出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第19回 兎月山羊

プロフィール

『アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト)』にて第17回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞し、デビュー。2013年7月には、『ラストセイバーIII 叡智の花嫁』を刊行。

ラストセイバーIII 叡智の花嫁
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
初めて小説を書いたのは、高校生の頃です。
現代国語の先生に、「書いてみろ」と言われたのがキッカケでした。
話のオチも考えず、ただ思いつくまま、好き放題に書き綴ったのを覚えています。
今思えば、あれは未熟極まりない内容の作品でした。それでも「面白い」と言ってくれた先生の感想が、私が受賞まで書き続けてこられた、原動力の1つだったのだと思います。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
小説の投稿を本格的に始めるようになったのは、会社勤めになってからです。高校・大学時代は部活動に打ち込んでいたため、執筆活動は、ほとんど行っていませんでした。
趣味の一環で、1年に1作品だけ書いては投稿。そんな投稿活動を続けて4~5年くらいだったと思います。第17回の電撃小説大賞で、銀賞をいただくことができました。
デビュー時期が近い作家の方々は、投稿歴1~2年ですとか、初投稿で受賞などという方もいました。それらに比べると、私はやや遅咲きと言えるかもしれませんね。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
当時、業界において1番有名で、最難関と言われるタイトルだったからです。
「どうせデビューするなら、“1番”と呼べるところからデビューしたい」という考えがあったため、応募する先は、いつも電撃小説大賞だけでした。応募の理由は人それぞれだと思いますが、私は「結果に対して自分が納得できる」という点にこだわり、電撃小説大賞を選びました。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
異能バトルを書こうと思っていました。単純に異能力を持ったキャラクター同士が戦うだけの話では、既視感のある作品にしかなりません。キャラクター達は、その異能の力を、どのような原理で、どのようにして引き出すことができるのか。「異能力のメカニズム」について、秩序だった面白いルールを作れないか考えていました。私が理工系出身であったためか、使えそうだと思ったアイディアは「数学」でした。自然界の物理現象や、人間の経済活動など、世の中のあらゆるものは「数」によって表されます。結果、受賞作の「アンチリテラルの数秘術師」では、人の世において支配的な概念である、「数」を用いた異能バトルとなりました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
デビュー前から自覚していることなのですが、私には「設定を作りすぎてしまう」という悪癖があります。設定の説明を作中に詰め込みたいがために、読者にとって難解な内容になってしまったり、物語のリズムを阻害してしまうケースがあります。
受賞作ではその欠点を意識し、「大事なのは設定説明よりも物語」と言い聞かせて書いていました。それが良かったのかどうかは、編集さんに聞いてみないとわからないですね。これはあくまで、受賞作を書いていた時の、私の心がけです。一般論ではありません。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
一次選考、二次選考までは、固唾を飲んでチェックしていました。
毎度のことながら、選考結果が公開されるまでは生き地獄の心境でした。果たして選考を通過しているのか、落選しているのか。確認できるまでは、生と死の状況が重ね合わせになった、シュレディンガーの猫状態です。ほぼ毎回、三次選考までは残っていましたため、「せめて今年も三次選考までは残りたい」と弱気に願ってみたり、「今年こそ三次選考の壁を突破したい」と意気込んでいたのを覚えています。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
謎です。それは選考委員の先生方や、編集部のみが知るところでしょうか。
というと面白みのない回答になってしまいますため、ちょっとした雑談を。
電撃小説大賞で選考に残ると、選評シートをいただくことができます。このシートですが、受賞者である私は貰えませんでした。私の場合は、担当編集さんとの顔合わせの時に、面と向かって総評を言い渡されました。いわく、「全体的に平均以上のクオリティの作品というのは、優等生で良い。多少荒くても、ある点に関して振り切っている“尖った作品”というのも良い」とのこと。ボカして書きましたが、選考で私の作品がどう評価されたのか、みなさんのご想像にお任せします。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
忘れもしない。過去最高に忙しく、限りなく過労死に近づいた時期でした(笑)。
私は兼業作家ですので、昼間は会社員をやっております。当時は、会社の仕事が立て込んでいたのと、住居の引っ越しをしなければいけないのと、友人の結婚式二次会の幹事をするのとが、見事に受賞作1巻の改稿時期に重なってしまいました。1週間近く眠れなかったりして、命の危険を感じたりもしましたが、今こうして生きているので結果オーライです。文字通り死ぬほど大変な毎日でしたが、最高に楽しい時期でもありました。生まれて初めて、自分の本を世の中に出して貰える機会だったわけですから。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
デビュー前と後とでは、自分の原稿を読んでくれる人が変わりました。
デビュー前。名無し草でしかない自分の原稿を熱心に読んでくれるのは、編集さんや選考委員の皆さんだけでした。デビュー後。自分の原稿を熱心に読んでくれるのは、読者の皆さんになりました。本を出すという行為は、数えきれない不特定多数の読者さんを、喜ばせたり、落胆させたりしてしまうことです。読者さんの反応は様々で、中傷を受けて悲しくさせられることもあれば、応援のメッセージやファンレターで喜ばされたりもします。デビュー後、自分の成したことに対して、多くの人の反応がいただけるようになったのは、とても大変だし、とても幸せだと感じています。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
「自分の書いている作品は、誰が読みたいと思ってくれる作品なのか」。小説を書いている時は、常にそれを想像しています。物語を自分好みの展開にするだけなら簡単です。でも自分以外の誰かが読んでくれた時のことを考えると、やはり自分だけが「面白い」ではダメなのだと思います。自分だけでなく、みんなとも「面白い」を分かち合える。そうでなければなりません。難しいことですがね。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
読者さんからの、「面白かった」、「楽しかった」の意見。これが一番ですね。
狂ったように忙しい兼業の毎日が、途端に報われたように感じます。道のりは苦しくとも、「やって良かったな」と思える瞬間が、一番幸せです(優等生回答)。
あとは、給与に加えて印税収入が増えたのも地味にうれしいです。いやいや、結構いただけるものですよ。巷で言われているよりは。(ゲス顔で回答)
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
「面白ければ何でも有り!」は真実です。
電撃文庫では、実に様々な系統の作品を書かせていただけます。本当に、この自由度の高さは素晴らしいものです。ぜひ、この環境にお越しください。そして一緒に、面白いものを生み出していきましょう!