出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第22回 聴猫芝居

プロフィール

『あなたの街の都市伝鬼!』にて第18回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞し、同作品でデビュー。新シリーズ『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』(電撃文庫)も好評。最新刊『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?Lv.2』は2013年10月10日に刊行。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?Lv.2
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
本当に初めて小説を書いた日は2006年11月9日です。まだ私は学生で、書いたのは掌編程度の小説でした。まだ手元にあるのでたまに読み直して顔を赤くしていたりします。それから余り機会がなく、長編と言える小説に手をつけたのはずっと後の2009年8月20日で、実質的にはそこから小説を書き始めたということになると思います。確認して日時が残っていることに自分で驚きましたが、小説を書き始めて4年というのはまだまだ新米ですね。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
電撃小説大賞が初投稿です。それまではインターネットのサイトに投稿させてもらいながらぼんやりと小説家を夢見るだけでした。きっかけ次第で奇跡ってあるものだなあと我がことながらに思います。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
応募する少し前、友人のリクエストで小説を書いた時に「面白いぞ」と言ってもらえたのですが、私は絶対にお世辞に違いないと解釈しまして、そう言うなら本当に面白い物が書けているのか確かめようと悪戯心で考えました。そこで一番結果に信頼がおけるのは電撃小説大賞で間違いないと、こちらへ応募することに決めたのです。応募時にはもしも一次選考を通った時には名前を見せて自慢してやろうという軽い気持ちだけで、まさか受賞するとは思っていませんでした。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
その時に執筆中だったのは受賞作と全く違う別の作品だったのですが、どうにも納得がいかずに迷走していました。そこで原稿から逃げるように他の想像を膨らませていて、自分の好みから妖怪っぽいのはどうかな、都市伝説とか……と考える中で『都市伝鬼』という言葉が脳内に浮かびました。その瞬間にピンと来てしまって、あとは都市伝鬼のことしか考えられず、大半が書き終わっていた原稿を投げ捨てて受賞作を書きました。なので着想としては『都市伝鬼』という一言になると思います。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
なんとか締め切り日に間に合わせる! ――――というのを除外しますと、応募した動機が『他人の為に書いた小説が面白いかどうかを判断してもらう』ということだったので、とにかく多くの人に喜んでもらえるように意識して書きました。誰が読んでも一人ぐらいは気に入る女の子が居るだろう、誰が読んでも一つぐらいは気に入るシーンがあるだろう、と色んな物を詰め込んだつもりでした。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
一次選考、二次選考と、毎回ドキドキしながら発表を待っていました。発表ページで自分の名前を検索すればすぐに結果が出るとわかっていましたが、どうしても怖いので一つずつ作品名と作者名をチェックしたのを今でも覚えています。ただ受賞するとは本当に思っていなかったので、一次選考を通った時に一番悩んだのは家に届く選評をどうやって自分の手で受け取るかということでした。家族には何も話していなかったので「見られたらどうしよう、小説を書いているのがバレちゃう、その日は仕事を休まなきゃ……」と頭を抱える毎日でした。結局選評は家に届きませんでしたから、良い意味で杞憂でしたね。小説を書いてることはしっかりバレましたけども。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
運だと思います。ええもう、一生分を使い尽くしたぐらいに運が良かったと間違いなく本心から言えます。ですがそれだけでは何なので一応他に考えますと、後から知って本当に嬉しかったのですが、選考委員の方から頂いた評価に『読者のツボがわかっている』というとてもありがたいものがありました。そこに応募作の『他人の為に書く』という部分が出てくれたのかもしれません。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
「受賞したから編集部に来て下さい」と言われていそいそと出向いた私の前にドンと置かれたのは、自分以外の誰にも見せていなかった応募原稿が綺麗な体裁で印刷し直されてもの凄い数の付箋が挟まっている、というとんでもない物体でした。「これ読んだんですか?」と当たり前な質問をする私に、担当氏は笑顔で「編集部の全員が読んだよ?」と答えました。私が小説を書いているだなんてことは親しい人間も含めて本当に誰にも言っていませんでしたから、恥ずかしくて恥ずかしくて、もうその場で編集部から逃げ出そうかと思うぐらいでした。これから本になるというのに何を今更という話ですが、当時の私はそんな感じの生き物でした。
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
今まで自分の好きなタイミングで好きなだけ書いていれば良かった小説というものに締め切りがついて期限を決められてしまった、という中で書いていくのは少しだけ大変でした。
ただ小説を書くこと自体がとても好きなのでその苦労も含めていつも楽しんでいます。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
自分が書いていて面白くないと思った話は絶対に面白くない、筆が止まった時は絶対に理由がある、ということはいつも気をつけています。面白くないと思いながら強引に書いたり、筆が止まったのに無理矢理進めたりすると必ずダメになるので、そういう時は必ず確認をするようにしています。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
勢いに乗って気持ち良く小説を書いている時ですね。目の前で新しい小説が出来上がっていくのを書いている自分が一番最初に読んでいるわけで、読む楽しみと書く楽しみがあわさって最高に幸せです。もちろん出来上がった小説が読者の方に面白いと言って頂けた時も凄く嬉しいんですが、そこには緊張と不安が必ずついてくるので……。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
どうか楽しく書いて楽しく読んで下さい。悩む部分もあるでしょうし、難しい判断もあると思います。それでも執筆を終えた時に「あー、楽しかった!」と自信を持って言えるような作品を書けば、きっと結果もついて来ると思います。電撃文庫、楽しいですよ! 一緒に書きましょう!