああいうふうになりたいとか、こういうふうに書きたいとか、そういった理想形はあるでしょうが、自分に適した作風や文体というものが必ずしも理想形にハマるとは限らないと思うのです。もちろんプロの作品をお手本にしたり模倣したりしてスキルアップするのは正しいことです。けれど、そこにだけ固執すると本当の「自分らしさ」が遠退いてしまう気がするのです。
あまり固定観念に囚われずにいろんなジャンル、いろんな文体に挑戦してみてください。読んで好きな文章と、自分の執筆スタイルが同じになるとは限りませんので。
ああでも、好きこそものの上手なれとも言いますので、徹底的に好きな物を書き続けるのもまた間違いではないと思います。要は、もっと柔軟にあれこれ受け入れて、自分の可能性を広げていってほしいということです。
かく言う私もいまだに自分に合ったスタイルを模索しております。憧れの作家さんにはどうやってもなれないのですから、感性の赴くままに自分らしさを極めようと思います。
あなたにしか書けない、あなたらしい小説を、どうか見つけ出してください。