出身作家インタビュー

ここでは、電撃小説大賞に応募し、デビューした作家さんに突撃インタビューを行います! あこがれの作家さんたちはどのようにして受賞したのか、貴重な経験を聞いて、作家デビューへの第一歩につなげよう!

  • 第59回 涙爽創太
  • 第58回 星奏なつめ
  • 第57回 結月あさみ
  • 第56回 新 八角
  • 第55回 駱駝
  • 第54回 三鏡一敏
  • 第53回 角埜杞真
  • 第52回 松村涼哉
  • 第51回 鳩見すた
  • 第50回 椎田十三
  • 第49回 成田名璃子
  • 第48回 朽葉屋周太郎
  • 第47回 虎走かける
  • 第46回 青葉優一
  • 第45回 真代屋秀晃
  • 第44回 小川晴央
  • 第43回 有間カオル
  • 第42回 川上 稔
  • 第41回 岬鷺宮
  • 第40回 木崎ちあき
  • 第39回 天羽伊吹清
  • 第38回 天沢夏月
  • 第37回 行田尚希
  • 第36回 浅葉なつ
  • 第35回 仲町六絵
  • 第34回 御堂彰彦
  • 第33回 蝉川タカマル
  • 第32回 菱田愛日
  • 第31回 紅玉いづき
  • 第30回 上遠野浩平
  • 第29回 樹戸英斗
  • 第28回 エドワード・スミス
  • 第27回 綾崎隼
  • 第26回 三枝零一
  • 第25回 三河ごーすと
  • 第24回 多宇部貞人
  • 第23回 沖田 雅
  • 第22回 聴猫芝居
  • 第21回 峰守ひろかず
  • 第20回 乙野四方字
  • 第19回 兎月山羊
  • 第18回 渡瀬草一郎
  • 第17回 山口幸三郎
  • 第16回 土橋真二郎
  • 第15回 鈴木 鈴
  • 第14回 杉井 光
  • 第13回 志村一矢
  • 第12回 九岡 望
  • 第11回 高橋弥七郎
  • 第10回 三雲岳斗
  • 第9回 阿智太郎
  • 第8回 支倉凍砂
  • 第7回 支倉凍砂
  • 第6回 佐藤ケイ
  • 第5回 成田良悟
  • 第4回 蒼山サグ
  • 第3回 水瀬葉月
  • 第2回 和ヶ原聡司
  • 第1回 川原 礫

第24回 多宇部貞人

プロフィール

『シロクロネクロ』にて第17回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞し、同作品でデビュー。2013年12月に刊行した『断罪のレガリアⅡ ―星の偶像―』も好評。

断罪のレガリアⅡ ―星の偶像―
質問
小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
回答
ちゃんとした小説を一本書き上げたのは、高校生の頃が初めてだったと思います。それまでは構想だけで、なかなか書き上げられなかったりしました。ちゃんと一本書き上げるというのは、私にとって結構大切なステップでした。それ以前だとゲームブックを書いたりしてましたね。最近だとゲームブックってあまり見ませんね。好きなんですけど。
質問
受賞するまでの投稿歴を教えてください。
回答
投稿したり、落選して凹んだり、投稿していなかった期間があったりで曖昧です。一番最初の作品は歯牙にも掛けてもらえなかったですね。今は選評とか送ってくれたりで、私が投稿を始めた頃よりモチベーションは保ちやすくなってる気はします。
質問
電撃小説大賞に応募しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
回答
私の世代が丁度電撃文庫の草創期だったので、ライトノベルの代名詞的に思っていました。やっぱり電撃の作品を良く読んでいましたし、沢山感動させてもらいましたので。
質問
受賞作のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
回答
テーマを両極端にしようという考えが先にあったと思います。死を扱うなら明るく、ギャグを扱うならグロく、のような。確か最初にゾンビとネクロマンサーで行こうと思って、そのまま普通にやるのは嫌だから、明るくするにはどうしよう? と考えていきました。
質問
受賞作を書く際に心がけていたこと、工夫したこと、苦労したことを教えてください。
回答
文章を軽くすることには、結構腐心しました。ストレスフリーに読んでもらいたかったのです。しかし自分は当時からもう若くもない年齢だったので、若々しい雰囲気作りは難しかったですね。現代が舞台だと特に。
質問
応募した後、各選考段階の発表などはチェックしていましたか? 結果を待っている間はどんなお気持ちでしたか?
回答
しましたね! チェックしないで泰然としていられるほどの大物ぶりが欲しかったです。自分の名前が残っていない、というのは何度か経験がありましたが、先に進むほどに、残っているという希望が絶望に変わる瞬間はいつ来るのかと恐ろしい思いでした。膨らんだ風船ほど、破裂したときにダメージがでかいものですから……ネガティブですね。
質問
受賞の決め手は何だったと思いますか?
回答
テーマについては定石を外しましたが、その他のところは王道であるように心がけたので、そこを評価していただけたのではないでしょうか。まあ心がけたというよりは、それしかできないところもあります。変に頭の固いところがあって、突拍子もないことがあまりできないのが、逆に良かったのかもしれません。
質問
デビュー当時の思い出などを聞かせていただけますか?
回答
全力疾走の日々で、もう記憶が曖昧です。本当に私などがデビューできたのか……という疑問を抱く暇もなく、一巻を続編ができるように直し、二巻の執筆に入り……ああ、思い出そうとすると頭が……!
質問
デビュー後、小説を書いていて大変だったこと、また楽しかったことはありますか? それぞれ教えてください。
回答
書くことが仕事になるというのは、一人気ままに書いているときより、圧力は増えますね。早く書かなければという焦りや、クオリティアップのためにどうしたら良いかの悩みや、他の作家様方への嫉妬や……しかし、書くこと自体が問答無用に楽しいからこそ、続けていられるのだと思います。私は構成が苦手なのですが、その反動からか細部を整えることが好きです。意味と音がぴったりと合致した文章を思いついたときは、にやにやしますね。まあ楽しいというのは、もう少し広い意味でもあるのですが。
質問
小説を書く上で、普段から心がけていること、大事にしていることはありますか?
回答
読んで下さる方を意識し続けることですね。これが永遠にして至上の命題な気がします。未だに編集さんからは『読者さんの読みたい作品になっていません』と言われてしまいます。やりきれてないんですよね。自分の書きたいことが、それとイコールになるようになれれば、どれほど良いかと嘆く日々です。
質問
作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
回答
初校ゲラが上がってきたとき、絵師さんのイラストが送られてきたとき、書店に並んでいるのを見たときですかね。自分の頭の中の妄想が、様々な方の手に拠って、一つの外的な形になる喜びはたまらないです。これは本当にたまらないです。後は当然、レスポンスをいただけたときです。なんてこった、これじゃ全部だ。
質問
最後に、これから電撃小説大賞に応募する方々へひと言アドバイスを!
回答
あまりこう……確実なことは言えないのですが……その上でアドバイスなど恐縮ですが……デビュー前に必要な技能と、デビュー後に必要となる技能は、全く違うように思います。デビュー前にデビュー後に必要な技術を考えても無駄だと思うのです。とらぬタヌキのなんとやらです。私も沢山皮算用をしてしまいました……売り上げのことや、『楽に早く作品を生み出せるための』文章作法などは、デビュー後に考えるべきことで、デビュー前はただひたすら情熱があれば良い、そう思います。結局やり方は人それぞれとしかいえないようなところがあるので。こんなことしか言えないです。凄い作品を書いちゃって下さい。