出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第18回 渡瀬草一郎

プロフィール

『平安京八卦』にて第7回電撃ゲーム小説大賞〈金賞〉を受賞し、同作品を『陰陽ノ京』と改題してデビュー。2013年6月には新作『ストレンジムーン 宝石箱に映る月』(電撃文庫)を刊行している。

ストレンジムーン 宝石箱に映る月
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
大学時代です。高校生の頃はゲームのシナリオライターになりたくて、RPGツクールとかで遊んでました。大学では文章系のサークルで、友人と学内誌を発行しつつ、その頃に応募原稿をぽつぽつと――文学部の国文学科ということで、だいたいいつも文章に触れていられる環境だったのが幸いでした。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
角川学園小説大賞とかガンガンWINGに出したことがあります。今にして読み返すと頭痛がしそうな代物なんですが、当時はとりあえず書き上げられたことが嬉しくて、そのまま応募してしまってました。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
歴代受賞者の方々が活躍されていたので、万が一デビューできたら、ここならその後もちゃんと書かせてくれそうだなぁ、と……当時、受賞作だけ出て後は音沙汰なしという賞も割と多かったので、その中で電撃の生存率は目立っている印象でした。あとコミカルなものもシリアスなものも幅広く出されていたので、少しカテゴリーエラーでも拾って貰えるかも、みたいな期待感もありました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
大学で課題のレポートを作成中、古典関係の資料を漁っていたら、慶滋保胤の項目に「賀茂忠行の次男」と書いてあって、「ん?」と反応したのがきっかけです。文人だとばかり思っていた歴史上の人物が、実は陰陽道の名家の出自だったと知って、これはネタにしなきゃ勿体ないと勢いで飛びつきました。
ただ、そもそもゲームメーカー志望だったので――当時は小説としてというより、平安時代を舞台にしたゲーム企画のつもりでネタを固めていて、その中のユニット候補という感じでした。陰陽師系のユニットに安倍晴明や賀茂保憲がいて、武士系のユニットに源頼光や渡辺綱がいて、他にも僧侶系や歌人系、物の怪系といろいろいて――それぞれのユニットがチームを組み、平安京を襲う怪異に立ち向かっていく局地防衛型の戦略SLG、みたいな。こっちは小説とは全然違うノリでしたが、この時に集めた資料を転用したのが『陰陽ノ京』でした。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
なるべく救いのあるお話を書きたかったので、終わり方は後味を良くしようと思っていました。苦労したのは、最初は規定枚数の上限を突破してしまい、そこから場面を削るのに結構……削って応募して、結局、受賞後の改稿でまた増えました。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
雑誌で見ました。残っていたのを見て「おおー」と思いつつ、「でもまぁ、ここまでかなぁ」と思っていたら――数日後に受賞の電話が来て、挙動不審な対応をする羽目に。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
当時は平安時代を題材にした受賞作がまだなかったので、その分、目立てたのかもしれません。あと選考委員の方々から「雰囲気が良い」と言っていただけたのは嬉しかったです。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
当時は就職氷河期まっただ中で……ゼロ採用で入社試験すら実施しないとか、エントリーシートを送っても試験すら受けられないとか、数人の採用枠に数百、数千人の応募者が殺到なんて時代だったんですが、そんな中で物の見事に就職浪人になりまして――無理っぽい倍率の公務員試験に備えて勉強中だったんですが、受賞が決まってこれ幸いと物書き業に専念しました。
体調も崩していた時期だったので、自宅でできる仕事が本当にありがたかったです。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
僕自身は割と自分のペースでやらせてもらっているので、自業自得なこと以外では大変だったことはあまりないんですが、その分むしろ担当さんに負担をかけてしまって――特に『空ノ鐘の響く惑星で』の最終巻では、〆切ギリギリというか少し過ぎていまして、分割入稿でいろんな方にご迷惑をおかけしてしまい……その節はすみませんでした。当時の担当さんには本当にお世話になりっぱなしで、今でも感謝しています。
楽しい瞬間は、展開に悩んでいて何かの拍子に突破口が見えた時とか……瞬間的にアドレナリンが出るというか、ぱっと頭が冴えて視界が拓ける感じです。書き上げた時の安堵感も含めて、その手の快感が癖になる仕事のような気がします。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
できているかどうかは怪しいですが、書く時にはなるべく没入して、推敲する時には冷静に醒めた眼で、とは思っています。一言一句を気にするせいか、どうしても視野狭窄に陥りがちなので……たまに意識して気を逸らすようにしたり。ただ最近の自分はちょっと逸らしすぎなので、程々が大事かもしれません。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
書き上がった時。本が手元に来た時。いいイラストが見られた時。
いろいろありますが、自分の関わった仕事が形になって残るのはありがたいなぁと、いつも思います。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
助言というより八割方は自戒になってしまうんですが、まず短期間でなるべくたくさん書けるようになってください。
スピードは人それぞれなので、自分に可能な範囲でという前提はつきますが、短期間で効率的に書ければ仕事以外の時間も作りやすくなりますし、場合によっては兼業でも本を出しやすくなります。「どうしたら早く書けるか」という方法論も含めて、早い段階で自分なりのやり方を模索しておいたほうがいいです。
かくいう自分は若い頃のようには徹夜が利かなくなってしまい、ペースが落ちているのですが、そこは反面教師ということで――実際のところ、今更のように改めて模索している最中だったりします。
後は本人の性格にもよるんですが、小説を書くこと自体が神経のすり減りやすい作業なので、あまり思い詰めないようにしてください。
柳の枝に雪折れなしともいいますし、書く時は真剣でも、それ以外ではなるべく気楽に柔軟に構えて、じっくりがっちりと作品に取り組んで欲しいと思います。