出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第20回 乙野四方字

プロフィール

『ミニッツ―一分間の絶対時間』で第18回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉受賞し、同作にてデビュー。2013年8月には新作『革命機ヴァルヴレイヴ』(電撃文庫)を刊行、評判を呼んでいる。

革命機ヴァルヴレイヴ
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
初めて小説を書いたのは、高校生の頃です。
初めて「小説を書こう」と意識して書いたのは、高校二年の時です。当時は推理物にはまっていて、通っていた学校を舞台にした密室トリックを思いついたので、同じく推理物にはまっていた友人に出題するため、キャンパスノートに手書きで書きました。
その作品はシリーズ化したのですが、続編の中に「殺人の時効は六ヶ月」という衝撃的な一文があったのは一部で有名な話です。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
某他社さんの新人賞の第2回、第3回、第4回に投稿していました。
結果は、1次通過、2次通過、1次落選でした。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
某他社さんへの投稿において、1次通過、2次通過ときたから次は3次通過だな、という非常に蓋然性の高い見通しが何故か外れたので、だったらいっそ最大手の電撃に挑戦する事で自分の限界を超えてやれ、と若い情熱(20代後半)が暴走したのがきっかけです。
しかしその結果、一発で受賞したわけですから、世の中分からないものです。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
世界観の根っこは、ライアル・ワトソンが創作した「100匹目の猿」という架空の現象です。その現象を拡大解釈し、そこに「異能力者が頭脳戦のような恋愛をしたらどうなるか」と、好きなジャンルを組み合わせて「ミニッツ」という作品になりました。
他、頭脳戦系のあらゆる作品から影響を受けています。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
「審査員に受けが悪そう」という理由で書きたい事を抑えない、という事は心がけていました。まずは何よりも自分が書きたい事を書き、その次に、それでいかに相手を楽しませるか工夫する、という優先順位でした。
ちなみに受賞した後、その「抑えなかった部分」は審査員の方々や担当さんに総ツッコミを食らい、改稿後には綺麗さっぱり消えています。さもありなん。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
選評がほしかったので、1次選考の通過を確認した段階で安心して、2次選考の事はすっかり忘れていました。2週間くらい過ぎて、そう言えば2次選考の結果もう出てるのか、通ってる訳ないし、別に期待なんかしてないけど、まぁ一応ね、と興味のないふりをしながら目を皿のようにして探した結果、自分の名前を見つけて転げ回りました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
評価されたのはストーリーよりも、設定と、登場人物達の個性と関係性だったのではないでしょうか。なかなか見ないパターンばかり書いたつもりです。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
自分は選考委員奨励賞でしたので、デビューは4月でした。しかし、他の同期の人達は全員、2月のデビューだったのです。その2ヶ月間のもどかしさ、悔しさ、妬ましさ、羨ましさを想像してみて下さい。ええ、それはもう忘れられません。人生で最も座禅を組んだ2ヶ月間でした。
あと、飛行機に初めて乗ったので、加速時、離陸時のわくわく感が異常でした。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
やはり、担当さんとの萌えポイントの不一致……もとい、修正指示に納得がいかない時は色々と苦労します。しかしその際、お互いに譲れない部分を主張し合う事で、やり取りの中から全く新しいアイデアが生まれる事があります。それはどちらか一人だけでは決して生まれ得ないもので、作品の質を確実に向上させてくれます。そんな時、担当さんと二人で「これはいい! これでいこう!」となる時が一番楽しいです。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
自分が分かっている事を当たり前のように書いてしまわないよう気をつけています。伏線や裏設定は、自分の中にあるだけでは読者さんに分かるはずがないので、「間違いなく提示した情報」と「隠している情報」を要所要所でまとめて考え直すようにしています。
書き方の面では、個人的なこだわりなのですが、次の行に2、3文字だけはみ出すような場合は、なんとか減らして前の行に収めるか、ちょっと増やすようにしています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
イラストレーターさんからのイラストを受け取った時と、他の作家さんと交流させて頂いている時、そして担当さんに高いお肉を食べさせてもらう時……というお答えが結構本気な自分が決して嫌いではありません。
それともちろん、見も知らぬ読者さんから感想を頂いた時ですね。身内からの感想とは違い、純粋に「感想を言いたい」と思って下さったという事なので、本当に嬉しいです。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
投稿作は、遠慮をしない方がいいと思います。
自分の投稿作には、2つのタブーと1つのエロが含まれていました。エロも2つかも。
それらは受賞後の改稿で修正する事になりましたが、逆に言えば、それは落選の理由にはならないという事。問題があれば受賞後に直せばいいという事です。
ブレーキは編集者さんが踏んでくれます。どうか存分にアクセルを踏んで下さい。当たって砕けるにしても、全速力の方が綺麗に砕けます。
私達が「どれだけ安全運転できるか」なんて見たがっている人は、おそらく誰もいません。
求められているのは、私達が「どれだけ突っ走れるか」ではないでしょうか。
それでは。受賞式の会場でお会いしましょう。