出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第21回 峰守ひろかず

プロフィール

『放課後百物語』にて第14回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞し、同作品を『ほうかご百物語』と改題して電撃文庫からデビュー。2013年9月25日にメディアワークス文庫から『絶対城先輩の妖怪学講座 二』を刊行。

絶対城先輩の妖怪学講座 二
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
中高生の頃から、落語にはまって創作落語を書いてみたり、星新一先生にはまってショートショートを書いたりしていました。まあこれは遊びと言うか軽い趣味でしたが。
もうちょっとまじめに物を書くようになったのは、他の作家さんと比べると結構遅くて、デビューの二年前くらいからです。ただ、これは他のインタビューでもお話ししたのですが、学生時代に人形劇のサークルに入っていて、脚本を書いておりまして。ですので、「自分で考えた物語を文章に起こす」という作業自体は、大学生の時からやってました。それでもやっぱり遅い方ですね。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃以外のライトノベルの賞に送って見事に落選しています。あまり覚えていない……というか、思い出したい話でもないので、このくらいで勘弁してください(苦笑)。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
とりあえず書いてみて締切の近いところにどんどん送るぞ! という状態でしたので、電撃小説大賞を選んだ理由は特になかったりします。すみません。ただ、ライトノベルはほとんど読まず、SFばっかり読んでた身としては、親近感というか、「ここならちょっと変なのでも拾ってくれるかも?」みたいな期待はありました。
あと、単純に好きな作品が多かった、ってのも大きいです。「ブギーポップ」や「バッカーノ!」のシリーズの熱心な読者でしたし、田中哲弥先生の「大久保町」三部作、電撃ゲーム文庫の「蚊」なんかも大好きでした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
これは受賞作以降も同じなんですが、僕の場合、アイデアを閃いたり、ふいに着想を得るということはまずなくて、それなりに考え抜いた結果です。
何が面白いのか、何が面白いと思ってもらえるのか、その中で自分の手持ちの知識と技術で書けるのはどれなのか。それらを羅列して組み合わせる作業を繰り返した結果、オーソドックスなボーイミーツガールかつ学園コメディをベースに、自分の手持ちの「妖怪」を足してみようかな、ということになって、「ほうかご百物語」ができました。この「面白い要素の羅列&組み合わせ」という話の作り方は今でも変わってませんね。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
自分や知人だけが楽しめる話にはならないよう心がけていました。「分かる人だけ分かってください」とか「これはみんな気付かないだろうなフフフ」みたいなスタンスで物を書くのってすごく楽しいんですが、不特定多数に読んでもらう作品を書く以上、それは絶対やってはいけないな、と。これは受賞作の時だけでなく、今も念頭に置いています。
工夫したのは、なるべくたくさんのエピソードを入れること。もともと連作短編形式は好きだったんですが、「一つくらいつまらない話があっても、他がそこそこ面白かったらトータルの印象はプラスになるはず! 長編よりローリスク!」とか姑息なことを思ってました。
で、苦労したのも同じ点です。エピソードが多い分、応募規定のページ数に収めるのが大変でした。どこを端折ってどこを丁寧に書くか、各シーンのページ配分はどうするべきなのか、かなり悩んで調整した覚えがあります。今思うと、いい経験でしたが、あの時は大変でした。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
この質問、「チェックしてませんでしたね、ハハハ」って答える作家さんいるんでしょうか。ええ、しておりましたよ、もちろん。電撃小説大賞は各選考段階ごとに結果を発表してくれるので、電撃系の雑誌をチェックしまくっていました。
ただ、正直、受賞は無理だろうな、とも思ってました。行けるところまで行ければいいなー、次の励みになるからなー、さあ次のあの新人賞に向けて頑張ろう、みたいな。そしたら大賞だったという。その節はありがとうございました。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
これが今でもよくわからないんですね……(苦笑)。
選評を見ると、イタチさんというヒロインの魅力を評価していただきまして、まあ僕も好感持ってもらえるように書きましたし、好きなキャラでもありますが、ライトノベルのヒロインは主人公を振り回すものという思い込みがあったせいか、あの評価は嬉しい反面、意外でした。「押しの強い主人公」と「控え目で常識のある地味なヒロイン」という組み合わせが、一周回って良かったんですかね?
あと、妖怪関係の蘊蓄や豆知識も評価いただきまして、こっちも意外と言えば意外でした。今もそうですが、市販の本に書いてある知識しか使ってないのに。というわけで、これは声を大にして言っておきたいんですが、マニアの知識は意外と使えます! その界隈では常識でも、そうじゃない大多数の人にしてみれば、珍しくて新鮮な知識なわけで。なので、新人賞を目指す方は、自分なりの得意分野を生かしていくと、いいところまで行くかもです。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
嬉しかったです! ただ、自分の書いた文章が印刷されて製本されて書店に並んでいるのを見た時、それはもう感動したはずなんですが、どこの本屋でそれを見たのか覚えてないんですよね。受賞作を2巻目以降どう続けるか悩んでいたことは、はっきり記憶しているんですけど。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
自分のスケジューリングの下手さが祟って原稿以外のことをやってる時間がなくなると、肉体的に大変です。ただ、その状態って楽しかったりもするので、総合的には楽しいです。あと、大変とはちょっと違うんですが、プロット段階ではめちゃくちゃ面白いはずの話が、いざ文章に起こしてみるとどうにも盛り上がりに欠けた時は、もうどうしたものかと思いますね。
楽しかったことはそれ以外全部でしょうか。話を考えている時も書いている時も、自分の本を読む時も、おおむねほとんど楽しいです! あと、今までは躊躇していた高価な本でも「これは資料だからね、経費だからね、仕方ないね」と言い訳をしながら買えるようになったのも嬉しいポイントかも。「ほうかご百物語」完結以降、妖怪関連の資料はちょっと買い控えてたんですが、メディアワークス文庫の「絶対城先輩の妖怪学講座」がシリーズ化してくれたおかげで、また堂々と買えるようになりました。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
上でも答えましたが、「内輪受けの禁止」と「面白い要素の詰め合わせ」ですね。特に、シリーズが続いたりキャラが増えた後は、辻褄の合う展開にこだわりすぎて、意外性も面白さもない話になってしまいがちです。なので、いつでも「何が起きれば面白いのか」「どういうシーンや台詞がぐっと来るのか」をまず考え、それをベースに話を考えるようにしています。映画を見たり本を読んだりする時も、「どこが面白かったか」「どこが不満だったか」「どう変えたら満足か」なんかを考えるようにしています。
それと、本が出ることのありがたさを忘れないこと。ずっと作家やってると感覚がマヒしてきますが、「自分の書いたものが本になって全国で買えるようにしてもらえる」ってのは冷静に考えるとすごいことなので、感謝の気持ちを忘れちゃいかんよなあ、と。アニメにならないのか、とか、コミカライズされないのか、みたいなことを言ってくる人も多いですが、「文庫として出たらそれはそこで完結した作品なんだよ!」という気持ちはずっと持っていたいです。まあ、メディアミックスへの憧れはありますが、あれはほら、別の世界の話ですから(苦笑)。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
まずイラストを見る時! 次に、プロットが通った後に原稿を書いてる時ですね。自分の書いている原稿をプロの編集者がチェックしてくれること、おそらく本として出版される可能性が高いこと、その際には印税が振り込まれることなどを思うと、「ああ、プロ作家っていいなあ」としみじみせざるを得ません。
新人賞応募時代は「頑張って書いてるこの原稿だけど、誰か読んでくれるんだろうか。こんなことやってていいのか」という不安感がずっと付きまとっていたので、自分の書いたものが形になって残るという環境になったのはすごく嬉しいですし、安心します。売り物になる原稿を書かなければ、という気負いもありますが、それもまた心地良かったりしますしね。
それと、言うまでもないですが、感想を教えてもらったり見かけたりした時。発売直後に読んでもらえるのも良いですが、刊行後、何か月か何年か経ってから読んでもらえるのも、同じくらい嬉しいです。本にしてもらって良かったな、としみじみ実感します。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
僕のデビューした頃と比べると応募総数も増えましたし、メディアワークス文庫賞もできました。勝手が違っている以上、あまり実のあるアドバイスはできないのですが……。 何か言うとすれば、自分の作品とキャラクターを大事にしてあげてほしいな、と思います。それこそ、こいつらのことは自分がだれよりも知ってるし、世界で一番好きなんだ! と言い張れる程度には。それが物語の作り手の特権であり、責任だと僕は思います。
無論、自作の設定やキャラに固執しすぎて視野が狭くなってしまっては本末転倒ですけれど、客観的な視点と作品への愛は、決して両立できないものではない……と思いますし。さっきから「思います」が多い文章ですが、まあ、断言することでもないですからね。
以上、アドバイスでも何でもない話になってしまいましたが、「ほうかご百物語」の作中に「応援されようがされまいが、頑張る人は頑張って自分でどうにかしてしまうもの」みたいな台詞がありまして、僕のスタンスもそんな感じなので。あ、さっきも言いましたが、マニアックな知識は自分が思ってるより使えます。有効活用していきましょう。
えーと、こんなところでいいでしょうか。では、良き青空を!(※お気に入りの別れの挨拶です)